FC2ブログ

【  NBA】 2016.01.28 (Thu)

【NBAスパーズ】 1.円熟のビッグ・スリー

NBA・んば(30)

 米バスケNBAの2015-16シーズンはいま、公式戦82試合のちょうど半分を折り返し。2月半ばにはオールスター戦です。
 昨季の王者ゴールデンステート・ウォーリアーズがNBA史上最高レベルの快進撃でにぎわせていますが、その影でほくそ笑んでいるのが全体2位、ぼくの応援するサンアントニオ・スパーズ。彼らもすごいぞ勝率8割。
 まずは長くチームの黄金時代を支え、トリオでの歴代記録を次々と更新してる 「ビッグ3」 について。(彼らを継ぐ新エースたちはまた後日。)

☆  ★  ☆

 ティム・ダンカン (C)
 不動の大黒柱も39歳、今季か来季で引退だろう。表情もだいぶ柔和になった感じ。
 成績上では初の「得点ゼロ」試合があったりとキャリア最低の数字だが、自身もファンも気にしていないのがスパーズらしいところ。チームが強けりゃそれでいいのだ。コンビプレイや守備ではさすがの巧さと存在感で、「やっぱり いてくれないと」とうならせている。
 オルドリッジ、ウェスト、セルビアの秘密兵器ボバン・マリヤノビッチ・・・後継者たちにとってはこれ以上ない、生きた基本(ファンダメンタル)の教科書だ。


 マヌ・ジノビリ (SG)
 彼も公言どおり 「引退はダンカンと一緒」 になるだろう。ふたりとも単年契約で破格の低年俸(3~5億円)。もはやカネは二の次、チームに負担をかけないのがオトナですね。
 若手の成長により、彼に求められる役割はだいぶ軽減された。そんな余裕があるぶん、必殺の「ユーロ・ステップ」――独特のトリッキーなプレイは、堅実なスパーズ・バスケにあってよりスパイシーで効果的な威力を放っている。
 ダンカン同様、引退なんてもったいない。年の半分休んで、出場も半分の20分弱でいいから続けてほしいなぁ。こういうトランプの「ジョーカー」のような選手はなかなか得がたいが、抜け目のないスパーズのこと、彼の後継者を探して世界視野でツバをつけていることだろう。


 トニー・パーカー (PG)
 ビッグ3では一番若い33歳だが、満身創痍の彼も絶えず「引退・限界説」と闘ってきた。今季は控えポイントガードのP・ミルズと出場時間を半々に分け合い、だいぶ楽にプレイしている。
 長距離砲はほとんど捨てて、得意のフローター(浮かせ)・シュートだけに磨きをかけられるのも、周りの成長があってこそ。それでも攻撃の起爆剤としてチームの窮地を救ってくれるのだから、まだまだナメてもらっちゃ困るというもの。
 ただしジノビリ同様、個人の守備力の衰えはいかんともしがたい。お家芸のチーム組織で守ってるぶんにはいいが、S・カリーやR・ウェストブルックら規格外の「超級」が相手となると、とたんに彼らの穴から崩れてしまう。来たるプレイオフ大決戦に向けてどう修正、どのくらい向上できるか。
 ・・・とにもかくにも、ケガにだけは気をつけて!

☆  ★  ☆

 ・・・いずれも適度に休養日をもらいながら、6度目の優勝だけを虎視眈々と見すえる。「シーズン公式戦は準備・調整期間」と完全に割り切っているスパーズの常勝哲学は今季も徹底。無理せずケガなく過ごせているのが本当に大きい。


 (↓続きは、大惨敗を喫した先日のウォーリアーズ戦について。)

【続き・・・】


 「事実上の決勝戦」と言われたウォーリアーズ対スパーズ戦――あの「 '96年ブルズ72勝」越えも狙おうかという2強が、現地1月25日に敵地で初激突!
 ・・・だったけど、フタを開ければ 「120-90」 という30点差の大惨敗!


 スパーズは信じられないくらい今季ワーストの内容。序盤からミスの連続(総ターンオーバー25って!)。頼みとする組織プレイはかみ合わず、切り札のベンチ組(セカンド・ユニット)対決でも差は広がるばかり。
 「"旧"大黒柱ダンカンが欠場していたから」というのは言い訳にはならない。裏返せば「"新"大黒柱オルドリッジでは勝てない」になるから、そんなことしたって名前に傷つくのは彼ら自身だ。

 いいところを探そうにも、本当にいいとこなしの一戦。ただ、もちろんガッカリ悔しくはあるけど、不思議とショックはなかった。
 K・レナード試合前の言葉「いつもの1試合に過ぎない」だとファンも思っているから。ポポヴィッチ監督のダンカン温存も「逃げ」ではなく、本気でダンカン引退後を見すえた采配だったのだろう。ぼくも2強のガチ対決よりそれを知りたかったし。(負け惜しみだと言われても。)
 そして今日のロケッツ戦では、うっぷん晴らしのようにオルドリッジほか先発陣が大爆発、いつも以上のスパーズに。そっちのほうがなんだそりゃ、だ。

 次は東の首位キャバリアーズと敵地で対戦だが、これもどこまで本気でやるのかな。他チームを見る時と違ってスパーズの場合、看板選手が休場してもファンはそれなりの楽しみを見つけてしまう。
 それがスパーズです。分かってあげてください。


 一方の、勝ったウォーリアーズには拍手を惜しみません。さすが優勝候補の大本命、この大勝でよりはっきりと印象づけた。
 S・カリーの神がかり3ポイントにはいつにも増してほれぼれ。D・グリーンの攻守に「縁の下の力持ち」ぶりも素晴らしかった。そしてスパーズをもボコボコにする選手層の厚さ!

 シーズン終盤に控える直接対決あと3戦、そしてカンファレンス・ファイナルでの決戦を楽しみにしています――
 ――終盤の3戦、スパーズはぜひ本気でやってほしい。首位を奪えば、プレイオフでの地元優先権の獲得および3位サンダーと当たらなくてすむから。


 
関連記事
18:53  |    NBA  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop