FC2ブログ

【クラシック音楽】 2016.05.12 (Thu)

ベートーヴェンの 『悲愴ソナタ』 聴き比べ

 
 ベートーヴェンのピアノソナタ第8番 『悲愴』 ――
 とくに甘くせつない第2楽章が、クラシック界を越えて広く親しまれている名曲中の名曲。

 ぼくも生まれてこのかた大好き。その時々で嗜好が変わっても、やっぱり全ベートーヴェンの中で一番大好き。

 動画サイトをサーフィンしてたら、たまたまこんな投稿を見つけたので拝借しました。そうそうたる巨匠の演奏集。思いつくまま気ままに感想を・・・。


 
 【YouTube】ベートーヴェン ピアノソナタ第8番「悲愴」第2楽章 聴き比べ



 ≪エミール・ギレリス (ソ連)≫
 「名盤」ということで昔この人の「後期ピアノソナタ」CDを買ったけど、ぜんぜん好みじゃなかった。
 いかにもソビエト的な乾いたプラスチックのような音、何がいいのか何度聴いてもさっぱり分からん。・・・パス!


 ≪フリードリヒ・グルダ (オーストリア)≫
 実家の父のコレクションにモーツァルトのピアノ協奏曲CDがあったのですが、クセが強いイメージがあったので、こういう古典派モノは避けて通っていました。
 いま聴いてみると、これが思いのほか良い! がっちりと整った骨格の中にも現代的なスマートさ。21世紀の今なら、「これが正統派ベートーヴェン」と呼んでもいいのではないか。ようやくぼくの耳が追いついた。


 ≪ウィルヘルム・ケンプ (独)≫
 バックハウスと双璧を成した名ベートーヴェン弾き。実家のCDもこの人。ぼくはこれを聴いて育ちました。
 技術面ではたどたどしいけど、もう何とも言えない味があって、忘れがたい離れがたい魅力。

ケンプ『ベートーヴェンのピアノソナタ』(1964)

 この 『悲愴』 第2楽章は、「悲愴」といっても 『若きウェルテルの悩み(ゲーテ)』 に例えられる、ほろ苦い青春の痛み。ケンプの演奏は過ぎ去ったこの青春を追憶するかのようで、厳しい表情の中にもどこかしら温かみを感じさせます。
 お酒が入っていたらダントツ1位。


 ≪ウィルヘルム・バックハウス (独)≫
 人呼んで「鍵盤の獅子王」。ベートーヴェン直系の、20世紀を代表するベートーヴェンの大家。ぼくも 『悲愴』 を含む3大ピアノソナタのCDを持っています。
 ただ、ほかの重厚な曲だとさすが威厳と風格に満ちているのだけど、こういう甘美なメロディはちょっと似合わない。よりによってこの曲だけ、ハズレ感があった。


 ≪グレン・グールド (カナダ)≫
 奇才グールドの、淡々と刻む演奏は好みじゃないんです。たまにハッとさせられる演奏もあるにはあるけど、天下の楽聖ベートーヴェンは別の人で聴きたいなぁ・・・。


 ≪ウラジミール・ホロヴィッツ (露/米)≫
 悪酔いしそうな悪魔の指使い。この人らしいケレン味たっぷりなんだけど、いや、嫌いじゃない。むしろ好きかも・・・。
 全曲をぜひ聴いてみたくなった、まさに悪魔の誘惑!


 ≪アルトゥール・ルービンシュタイ­ン (ポーランド/米)≫
 最後は、20世紀最大のピアニストともいわれる巨匠を――。
 バックハウスのようにコワモテすぎず、ケンプよりもちろん上手く、ホロヴィッツやグールドのような奇抜なクセもない。とてもバランスが整っていて一番良かった。
 ぼくが持っているショパンのCD集は古くさくて時代遅れな印象だったけど、ベートーヴェンなら聴けるかも。ベートーヴェンはあまり斬新すぎるより、古いいかめしいほうがぼくの好みです。



 ・・・ぼくの1位ルービンシュタイン、2位は思い入れ深いケンプ、3位は新発見グルダ、そして大穴ホロヴィッツ。
 みなさんは誰がお好みですか?

 
関連記事
18:54  |  クラシック音楽  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

■Re: ベートーヴェンの 『悲愴ソナタ』 聴き比べ

初めまして。
私も音楽大好きです❤
特にベートーヴェンの悲愴は、聴いていると涙が出そうに
なります。
私はワーグナーも好きかな♪
クラッシックも好きですし、ブラバンだったのでマーチ系も
好きですし、ロックも好きです。
一貫性はないみたいです。
ときどき、ブログをのぞかせてくださいね。
ことことなっつ |  2017.02.20(月) 22:48 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop