FC2ブログ

【ヒッチコック全作品】 2012.11.14 (Wed)

『おかしな成金夫婦<リッチ・アンド・ストレンジ>(1932英)』

(ヒッチコック全作品) 
14.リッチ・アンド・ストレンジ

 ≪感想≫
 こんな身勝手なダメ亭主。ヒッチ自身をかなり投影しているそうですが、ヒッチもズバ抜けた映画の才能がなければ・・・まさにこんな男だったのでしょう。ヒッチは作品の不評を役者のせいにしていますが、八つ当たりもはなはだしい。
 ヒッチおよびアルマ脚本の純コメディ作品はおもしろくない。彼らが作る 「笑い」 は、場つなぎのスパイスくらいがちょうどいい。



 A・ヒッチコック監督第14作 『リッチ・アンド・ストレンジ(1932英)』
 (その他の旧題 『金あり怪事件あり』)

 出演/ヘンリー・ケンドール (フレッド・ヒル)
     ジョーン・バリー (妻エミリー)
     パーシー・マーモント (ゴードン中佐)
     ベティ・アマン (王女)
     エルシー・ランドルフ (メガネ婦人)

 ≪あらすじ≫
 倦怠期を迎えたフレッドとエミリーのヒル夫妻に、親戚から大金が譲られた。ふたりは心機一転にとアジアへの優雅な船旅に出かけるが、そこでエミリーは紳士的なゴードン中佐に、フレッドは某国の王女に惹かれていく。

 ≪解説≫
 東洋のロケ映像をバックに、ヒッチと妻アルマ(脚本)の夫婦生活をそのまま題材にしたライトコメディ。ヒッチ自身は本作がお気に入りだったが、観客には受けなかった。初盤に羅列される船酔いのシーン(ヒッチは船酔いしながらプロポーズした)やパリの踊り子の大胆さに驚くシーンなどは、ヒッチ夫妻の個人的なエピソ-ドである。
 妻役のJ・バリーは、イギリス映画史上初のトーキー作品であるヒッチの 『恐喝<ゆすり>('29)』 で、ヒロインの声の吹き替えを務めた女優。

 ≪ヒッチはここだ!≫
 ?



 『RICH AND STRANGE』

 監督・脚本/アルフレッド・ヒッチコック
     脚本/アルマ・レヴィル、ヴァル・ヴァレンタイン
     撮影/ジョン・J・コックス、チャールズ・マーティン
     音楽/ハル・ドルフ
     製作/ジョン・マックスウェル

 ブリティッシュ・インターナショナル・ピクチャーズ社 83分

 
関連記事
23:52  |  ヒッチコック全作品  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop