FC2ブログ

【JAZZ】 2015.04.14 (Tue)

永遠の親指、ウェス・モンゴメリー

ウェス・モンゴメリー『トゥイステッド・ブルース』
ウェス・モンゴメリー 『トゥイステッド・ブルース』

  このあいだの 『アメトーーク!!』 ギター芸人、おもしろかったです。
 ジミ・ヘンドリクスや押尾コータローさんらスーパーギタリストが紹介されていたけど、ぼくにとってのギターの神様はやっぱり、ジャズ界の 「ミスター親指」 ウェス・モンゴメリー!


  【YouTube検索】 Wes Montgomery Jingles
  (あからさまに動画を貼るのは気が引けるので、リンクだけ)


 曲は 『ジングルス』。ウェスが好きと言うより、この曲この演奏がかっこいい! すべてのジャズ映像の中で一番!
 むかし 『タモリのジャズスタジオ』 というNHKの特番で紹介されていて、クラシックジャズからモダンジャズの世界に引き上げてくれたぼくにとっての記念碑。

 呼びかけに合いの手を入れるスタイル 「コール&レスポンス」 がしびれる。有名な 『モーニン』 『ワークソング』 と並ぶ、いやそれ以上だ。
 ほか、ピアノはハロルド・メイバーンという人。あまり知られていないけど、軽やかな色彩感があってとてもいい演奏です。


 動くウェスの親指が見られる貴重な映像。レコード時代のジャズ・ファンからは、伝説にだけ聞いていた”親指だけ奏法”に、「そうやってたのか」 「やっぱりすごかった」 との声しきり。

 ・・・ちなみにぼくのギターの腕前は、前に練習して、やっとこさボサノバふうが1曲弾けるようになった程度です。「神様」とか「リスペクト」とか、それ以前の次元ですみません。


 ウェス・モンゴメリーの 『ジングルス』 が収録されているライヴCD 『トゥイステッド・ブルース』(上の写真)は、1965年パリ公演 『ソリチュード』 のオマケ盤らしくて、今では廃盤なんだとか。ぼくが販売当時やっと見つけた時にも、企画モノ扱いされていた。

 こんなにかっこいい曲なのに、ほかに 『ジングルス』 の演奏はないのかな?

 『ウェス・モンゴメリー・トリオ』 に収録のバージョンは、オルガン奏者が加わったまったくの別物。スローな演奏でぜんぜんスリル感がなかった。ミルト・ジャクソンと共演した名盤 『バグス・ミーツ・ウェス』 の演奏はよかった。


 
関連記事
22:51  |  JAZZ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop