【JAZZ】 2016.09.19 (Mon)

アート・ファーマー “アート”の秋

アート・ファーマー『アート』


ジャズ・トランペッター、アート・ファーマー の代表作 『アート』。1960年。


見事にいぶし銀4人がそろったカルテット。

そしてこれまたシブい選曲と音色と。

手持ちのCDは最新のリマスター盤じゃないので、よけいにくすんだ枯れ味が際立ちます。

虚無僧姿で尺八やらせても似合いそう。


それでも、人柄が伝わってきそうな、奇をてらわない誠実な音づくり。

少しだけ体が温まる軽快さと ほっとさせられる歌ごころは、「オレ様」マイルスの真逆を行く味わい。

一番有名な代表作 『モダン・アート(1958)』 よりぼくはこっち派です。


夜の気取ったお酒の店でというより、閑静な、アンティークなカフェで聴きたいな。

秋の昼下がり、べつに天気が良くなくったっていい。

灰色の曇り空にだってしっくりくる音楽があるのです。


でも雨すぎて今日の散歩はおあずけ。 うちの椅子でも磨いとくか。



 アート・ファーマー 『アート』

 アート・ファーマー (tp)
 トミー・フラナガン (p)
 トミー・ウィリアムズ (b)
 アルバート・ヒース (ds)

 アマゾン試聴ページ
 (・・・名パートナーだった”J・Mの仲本工事”ベニー・ゴルソン(sax)は不参加。)


 
関連記事
20:16  |  JAZZ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop