【クラシック音楽】 2016.10.06 (Thu)

ドボルザークあるある

ドヴォルザーク『交響曲集』クーベリック
『交響曲集』クーベリック&ベルリン・フィル盤

少し前ですが、TVでハカセ太郎さん解説のクラシック音楽バラエティをやっていました。

でもブラームスの『ハンガリー舞曲』やドヴォルザークの『新世界』とか、ミーハーすぎて物足りなかった。

でもビギナーの人には取っつきやすいだろうから、それ以上は文句は言いません。

でも前もおんなじ内容やってなかったっけ??


 
 「ドヴォルザークあるある」

 音楽の授業でみんな聴かされた大スペクタクルな 『第9番≪新世界より≫』 から入って、オトナの人気曲 『第8番』 へ。
 そして8番同様に東欧ボヘミアの薫りあふれる 『第7番』、さらには粗削りながら若々しく快活な 『第6番』 へ――

 ――ドボルザークの交響曲を聴きこむほど、番号の大きい作品を「ミーハー」とバカにしだす。
 (でもマイナーすぎる 『第1~5番』 が好きと言う上級者は鼻について嫌われる。)
 



 ぼくはいま 『第6番』 のところにいます。じゅうぶん鼻につくと思われます。


 
 初心者は 「ドボルザーク」 と呼ぶ。
 ちょっとクラシックをかじると 「ドヴォルザーク」 と呼ぶようになる。
 さらに 「ドヴォルジャーク」 と呼ぶ上級者は鼻について嫌われる。


 で、チェコ語の正しい発音では・・・とか言い出してキリがなくなっていく――。
 



 ――けっきょく最大のあるあるは、ぼくみたいな「通ぶってる奴が一番嫌われる」でした。オチ音
 

【続き・・・】

 

 ≪おまけ≫
 交響曲集の代表的なCDは・・・

クーベリック&ベルリン・フィル/超獣タッグ。グローバル視点の豪華豪放きらびやかな音。
ノイマン&チェコ・フィル/本家本元、東欧ボヘミア的な味わいは他の追随を許さない。
セル&クリーヴランド響/統率された精鋭の磨き抜かれた音。厳しさの中に老匠の慈しみも。
ケルテス&ロンドン響/古くはないけど録音の微妙な時代感があった。リマスターを聴いてみたい。

 ・・・あたりが充実した名演を残しています。ぼくはあまり湿っぽくないセルやクーベリックが好き。
 はじめての 『第9番≪新世界より≫』 なら、カラヤン&ベルリン・フィル盤が定番中の定番。


 
関連記事

タグ : クラシック ドヴォルザーク  テーマ : クラシック  ジャンル : 音楽

21:10  |  クラシック音楽  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

■Re: ドボルザークあるある

なっちゃんさん、こんにちは。

ドヴォルザークあるある、共感してクスッと一人で笑ってしまいました。
ちなみに私は8番が好きです。
確かに番号が大きいほどメジャーなので、好きと言い辛いですね(笑)

音楽に精通した方ならではの観点でおもしろいですね(^^)
ローザ |  2017.03.22(水) 14:47 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する (ログイン不要)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop