FC2ブログ

【ヒッチコック米時代】 2011.11.25 (Fri)

『知りすぎていた男 (1956米)』

(ヒッチコック全作品) 
43.『知りすぎていた男』

 ≪感想(※少しだけラストに言及≫
 あまりにあっけないラストシーン・・・。現代の映画作品なら、わが子をさらわれた両親の内面心理を深く掘り下げて、ラストの再会を感動的なものにするでしょう。しかしヒッチ作品においては、卑劣な誘拐もあくまでサスペンスを盛り上げるための道具立てでしかありません。
 例えば、脅迫電話を受けたJ・スチュワートが電話帳の端を指でこそぐシーン。 また決断を迫られたD・デイが迷いうろたえるクライマックスのシーン。 犯人一味のおばちゃん (B・デバンジー。彼女と教会で目が合う場面にはビビった!)が苦悩するシーンもそう。
 これらは温かい親心から発する描写であっても、目的はひたすら観客をハラハラさせるためのもの。ヒッチ作品には感動など不要なのです。
 映画のための美と技法と娯楽にこだわったヒッチが、アカデミー賞のような社会・芸術面ではなかなか評価されなかったのは、そういう職人的な作風ゆえの事だったのでしょう。



 A・ヒッチコック監督第43作 『知りすぎていた男 (1956米)』

 出演/ジェームズ・スチュワート (ベン・マッケンナ)
      ドリス・デイ (妻ジョー)
      ダニエル・ジェラン (ルイ・ベルナール)
      ブレンダ・デ=バンジー (ドレイトン夫人)
      レジー・ナルダー (暗殺者)
      クリストファー・オルスン (息子ハンク)

 ≪あらすじ≫
 モロッコに家族旅行にやってきたマッケンナ家は、ひょんなことから巨大な陰謀の一片を聞かされる。それがもとで誘拐された息子を救うべく、知りすぎていた夫妻の戦いが始まる。

 ≪見どころ・裏話≫
 イギリス時代の 『暗殺者の家(’34)』 をセルフ・リメイク。人気歌手のD・デイを起用、妻の活躍も前面に出すなど旧作よりはるかにスケールアップ。ヒッチ曰く 「アマチュアからプロへ」 の熟達を見せる。
 D・デイが歌う 『ケ・セラ・セラ』 が大ヒット、アカデミー主題歌賞受賞。この曲を筆頭に、音楽が重要なカギを握る。クライマックス、セリフなしで進む暗殺劇のスリルは、さすがサイレント時代から磨きぬかれた腕。

 ≪ヒッチはここだ!≫
 25分ごろ、マラケッシュの大道芸を見物する後ろ向きの人だかり、左端にスーツ姿で。難易度高し。



  『THE MAN WHO KNEW TOO MUCH』
                 
 製作・監督/アルフレッド・ヒッチコック
     脚本/ジョン・マイケル・ヘイズ
          アンガス・マクフェイル (ヒッチの旧友。名義のみ)
     撮影/ロバート・バークス
     音楽/バーナード・ハーマン (指揮者役で顔見せ)
    挿入歌/『ケ・セラ・セラ』 詞レイ・エヴァンス、曲ジェイ・リヴィングストン (アカデミー主題歌賞)
    挿入曲/カンタータ 『時化<ストーム・クラウド>』 曲アーサー・ベンジャミン
  共同制作/ハーバート・コールマン

 パラマウント 120分
 
関連記事
00:02  |  ヒッチコック米時代  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop