FC2ブログ

【  段ボール箱コンポスト】 2014.01.29 (Wed)

めぐりあいコンポスト (世界の事情)

≪めぐりあいコンポスト編≫
12754032024c051bc2b4f50_import.jpg


 冬限定、生ごみ処理の 「段ボール箱コンポスト」、留守がちな今年はやっていません。
 その代わり、世界各国の 「生ごみコンポスト」 事情をリサーチしてみました。 (調査期間、その時どき! 取材人数、自分のまわり!)


 まずはオーストラリア。ここでは 「ミミズ・コンポスト」 が広く一般に浸透しているみたい。誰に聞いても 「あぁ、ミミズね」 と返ってきます。
 生ごみをミミズにむしゃむしゃ食わせる式なんですが、生き物なので年中管理しないといけなさそう。わが家のように 「冬だけ」 「土にゴミと米ぬか入れて混ぜるだけ」 「マンションずまい」 で 「ちょっと真似事してるだけ」 は、まだ手が出るレベルじゃないなぁ。
 でも慣れると絶対おもしろいだろうし、いつかはやってみたい!

 ちなみに、東京のわが家のような 「米ぬか混ぜるだけ方式」。店頭で精米するお店はオーストラリアにほとんどなくて、やるとしたら米ぬかは 「ぬか漬け用」 を買うしかありません。 「小麦ぬか=ふすま」 はあるのかな?

 お次は韓国。ゴミ収集は有料。埋めるか燃やすかリサイクルするか、誰がどこでするのか・・・など問題や対立が激しいらしい。
 韓国の都市部出身の友人は 「ぜんぜんダメ」 と手厳しかったが、ぼくがざっと調べたところ、生ゴミを資源化するリサイクル事業はけっこう進んでいるようで、その率5割を超えるそうです。一足飛びの改革は彼らの強み。

 アメリカ人からは、排水口にある粉砕機 「ディスポーザー」 で下水に流す方式を聞きました。
 あとで調べたところ、そうやって生ごみを下水処理施設に集めて、メタンガスを有効利用しようという話なんですが、その人も指摘していたとおり、業者側の理屈なので本当にエコかどうかは疑問だとのこと。
 いずれにせよ、下水管や処理施設 (&行政) が本当にしっかり整っていないとムリなのが分かります。

 ほか、ヨーロッパ先進国の事情が一番知りたかったんだけど、まわりにヨーロッパ人がいないのがざんねん。
 代わりに今度、経済成長著しいフィリピン人に直撃取材を予定。 ぼくがいつもデレデレしている近所の美人の奥さんなんですが、「ゴミの話持ち出すのも何だしなぁ・・・」 とあれこれ思案中です。


 ・・・ちなみに日本は、「原子力で処理している」 と説明しときました。
 

【続き・・・】

 

 「生ごみコンポストは、シャアの攻撃を退けて日本をあとにした。しかしその中に、シャアの密令を受けた少女が潜んでいた。 なっちゃん0904、決してスパイを職業とする少女ではない・・・。次回、『生ごみコンポスト潜入!』。
 ・・・君は、生き延びることができるか? 」


  1月27日、『ガンダム』 の名ナレーター・永井一郎さん逝く。合掌・・・。
 
関連記事
07:59  |    段ボール箱コンポスト  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop