FC2ブログ

【日本映画】 2012.05.12 (Sat)

小津とおならと 『お早よう』 と

小津安二郎『お早よう』


 小津安二郎監督の映画 『お早よう』。1959年松竹。
 郊外の建て売り住宅地を舞台に、そこに住まう人々の近所づきあいと子供たちの日常を描く、ほのぼのコメディ。
 「小津の食わず嫌い」 だったぼくは今回初めて観たのですが、こまかい描写ひとつひとつがププッとおかしくて、やっぱり小津って偉かったんだなあ、と感心させられました。


 ≪おなら≫
 いま子供たちに流行している、自由自在のおなら芸。 わざわざ軽石を砕いて飲んで、日々おなら技を磨きあっているんだそうだ。
 中にはおならに失敗して、別の「モノ」が出てしまう少年も! 「お母さん、パンツ出してくれよぅ~」 がせつない。

 しかし大人はもっとすごい。

    ”ブー”
   「あんた呼んだ?」 「いいや」 「あ、そう」
    ”ブー”
   「なあに?」 「ああ、こんど亀戸の・・・」


 ・・・奥さんとオナラで会話ができる名人の域。なにせガス会社に務めているというのだから、もうかなわない。


 ≪家庭とご近所づきあい≫
 うわさと思い込みで人を決めつける奥さん連中や、理屈も説かずに子供を押さえつける父親。 こういう昭和のコミュニティーは息苦しくていやだった。
 事実、それに我慢できない劇中の若いカップルは、早々にこの住宅地を離れていく。このごろ昭和という時代が美化されて久しいが、小津映画はそんな昭和的な価値観が疎まれ、すたれ始める時代にこそ生まれた。

 ただ当時は、「ご近所」 も 「家庭」 の延長だったのかな。だからお互いノック無しで上がり込んだり、適度に折り合いをつけて水に流す。
 「お婆ちゃん、あんたもう"楢山"だよッ!」 なんて物騒なセリフ、今となっては家族でも言えません。


 ≪「お早よう」「いいお天気ですね」≫
 口答えをして叱られたお兄ちゃんが、「"お早よう" ”今日もいい天気ですね” ”そうですね” ・・・大人だって余計な事ばかり言ってるじゃないか!」 と食い下がる。
 結局そういう意味のない無駄話が、世の中の潤滑油になっている・・・という話なのですが、そう言って諭した子供たちの先生、当のご本人がその効能をラストで実践してくれます。

 モジモジしながら、「お早よう」「いいお天気ですね」「そうですね」
 ・・・恋のはじまりです。


 ≪そして「おなら」へ≫
 テレビ欲しさに 「だんまりスト」 を始める兄弟。「あいらぶゆー」 の幼い次男坊が最高にかわいい!
 ラスト、兄弟がしょんぼり帰宅。哀しげなBGM。しかしカメラのカットが変わると・・・! こういうさりげない見せ方にほんと参りました。見ていて思わず 「わぁ!」 と声をあげてしまった。

 ・・・そして大団円、いつもの朝のおなら比べ。 晴れやかな青空の下、物干し台になびく堂々パンツ3枚!
 すばらしいオチに拍手!
 

 監督/小津安二郎
 脚本/野田高梧、小津安二郎
 撮影/厚田雄春          (小津作品の「アグファ・カラー」、買っとくれよぅ。)
 音楽/黛敏郎

 出演/笠智衆、三宅邦子
     設楽幸嗣、島津雅彦    (MVPの兄弟。あいらぶゆー!)
     佐田啓二、久我美子    (若い恋人たち。ラストの会話がいいんだ。)
     杉村春子           (憎まれ口もほんッと上手いんだから。)


 
関連記事
08:37  |  日本映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop