FC2ブログ

【めざせ東大 !?】 2012.09.26 (Wed)

悪魔の数学 「リーマン予想」

リーマン・ゼータ関数
(これを「ゼータ関数」と言うらしい。合ってますか?)


 NHK-BSの再放送でやっていた≪リーマン予想≫の特集がおもしろかった。
 ≪リーマン予想≫とは、もうこれ以上割り切れない数 「素数」 に関する、数学最大の難問のひとつ。


 「ゼータ関数のゼロ点は、すべて一直線上に存在する」



 2、3、5、7、11、13、17・・・521、523、541、547、557・・・
 ・・・8100259、8100263、8100283、8100343、8100349・・・

 一見、飛び飛びの不規則な並びで現れる 「素数」 ですが、これを 「ゼータ関数」 という数式に当てはめてチョチョイと計算すると、答えがぴったり一直線上に並ぶのだとか。

 「素数の並びには法則性がある?」

 ・・・実際はまだ正しいと証明されたわけではないけど、19世紀ドイツのリーマンという人が 「そうなんじゃない?」 と予想したので、これを≪リーマン予想≫と呼びます。


 ところがもし、これが100%解明されたなら、世の中は大変なことになります。
 「素数」 は各種暗号にも広く使われているので、軍事、経済、個人情報保護が丸裸にされてすっぽんぽんに。 「リーマン予想を解いた者は人類の敵」 とジョーク半分で言われるほどで、アメリカなどは国ぐるみで動いているのだとか。

 また 「素数」 の数式は 「原子核」 の数式にも似ているとされ、それは万物の創造をつかさどる 「宇宙の設計図」 かもしれないと言うのです。


 こんなにすごいらしい素数さん、ぜひ仲良くしておかなければ。
 ネットで「リーマン予想」 と検索しても、ろくな説明が返ってこない。この番組は、これだけ分かりやすく噛み砕いて説明してくれたことがありがたかった。

 あと、精神を病む者、自ら命を絶つ者、「リーマン予想などウソだ」 と言い出す者・・・、この難問に挑み、むなしく散っていった天才たちの系譜も鬼気迫るものがありドラマチックでした。 数学には芸術にも似た・・・いやそれ以上の、人生と人格を狂わす 「悪魔」 「魔性」 「タブー」 の魅力があることがひしひしと伝わりました。 芸術と違って、答えがひとつしかない事のおそろしさ・・・!

 ちょうど先日、「≪ABC予想≫という難問も解明か?」 というニュースがあったばかり。時間をかけて、この特集番組も作ってほしいです。

 
関連記事
21:13  |  めざせ東大 !?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop