FC2ブログ

【欧州&世界映画】 2013.08.20 (Tue)

ジャン・ルノワール 『ピクニック (1936仏)』

ジャン・ルノワール『ピクニック』


ジャン・ルノワール監督、未完の佳品 『ピクニック』。 1936年フランス映画。

都会からピクニックにやってきた一家と、村の若者たちのひとこま。

ロケが長雨にたたられて、そのまま撮影中止になった40分弱。

♪  ♪  ♪

何よりもまず、その鮮烈な映像センスに目を奪われました。

村の若者が窓を開けると・・・

パッと光が広がって、遠くのブランコに乗る娘にピントがばちーん!

これにはやられた。


そしてブランコに乗る娘。

カメラも一緒にブランコに乗ってる若々しい躍動感。 世界一かれんな四次元殺法。


でも一番おどろいたのは、光の輪郭がずいぶんくっきり、ビビッドなんですね。

父オーギュストの 「印象派」 絵画の真逆。

(のちの黒澤明×宮川一夫 『羅生門('50)』 は、このメリハリある陰影から影響を受けていそうだ。)

本当は、ジャンと父オーギュスト・ルノワールを安易に結びつけて比べたくないのだけれど、

それはこういうところの決定的な違いにも表れています。


それでも言いたい。『ぶらんこ』 といえば、父オーギュストのすてきなすてきな絵画をまず思い出す。

絵画の中の、青いリボンをあしらったかわいいドレスは、映画では母親役が 「っぽい」 のを着ています。


ジャンは本来、リアルな社会劇を作風としていましたが、

印象派絵画に由来する 『草の上の昼食』『フレンチ・カンカン』 も映画にしている。

余技と呼ぶにはぜいたくな 「父子競作」 です。

♪  ♪  ♪

愛らしいヒロイン役に、あのひねくれ哲学者を夫を持つシルヴィア・バタイユ。

音楽は、あのシャンソンの名曲 『枯葉』 だけでも歴史に残るジョゼフ・コズマ。

助監督にあの若きベッケル、ヴィスコンティ、H・C・ブレッソン・・・、なんというエリート・スクールか。

そして劇中の食堂のヒゲオヤジが、ジャン・ルノワール監督ご本人。

むかし初めて写真で見たときは、「絵の中の、あの可愛かったジャン坊やが・・・」 とショックでした。
 

【続き・・・】

 
・・・お話はそのあと、ひと夏だけのランデブーへ。

相手役の青年が 「Mr.ビーン」 みたいだったので乗れなかった。どっちもどっちだけど、こっちかよー。

 
関連記事
20:40  |  欧州&世界映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop