FC2ブログ

【京都・奈良&和ふう】 2009.08.29 (Sat)

歌舞伎+シェイクスピア 『NINAGAWA 十二夜』

12754051624c05236aace22_import.jpg


 NHK教育で歌舞伎版・シェイクスピアの『十二夜』 を中継していました。
 演出は天下の蜷川幸雄大センセー。

 双子の兄妹の妹が男装して仕官したことから起こる恋のもつれを、中世日本に舞台を移して描く。 (他愛もない造作もないことだが、オーシーノは 「大篠」、オリヴィアは 「織笛」 …、日本人に置き換えた名前がいちいちウケた。)
 この 『十二夜』、大好きな 『テンペスト』 や 『から騒ぎ』 ほど読み込んでいなかったので、とても新鮮な気持ちで楽しむことができました。じっさい素晴らしかった。


 なんといっても双子の兄妹の二役、主演の尾上菊之助さん!
 可憐でたおやかな娘 (妹ヴァイオラ) とその男装 (シザーリオ)、たくましい青年 (兄セバスチャン) の三層・三様をみごとに演じ分けていて、耽美な異世界に引き込まれたような妖しさ艶めかしさ。
 (シェイクスピア時代の西洋演劇もそうだったように、) 歌舞伎が培ってきた 「女形」 の、どこか倒錯した魔力のようなものが最大限に発揮されていました。

 ただ、男装のまま素顔の女心を吐露する場面は、オカマっぽくてどうにも珍妙だった。背中を向けて後ろ向きで演じさせるとかなかったものか。
 またクライマックス、兄妹の再会シーンは代役を使う平凡な見せ方。この2か所は客席から笑いが漏れたりせき払いが聞こえるなど、ぼくも含めて一気に緊張感がゆるんでしまったのが残念。


 …はさておき、本筋の恋物語と並行して描かれるもうひとつの見せどころ、イヤミで尊大な執事マルヴォーリオをやりこめる大騒動は、これぞ 「シェイクスピア+歌舞伎」 コメディの真骨頂。
 この喜劇パートの主役であるマルヴォーリオを演じた御大・菊五郎さんは、道化フェステとの二役。さしずめ大原部長と両さんの 「ひとり≪こち亀≫」 は、さすがの芸達者ぶり。
 左團次さん演じるサー・トービー一派とのイガミ合いは、ひとつひとつのセリフ回しや仕草が本当にうまくておかしい。
 ほか、最近TVドラマやクイズ番組で活躍している若手の亀治郎さんも、悪知恵がきく侍女マライアを軽妙かつハツラツと演じていて、実にあだっぽかった。

 今回の中継はイギリス公演のものだったので、笑いのカンどころが少しずれていましたが、これは仕方ないところか。
 ニセの恋文にだまされて全身まっ黄っ黄で現れるマルヴォーリオや、弁慶みたいなフル装備で決闘にのぞむビビリのサー・アンドルー (翫雀さん) などのビジュアルは、日本では大爆笑だったことでしょう。


 そして演出面もすばらしい。シンプルだがビビッドに浮かび上がらせた美術装置・衣裳は一分のスキもムダもなくインパクト満点。 ハープシコードと長唄がコラボした音楽も刺激的だった。
 とくに背景一面に張りめぐらせた鏡は、瓜ふたつの兄妹を指した 「living in my glass (第3幕4場)」 というセリフを受けての趣向か。 これは兄の合わせ鏡として育ち、今こうして男と女の鏡の間で揺れるヴァイオラの、まだ自立に至らない不安定なアイデンティティを表しているとみた。


 …とまぁ、シェイクスピアの名作恋愛喜劇を、字幕なし、本物の実力派で見ることができたのは幸福な出会いでした。かれこれ3時間、テレビでは休憩なしの長丁場も、まったく飽きることなく熱中。
 現在も好評ロングラン中だそうなので、これはぜひ劇場に行かなくちゃいけませんね!


公式HP http://www.kabuki-bito.jp/juniya/

関連記事
21:00  |  京都・奈良&和ふう  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nacchann0904.blog115.fc2.com/tb.php/122-dd182ceb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop