FC2ブログ

【この本!】 2015.07.29 (Wed)

谷崎恐怖症~『春琴抄』~

谷崎潤一郎 『春琴抄』

 今2015年は谷崎潤一郎の没後50年だとか。亡くなったのは1965年7月30日。(1886.7.24生)

 とはいえ、ぼくはまともに作品を読んだことがありません。
 子供のころテレビで百恵ちゃん&友和さんの映画 『春琴抄(1976東宝)』 を観て、あのとんでもない結末がトラウマになってしまったせい。今でも「針」を見るとこれを思い出します。
 谷崎恐怖症。


 『春琴抄』 は盲目の令嬢と、それにどこまでも献身的に仕える下男の、倒錯的な愛と主従。

 このたび原作小説を読んで不思議な味わいだったのは、「伝記や関係者に取材した」という体裁で、ルポルタージュかドキュメンタリーのような形式で書かれていたこと。
 耽美や被虐趣味にひたりきるのではなく、物語当時の社会や事情と照らしながら、ふたりの感情や立場をどこか客観的に論じているのが意外だった。

 冒頭からして、例の結末とその後の暮らしがあっさり明かされており、ただの「青春、純愛、異形」に終わらせていない。
 もっとも逆に、そういう生活の現実や老い、バッサリ否定される「思い出補正」などのほうが、ずっと残酷で生々しかったりするけど。


 行き過ぎた主従・師弟関係は、閉じきった世界でお互いに 「そうあらなければならない」 「そうあることを演じていた」 子供心と芸道ゆえだったか。その意味で、どこにでもある、誰にでもなりそうな物語。
 とにもかくにも、ヒロイン春琴の高慢ドSっぷり。ツンデレ好きには辛抱たまらんので、佐助になって夢中で読みましたが、例の目を突くシーンはやっぱり怖くて飛ばしました。

 そんなわけで抵抗感はいくらか和らぎましたが、ぼくの 「谷崎恐怖症」 は一生続くでしょう。

 
関連記事
18:58  |  この本!  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

■承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2018.06.07(木) 23:48 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop