FC2ブログ

【JAZZ】 2014.06.29 (Sun)

ハービーの『ウォーターメロン・マン』

H・ハンコック『takin off』

 今年最初のスイカを食べました。
 それを記念して、生ジャズ演奏のお店で 『ウォーターメロン・マン』 をリクエストしました。
 オリジナルは現代ジャズ界の総大将ハービー・ハンコック、そのファースト・アルバム 『Takin' Off 』 (1962)より。 ≪amazon試聴ページ≫

 「Ooh~, Watermelon man♪」
 ハービーが子どものころに聞いた、スイカ売りの売り声がモチーフになっているんだそうです。
 トランペットは盟友フレディ・ハバード、テナー・サックスはベテランのデクスター・ゴードン。 ハバードのやんちゃ小僧ぶりと、のっそりゴードンさんの対比がおかしい。

 アルバムは、'50年代黄金の 「ハード・バップ」 のスタイルを採りながら、’60年代最新の 「モード・ジャズ」 な雰囲気もうっすらと。初めてお好み焼きにマヨネーズをかけた時のような、時代が変わっていくその瞬間を味わえます。

 クラシックからロックから電子音楽からヒップホップ(これも超有名な『Rock It』)まで、いともたやすく音楽を飛び越えていくハービー感性のネットワーク。
 本作はブルースにロックの8ビートを乗せた威勢のいい曲なので、お店でリクエストするとき時間とムードに気を使いました。(追伸・・・後日またやってくれたそうです。楽しいもんね。)

♪  ♪  ♪


 
 【YouTube】 サントリーウィスキーホワイトCM ハービー・ハンコック

 ハービーのブルージーなピアノもかっこいい!
 まだサントリー社のCMが、雲の上のステータスだった時代の一本。
 関連動画、ベースのロン・カーター版も大人のあこがれ。(彼もまたハービーの盟友 「VSOPクインテット」 の一員。)
 ・・・無断で動画を載せてごめんなさい。

 
関連記事
17:37  |  JAZZ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop