FC2ブログ

【ヒッチコック全作品】 2013.02.22 (Fri)

『農夫の妻 (1927英)』

(ヒッチコック全作品) 
07.農夫の妻

 ≪感想≫
 何が面白いのか、今となっては分からない。女性にフラれては当たり散らすだけの つまらぬオッサンを笑えばよいのか、四苦八苦の末のハッピーエンドに喝采すればよいのか・・・。



 A・ヒッチコック監督第7作 『農夫の妻 (1927英)』

 出演/ジェイムソン・トーマス (サミュエル)
     リリアン・ホール=デイヴィス (女中ミンタ)
     ゴードン・ハーカー (従僕アッシュ)

 ≪あらすじ≫
 男やもめの農場主サムは、ひとり娘の結婚を機に再婚を決意する。女中ミンタのアドバイスを受けて花嫁探しをするも、現実は厳しい。

 ≪解説≫
 イギリスの片田舎を舞台にした旧時代の牧歌的な物語。例によってヒットした舞台劇の映画化企画で、原作のフィルポッツは推理小説の古典 『赤毛のレドメイン家』 で有名。(本作はサスペンスではない。)
 キャメラマンが急病で倒れたため、ヒッチ自身がカメラを回したそうだ。探せばヒッチらしい冴えが見つかるだろうか。
 当時のロンドンでは約4年間もの大ロングラン上映を果たした。 サイレント作品。

 ≪ヒッチはここだ!≫
 ?



 『THE FARMER'S WIFE』

 監督・脚本/アルフレッド・ヒッチコック
     脚本/エリオット・スタナード
     原作/イーデン・フィルポッツ
     撮影/ジョン・J・コックス (急病のため、実際はヒッチ自身が撮影。・・・一部?全部?)
     製作/ジョン・マックスウェル

 ブリティッシュ・インターナショナル・ピクチャーズ社 98分
 
関連記事
23:21  |  ヒッチコック全作品  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop