【欧州&世界映画】 2016.10.17 (Mon)

大人の香港 『花様年華 ('00)』

王家衛『花様年華』


 ウォン・カーウァイ監督の香港映画 『花様年華』。2000年。
 同じアパートメントに越してきた、妻ある男と夫ある女が恋に落ちる――。
 舞台は1960年代。時代がかった大仰なタイトル・クレジット、雑然とした街並みやヒロインたちの美しいチャイナドレスが、熱く沸騰するノスタルジーをさそう。あぁ古き良き香港!


 主演はマギー・チャントニー・レオン
 この大人のふたりにうっとり!もう、このふたりを見てるだけで満足。(日本でリメイクするなら間違いなく高峰秀子と佐田啓二だ。・・・昔の人だけど。)

 何と言っても、日替わりで魅せてくれるマギー・チャンのハイカラーのチャイナドレス! 侵しがたい高雅な気品と、それでもぶち破ってみたい濃密なエロティシズムと。(ぼくにその「勇気」があるだろうか。)
 タイトルの 「花様年華(かようねんか)」 は、女性の花盛りの年ごろを表す言葉だそうだ。 もちろん、まだ10代のお嬢ちゃんなんかのことを指すわけではありません。彼女が 「愛する人に裏切られるリハーサル」 で見せるあの失望の表情は絶品!


 扉や壁で空間を切り取り、あまり全景を映さない画面。男女それぞれのパートナーも最後まで姿を見せない。肝心のふたりだって、肉体関係をほのめかすような描写すらない。

 ――何かが起こるわけではない、すべてを見せるわけではない物語。
 ふたりはせわしい生活の中で、交差する時間に身を置くだけ。それだけで満足だったかもしれない。しかしそうやって人は年を取り、失ってはじめてあの時代はもう戻らないことに気付く。
 感情の爆発はなかったことに出来るかもしれない。しかし現実の人生に 「リハーサル」 はないと気付いたとき、人ははじめて愛の痛みを知る--。


 監督ウォン・カーウァイ(王家衛)、撮影クリストファー・ドイル、そして美術&衣装ウィリアム・チャン(張叔平)
 1990年代、ポップな映像感覚で香港映画に革命をもたらした名トリオが、ミレニアムの年にオトナのムードをまとって「旧世紀」の愛をつづる。

 真紅のカーテンを揺らす真っ赤なコートの鮮烈は、これぞウォン・カーウァイ光線<ビーーム>!
 あぁ、こんな大人にあこがれる・・・。

 
関連記事
00:21  |  欧州&世界映画  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

■Re: 大人の香港 『花様年華 ('00)』

私とは、レベルが違うなー。勉強します。刺激になりました。
senri32 |  2016.10.21(金) 20:28 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する (ログイン不要)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop