FC2ブログ

【この本!】 2014.10.10 (Fri)

秋の漢詩をどうぞ

不忍池(21カット)ソフトフォーカス加工



  白居易 『新秋』

  西風飄一葉    西風がひとひらの葉をひるがえし
  庭前颯已涼    庭先をさっと涼しく吹き抜ける
  風池明月水    風の池には月明かりの水面
  衰蓮白露房    枯れゆく蓮には白露をつけた房が
  其奈江南夜    あぁ、江南の夜をどうしたものか
  綿綿自此長    ただ綿々と夜が長くなっていくだけだ



 ・・・秋、日に日に早まっていく夕暮れ。
 気が付くといつも空は暗く、夏好きなぼくにはこの上なくさびしい時間帯です。 涼しくていいかな、くらいに思っていた秋が、いつからか恨めしく思うようになりました。
 ここぞとばかり主役を気取る、月の澄んだ明かりもなぐさめにはなりません。

 同じ白居易の 『暮立』 より、最後の一節・・・



  大抵四時心総苦   たいていは四季それぞれに物悲しさを感じるものだが、
  就中腸断是秋天   中でも断腸の思いにさせられるのはまさに秋だ。



 冬至を過ぎればこっちのもの。それまではいっそ、夜なら夜で沈んでほしい秋の夕暮れです。

 
関連記事
18:54  |  この本!  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop