FC2ブログ

【ヒッチコック米時代】 2012.06.05 (Tue)

『スミス夫妻 (1941米)』

(ヒッチコック全作品) 
26.スミス夫妻

 ≪感想≫
 イギリス時代の夫婦コメディ 『リッチ・アンド・ストレンジ('32)』 からそうでしたが、奇人ヒッチが描くキャラクターは奇抜すぎ。ハイテンションな雰囲気は楽しいが、それぞれの言動が極端すぎて共感できませんでした。
 妻のキャラクターは「自分を一番大事にしてほしい」一辺倒で、女心の機微や自立した人格にまで踏み込んでいるわけではない。「女は可愛いけどめんどくさいもの」という、しょせん男の発想、男の願望どまり。そういう古い軽い作品。 



 A・ヒッチコック監督第26作 『スミス夫妻 (1941米)』

 出演/キャロル・ロンバード (アン・スミス)
      ロバート・モンゴメリー (デヴィッド・スミス)
      ジーン・レイモンド (ジェフ・カスター)

 ≪あらすじ≫
 アンとデイヴィッド、周りもあきれるほどアツアツのスミス夫妻。ところがある日、役所の手違いでその結婚は無効だったと分かる。ふたりは晴れて「二度目の結婚」に至るのだが、もう一度新婚当初のドキドキを味わいたかったアンと、単に事務的な手続きに過ぎないと思っていたデイヴィッド・・・。ふたりの感情はややこしくこじれていく。

 ≪解説≫
 ヒッチにはめずらしい(アメリカでは唯一の)純コメディ作品。俳優クラーク・ゲーブルと新婚ホヤホヤだったC・ロンバードに頼まれるまま、脚本どおりにさっさと撮りあげた・・・とはヒッチ本人の弁だが、実際はかなりノリノリで作っていたとか。
 ちなみにデイヴィッド役のモンゴメリーは、あの名作TVドラマ 『奥様は魔女』 サマンサ役で有名なエリザベス・モンゴメリーの父。

 ≪裏話≫
 この頃、感情的な「俳優は家畜だ」発言で物議をかもす。(後に「厳しく接するべき」という意味だと弁明。)
 ただでさえ根暗なイギリス人ヒッチには、アメリカ流の気安くくだけた態度が軽薄に映ったのだろう。もっとも当のハリウッド俳優たちは、「人格より才能」を重んじる実力社会ならではの鷹揚さで、ヒッチの演出力と現場運営力に敬意を払い続けた。とはいえ、アカデミー賞など人徳がものをいう舞台では、圧倒的に不利だったことは想像に難くない。

 ≪ヒッチはここだ!≫
 45分ごろ、デヴィッドと友人がにらみ合いながらアン宅を後にするシーンで、アパートメントの前を横切る。



 『MR. AND MRS. SMITH』

 監督・製作/アルフレッド・ヒッチコック
 原案・脚本/ノーマン・クラスナ
     撮影/ハリー・ストラドリング
     音楽/ロイ・ウェッブ
     製作/ハリー・E・エディントン

 RKO 95分
 
関連記事
21:25  |  ヒッチコック米時代  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop