FC2ブログ

【ヒッチコック米時代】 2011.12.16 (Fri)

『泥棒成金 (1955米)』

(ヒッチコック全作品) 
41.『泥棒成金』

 ≪感想≫
 「太ももと胸、どちらがお好き?」…実はチキンの話でした。そんなオトナの火遊び<アバンチュール>にうっとり。
 水面に映えるG・ケリーが最高に美しい! それから濃厚で色鮮やかな南仏の風景も。そして花火とキス! ・・・この時代のカラー映像は、太陽の下に惜しげもなく広げた油絵のようです。オスカー獲るだけのことはあります。
 この際ストーリーは二の次。アメリカもハリウッドもヒッチも黄金期、幸福な時代の幸福な娯楽作。 大好きな作品のひとつです。

 パラマウント社の最新DVDパケは色調が下品。上のポスターのような古式ゆかしさのかけらもない。FOXドラマと一緒にしないでほしい。



 A・ヒッチコック監督第41作 『泥棒成金 (1955米)』

 出演/ケイリー・グラント (ジョン・ロビー)
     グレース・ケリー (フランシー・スティーヴンス)
     ブリジット・オーベール (ダニエル)
     ジェシー・ロイス・ランディス (母スティーヴンス夫人)
     シャルル・ヴァネル (ベルタニ)

 ≪あらすじ≫
 “怪盗キャット”ことジョン・ロビーは、今ではすっかり足を洗い、風光明媚なコート・ダ・ジュールで悠々自適の生活を送っていた。ところがキャットの手口を真似た泥棒が現れ、警察からにらまれる羽目に。不当な容疑を晴らすべく、富豪スティーヴンス母娘の警護を買って出るロビー。やがて彼は美しき令嬢フランシーと恋に落ちる。

 ≪見どころ・裏話≫
 美しい南仏の風景をバックに、ハリウッドきっての美男美女が交わす軽妙な会話…おしゃれこのうえないロマンティック・サスペンス。ヒッチ初のワイドスクリーン作品。
 ヒッチは以後すべての作品をグレース主演で撮りたいとまで惚れこむが、グレースはこの撮影の前後にカンヌ映画祭に出席、そこで後の夫君になるモナコのレーニエ公と出会うことになる。

 アカデミー・カラー撮影賞受賞 (ほか美術、衣装賞ノミネート)。撮影のR・バークスは、『見知らぬ乗客('51)』 から(『サイコ』をのぞいて)『マーニー('64)』 まで、ヒッチの黄金時代を支えた最高の右腕。
 豪華な南仏ロケ*をしているのに、車の運転シーンはわざわざいつもの 「スクリーン・プロセス(背景合成)」 撮影。 ヒッチコックといえばスクリーン・プロセス。 本人は大の旅行好きだったが、ロケのリアル感より、作りものであっても銀幕の夢世界を追求するヒッチの、昔かたぎのこだわりがうかがえる。
 (*ちなみに戦後のアメリカ映画界は各種規制が厳しくなり、ハリウッド内で撮るより国外ロケをしたほうが自由で安くつくようになった。世界の文物・情報は観客の興味とも一致し、この時代海外ロケものが多く作られた。『ローマの休日('54)』やアカデミー作品賞『八十日間世界一周('56)』『戦場にかける橋('57)』など。)

 ≪この頃・・・≫
 1955年4月20日、ヒッチはアメリカ国籍を取得。 渡米後まもなく帰化した妻アルマと娘パトリシアから遅れること10余年。本人は 「裁判所に出向いて宣誓するのがめんどくさかった」 とはぐらかしている。
 同年10月、TVドラマ 『ヒッチコック劇場』 シリーズが放送開始。ヒッチは演出および番組ホストとしてお茶の間の人気者に。

 ≪ヒッチはここだ!≫
 10分、バスの中、K・グラントの横にちゃっかりと!ふたりの仏頂面がおかしい。
 (※技ありから超難問まで、いろんなチョイ役出演がありますが、これが一番好き!)



  『TO CATCH A THIEF』

 製作・監督/アルフレッド・ヒッチコック
     脚本/ジョン・マイケル・ヘイズ
     原作/デヴィッド・ドッジ
     撮影/ロバート・バークス                    (アカデミー撮影賞受賞)
     美術/ハル・ペレイラ、ジョセフ・マクミラン=ジョンソン   (美術賞候補)
     衣装/イーディス・ヘッド                     (衣装賞候補)
     音楽/リン・マーレー

 パラマウント 106分

 
関連記事
20:46  |  ヒッチコック米時代  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop