FC2ブログ

【京都・奈良&和ふう】 2013.12.06 (Fri)

遅ればせのお茶会

013(20).jpg
(別のお宅)


お世話になっているお師匠のお茶会に行ってきました。

冬に向けた 「炉開き」 のこの季節、いつもは裏方の力仕事専門で、あとでごほうびにお茶を

点(た)てていただくのですが、今年はあれこれ都合がつかずお手伝いできませんでした。

代わりのこの日は、いっぱしの 「お客」 として。えらそうに。


女性のお客には 「萩」 や 「唐津」 のようなスマートで洗練された茶碗が好まれますが、

ぼくはシブくて重厚質朴な 「黒楽」「瀬戸黒」 のたたずまいが好き。

ロクロを回して正確に描いた円ではなく、「手づくね」 で一瞬を切り取った不完全な世界観。

下ぶくれの曲線は赤ちゃんのほっぺのようでもあり。手のひらに包まれた宇宙のやわらかさ。

その瞬間は、亭主であるお師匠との対峙だけではなく、茶碗との対峙でもあります。


この日、庭の紅葉はまだ色半ば。

それでも暖かい西陽が紅葉の色を透かして、影を黄金色に染めていました。

 
関連記事
21:54  |  京都・奈良&和ふう  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop