FC2ブログ

【ヒッチコック全作品】 2012.11.01 (Thu)

『第十七番 (1932英)』

(ヒッチコック全作品) 
15.第17番

 ≪感想≫
 乗らないスリラー企画を押し付けられたヒッチは、いっそギャグ映画にして茶化そうとしたらしいが、どっちつかずの中途半端な作品になってしまった。ややこしい人物設定には何かの含みがあるのだろうが、まったく伝わっていない*。 失敗作の失敗にもいろいろあるが、これはそもそもの出来がめちゃくちゃ。
 ただクライマックスは、ヒッチが好きな列車を舞台にしたチェイスが展開。このミニチュア撮影がたいした迫力で、まったくオモチャに感じさせないのには驚いた。円谷ミニチュアしか知らないぼくは井の中の蛙だった。

(*実際含みがあるが、本人しか分からないつまらないダジャレがらみ。-―冒険映画のヒロインは 「おバカ(dumb)」 と決まっているから、本ヒロインは 「だんまり(dumb)」 にしよう―- みたいな。)



 A・ヒッチコック監督第15作 『第十七番 (1932英)』 (別題 『十七番地』)

 出演/レオン・M・ライオン (ベン)
     ジョン・スチュワート (フォーダイス)
     アン・グレイ (アクロイド嬢)
     ドナルド・カルスロップ (宝石泥棒)
     アン・カーソン (泥棒一味の女)

 ≪あらすじ≫
 17番地の空き家に怪しい影を見つけたフォーダイスは、ベンという宿無しの男と出会う。ふたりは、そこに集まってきた宝石泥棒の一味を捕らえようと奮闘する。

 ≪解説≫
 当時人気の喜劇俳優を主役にした冒険サスペンス。
 空き家にうごめく影は、当時の最先端 「ドイツ表現主義」 の影響とされている。

 ビジネスライクなBIP社の水が合わず、低迷を続けるヒッチ。本作のあと『キャンバー卿の夫人たち』という作品のプロデュースを担当したが、それで同社との契約も終わり、しばらく不遇をかこつことになる。

 ≪ヒッチはここだ!≫
 ?



  『NUMBER SEVENTEEN』

  監督・脚本/アルフレッド・ヒッチコック
      脚本/マルマ・レヴィル、ロドニー・アックランド
      原作/J・ジェファーソン・ファージョン
      撮影/ジャック・コックス
      音楽/A・ハリス (ファーストネームの表記なし)
      製作/ジョン・マックスウェル

  ブリティッシュ・インターナショナル・ピクチャーズ社 64分

 
関連記事
22:10  |  ヒッチコック全作品  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop