FC2ブログ

【このアート!】 2013.11.09 (Sat)

水墨画の秋

伝・牧谿『煙寺晩鐘図』表装つき
伝・牧谿 『瀟湘八景図(煙寺晩鐘図)』 畠山記念館


 規模の小さな個人美術館は、文字どおり都会のオアシスです。
 寄付文化がととのった欧米の館のように無料に近い金額で・・・とまではいきませんが、日本国内の館だと水墨画や茶道具など和の逸品がそろっている。
 風が抜け霧たちこめる涼やかな山水画・・・。夏に来たら最高だったろうなぁ。
 そんなわけで、このごろ水墨画の魅力にはまっています。

◆  ◇  ◆

 水墨画は室町日本で高度に洗練されて大成しましたが、その手本になった中国宋の時代のものが好き。大陸的なみなぎる個性と豊かな表現には圧倒されることしきりです。

 日本の水墨画にもっとも大きな影響を及ぼした牧谿(もっけい)。(上の画像)
 やわらかく繊細な幽玄の世界は、『松林図屏風』 で知られる長谷川等伯に受け継がれました。墨を濃淡にじませた柿の絵なんかも、素朴な味わいがあって親しみやすい。

 夏珪(かけい)の硬く力強い線。その堂々たる風格は雪舟に通じるでしょうか。
 中でもぼくが好きなのは、梁楷(りょうかい)という人のシンプルな線・豪放な筆づかい。こんな絵がシャシャッと描けたらなぁ。 あこがれ。
 ・・・いずれも南宋、日本でいう鎌倉前期の人。

◆  ◇  ◆

 北方異民族に国土を蹂躙された宋~元王朝の時代。異民族の支配下で、いちど身分階級の囲いを外された漢民族。
 国家試験制度 「科挙」 が定着した一方で、第一級の知性が身近な市井にあふれ、民の知識の底上げと再配分がなされました。こうした流れは 「文人画」 と呼ばれる民間=アマチュアの名人をあまた輩出、続く明代の「市民文化」のめばえにもつながることに。
 宋王朝は押しの弱い地味な時代のイメージだけど、実は指折りのおしゃれ王朝だった。見直しました。
 現代中国の街角にも、こういう個人コレクションのオアシスが増えてくれたらいいな。

 
関連記事
21:18  |  このアート!  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop