FC2ブログ

【JAZZ】 2013.01.31 (Thu)

追悼デイヴ・ブルーベックの 『テイク・ファイブ』

D・ブルーベック『タイム・アウト』

 昨2012年末に亡くなったジャズ・ピアニストのデイヴ・ブルーベックさん。1950年代のアメリカ西海岸発、白人主導によるオシャレな 「ウェストコースト・ジャズ」 の象徴的存在。

 ブルーベックといえば、何と言っても名曲 『テイク・ファイブ』
 変則の5拍子のリズム。
 条件反射で、つい一緒になって5拍子を刻んでしまいます。 ラヴェル作曲 『ボレロ』 の“小太鼓”と同じ、音楽好きのお約束。

 初めて聴いたのが1980年代、話題になった 『アリナミンV』 のCM曲として。⇒【YouTube】検索ページへ
 まったく泥臭さを感じさせない、都会的な清潔感が、とにかくめちゃくちゃカッコよかった。同じ大都会でも、タバコもくもくのダウンタウンのクラブより、現代的な超高層・全面ガラス張りの摩天楼がよく似合う。

 作曲は、名パートナーのポール・デズモンド(sax)の名義ですが、「デイヴ・ブルーベック・カルテット」 総意のたまもの。 とくに、頭でっかちになりがちな曲群にあって、華やかなバチさばきで遊び心を加えたドラマー、ジョー・モレロがえらい。 (・・・あらためて見ると、全員メガネくんだ。)

 ただ、決して大衆的でもないし俗っぽく日和ってたわけじゃないのに、あまりに売れたものだからコアなジャズ・ファンからは軽んじられていたきらいも。 ぼくも学生時代、友達がバイトしていたバーで 「この曲かけてくれ」 としきりに頼んだものですが、ミーハーだとずっと却下され続けてました。
 かしこすぎた、スマートすぎたのがこの人の不幸だったでしょうか。

 それでも、サッチモやグレン・ミラーしか知らなかったぼくのような多くのジャズ初心者を、モダン・ジャズの世界にいざなってくれたブルーベック。その功績は、どんなカリスマと比べても変わるものではありません。


 『テイク・ファイブ』 は、そのものズバリ 「変拍子」 を意味する傑作アルバム 『タイム・アウト』(1959)に収録。
 正規の音楽教育を受けた人だけあって、音楽理論を駆使した技巧は折り紙つき。 めくるめくリズムのワンダーランド。

 『Three To Get Ready』 は7拍子。
 『トルコ風ブルーロンド』 は2、2、2、3の9拍子。
 ・・・後年の 『The World's Fair』 という曲はなんと13拍子!

 だけど決して堅苦しさを感じさせないどころか、初心者もすんなり聴きやすいのが 「デイヴ・ブルーベック・カルテット」 の魅力。ほか、ディズニーの名曲群をフィーチャーした 『デイヴ・ディグス・ディズニー』 なんかもその1枚です。


 
関連記事
23:27  |  JAZZ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop