【全世界音楽】 2016.07.14 (Thu)

PVがダサかったあの名曲洋楽ベスト3!

『君の瞳に恋してる』 ボーイズ・タウン・ギャング

 思い入れ深い、ずっと大好きだった名曲なのに、最近知った当時のPV(プロモーション・ビデオ)がダサくてガッカリしてしまった洋楽が3曲たまりました。この場を借りて発表します。でれれれれ・・・



 【 プロコル・ハルム 『青い影』 】

 たぶん知らない人はいない名曲中の名曲。おごそかなオルガンの前奏、影を帯びたメランコリックなメロディ。
 あのユーミンもこの曲と出会って音楽を志した、という話は有名。なのに・・・

  【YouTube】A Whiter Shade Of Pale - Procol Harum

 はじめて父親のビデオカメラを持ちだした中学生みたいな、素人くさい、どーでもいい自撮りふう。
 こっち見んなー。指さすなー。

 「When we called out for another drink / the waiter brought a tray(お代わりを頼んだら、ウェイターが盆に持ってきた)」で、なぜ彼を指さしてるのだろう?

 ・・・そもそも歌詞の内容がよく分かりません。酒場でどんちゃん騒ぎをしていたらふと彼女の顔が青ざめて(a whiter shade of pale)、「真実は明らか」と言ったとか何とか。
 「miller=粉屋」という歌詞から「ヤク中の幻想をうたった歌」とも言われていますが、どうでしょう。





 【 ボーイズ・タウン・ギャング 『君の瞳に恋してる』 】

 これも知らない人はいない、永遠のディスコ・ソング。
 やさしいストリングスが効いた前奏、ちょっと頼りない男の子の愛の告白。高校時代から大好きな、思い出の歌なのに・・・!

  【YouTube】Can't take my eyes off you - Boys Town Gang

 ・・・西川きよしさんが新喜劇の若手を連れて歌ってた・・・。

 うしろのヒゲマッチョふたりは、「ゲイ・ディスコ」全盛の時代を意識した、ヴィレッジ・ピープル『YMCA』みたいな路線なんだろう。たしかに相当な破壊力だが、事情を察したぼくは何とか許せた。それより、きよしさんの方にガッカリ・・・。

 ♪キミは信じられないくらい面白いよ
  天上のボケにツッコミ
  ようやく最高の相方を見つけたんだ
  やすし君から目が離せない♪





 【 アース・ウィンド&ファイヤー 『ブギー・ワンダーランド』 】

 ブラック・ミュージック界の偉大なレジェンドを笑うのは申し訳ないです。
 先日亡くなられたモーリス・ホワイトさん。

  【YouTube】Earth, Wind & Fire - Boogie Wonderland

 尊敬するレジェンドを笑うのは本当に忍びないのですが、なんか踊りがおっさんなんです。後ろのほうでチラッと見えてる時点で笑ってしまいます。キタキタキターー!って感じ。この人こんなだったっけ??
 えも言われぬいい味出していて、このPV大好きなんですけどね。

 お笑い投稿「ボケて」のこのネタは笑った。そうそう、似てる! TOKIOの城島
 リーダーをテレビで見かけるたび、モーリスさんを思い出します。どうぞ安らかに・・・。





 ・・・以上、誰でも知ってる名曲から。名曲だからこそガッカリ度も大きいというもの。
 なお、人様の著作物をまんま貼りつけるのは気が引けるので、申し訳程度に動画リンクだけにしました。
 いろいろごめんなさい。

 
関連記事
19:45  |  全世界音楽  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop