FC2ブログ

【ヒッチコック全作品】 2013.02.25 (Mon)

『リング (1927英)』

(ヒッチコック全作品) 
06.リング

 ≪感想≫
 こんなに昔の恋愛劇なのに、意外とハラハラ引き込まれた。 優しいけど少し頼りない、でもがんばる主人公を、K・ブリッソンが見た目のイメージどおりの好演。(翌'28年の『マンクスマン』でも恋人を奪われる役。)

 三者三様の揺れ動く心理を、あますところなく映像で表現しようとする若きヒッチの心意気が伝わってくる。表情のカットの丁寧なつなぎ方や独創的な映像処理など、基本の上手さと大胆な実験精神の両方を見せてくれて、荒削りながら刺激的だった。
 一方でメンデルスゾーンの『イタリア交響曲』など、ソフト化の際の選曲が適当すぎて興ざめ。


 A・ヒッチコック監督第6作 『リング (1927英)』

 出演/カール・ブリッソン (ジャック・サンダー)
     リリアン・ホール=デイヴィス (ネリー)
     イアン・ハンター (ボブ・コルビー)

 ≪あらすじ≫
 見世物小屋ボクサーのジャックは、チャンピオンのボブにその腕を見込まれ、練習相手として雇われることに。おかげで恋人ネリーとの結婚にこぎつけるのだが、ネリーは力強いボブに急速に魅かれていく。ジャックは新妻の愛を取り戻すため、チャンプに挑戦状を叩きつけるのだった。

 ≪解説≫
 ボクシングのリングと結婚リングを引っかけて、男女の三角関係を描いたロマンスもの。ヒッチが初めて自作の脚本を監督し、「『下宿人』に次ぐ真のヒッチコック映画」 (本人談) と納得のいく出来になった。サイレント作品。
 カトリックのヒッチにとって、新妻の心変わりは「女の原罪」ということか。彼女の腕輪の形から、ヘビに誘惑された旧約聖書のイヴになぞらえているという解釈がされている。

 ≪裏話≫
 主役のブリッソンは実際にボクシング経験者。「リアルな試合シーンを」 というヒッチの意向もあって、最後の大逆転劇は半ば演技を超えた真剣勝負。やられる側のチャンプ役ハンター(もちろん素人)は、食後すぐの撮影もあって散々だったという。

 ≪この頃・・・≫
 ヒッチは育ての親マイケル・バルコンのゲインズボロー社を離れ、新興会社BIPに移籍。しかし管理的な社の方針と肌が合わず、イギリス映画史上初の長編トーキー映画 『恐喝<ゆすり>('29)』 のような話題作もあったが、他に特筆すべき作品は残せなかった。(この移籍第1作『リング』は、まだ創業まもなかったため自由に作らせてもらえたとか。)
 浮き沈みを繰り返すヒッチが不動の名声を確立したのは、再びバルコンに拾われた 『暗殺者の家('34)』 から。

 ≪ヒッチはここだ!≫
 ?



  『THE RING』

 監督・脚本/アルフレッド・ヒッチコック
     撮影/ジョン・J・コックス
     製作/ジョン・マックスウェル (BIP社長)

 ブリティッシュ・インターナショナル・ピクチャー社 89分
 
関連記事
08:30  |  ヒッチコック全作品  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop