FC2ブログ

【このアート!】 2014.05.30 (Fri)

アンリ・ルソーの 「子ども」 絵

ルソー『人形を抱く子供』(40)
(オランジュリー美術館)

 異才アンリ・ルソーの 『人形を抱く子ども』。 「Portrait d'enfant」

  「子ども」~!?

 確実におっさん。 女装癖がバレた社長。
 抱えた人形はさらにおっさん。社長の秘密を知って、無理やり付き合わされた部長。

 左手にはマーガレットの花でしょうか。指でちゃんと持ってるように・・・見えることは見えるか。それより、この不自然な両足の生えかたときたら! おっさんのくせにムートンぽいブーツもなんか腹立つ。
 1904~05年ごろということは、最晩年60歳ごろの作品。


 アンリ・ルソーは独学で絵画をはじめた、完全なプロではないパリの小役人。
 時は、世界規模に産業文明が広がる19世紀末。家に居ながらにして異国情緒* に魅せられていった、「写真」 と 「万博」 と 「機械」 の時代の人。悪趣味とされたエッフェル塔* をいち早く芸術に取り入れたひとりでもあります。

 そのヘタウマな絵、最晩年にはそれなりの人気画家になったようですが、ごく初期から評価していた一部のプロの巨匠たちからも、本人の強烈な「天然キャラ」もあって半分笑われていた。(それはたぶん本人も分かっていた。)
 しかし、理解者であったピカソやフォービズムやシュルレアリスムに先駆けて、近代・モダニズム絵画の端緒になった。今ではそう位置づけられているのだから、芸術って分からないものです。何より100年の今まで生き残ったというのがスゴイ。


 こんな絵なのに 「写実派」 だと言い張る、伝統的な画壇<アカデミー>の権威に弱かった古いミーハーおやじ。
 悪いやつに乗せられて金融詐欺の片棒を担ぐ世間知らず。
 ずっと年下のプロたちにからかい半分で持ち上げられ、それを受け入れている様は現代の 「いじられキャラ」 「素人いじり」 そのもの。

 そして10人近い子供のほとんどと2人の妻を早くに亡くすという、帰るべき家庭にぽっかりと穴が開いてしまった人でした。マーガレットは「誠実」や「貞淑」の象徴であるほか、「安産」の寓意もあるにはあるんだけど、そこまでは勘ぐりすぎか。


 いま、この 「こども」 が日本に来ているらしい。(森アーツ「こども展」)
 この人はこれでいい、そういう人だからこんな絵でいいんですが、ほかのプロ巨匠たちの「子ども」も、たいして可愛くないところが罪な話です。

 アンリ・ルソーの子ども絵といえば、これもインパクト満点ですよ。 とくに人形! (原題は男性詞の「le」だから、上の少女とは別人でしょうか。)

 
関連記事
22:54  |  このアート!  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop