FC2ブログ

【ヒッチコック米時代】 2011.10.27 (Thu)

『北北西に進路を取れ (1959米)』

(ヒッチコック全作品) 
46.『北北西に進路を取れ』

 ≪感想≫
 『裏窓('54)』 の次または同等に好きな作品。
 空港でのロジャーと教授の会話が印象的。すでに観客が知っている物語の情報は、飛行機の爆音で消して二度手間を省く。そもそも教授やヴァンダムが奪い合うフィルムの中身って何? そういう余計な物語設定(マクガフィン)の説明を排して、主人公の冒険につぐ冒険をたたみかけます。
 「観客に何を見せるか。観客は何を面白がるか」 にとことん徹したプロフェッショナルのカガミ。 ヒッチのキャリアにおいても集大成、ベートーヴェンでいう 『第九』 のような記念碑的作品になりました。

 K・グラントのひげ剃りシ-ンがかわいい。 オークション会場からの脱出法も、さすが喜劇出身のおかしさ。
 相手役のE・M・セイントも、とくべつ美人で売ってた人じゃないんだけど、ヒッチにかかれば 「ヒッチコック・ク-ルビューティー」 を代表するひとりに。謎めいたオトナの女っぷりがいいんだよなぁ。



 A・ヒッチコック監督第46作 『北北西に進路を取れ (1959米)』

 出演/ケイリー・グラント (ロジャー・ソーンヒル)        
     エヴァ・マリー・セイント (イヴ・ケンドール)    
     ジェームズ・メイスン (ヴァンダム)
     レオ・G・キャロル (教授)       

 ≪あらすじ≫
 キャプランという男に間違えられた会社重役ロジャーは、謎の組織に命を狙われたうえ、殺人犯に仕立てられて警察からも追われる身に。事件のカギを握る本物のキャプランを捜して、アメリカ各地を転々とするロジャー。そこで彼は謎の美女イヴと出会う。果たして彼女は敵か味方か・・・?

 ≪解説≫
 平凡な市民が犯罪者と間違われ、警察に追われながらも真犯人を探して冒険する・・・という、ヒッチ作品の重要なスタイル 「巻き込まれ型」 サスペンスの集大成となった傑作。
 従来の密室サスペンスを逆手に取った大平原での襲撃シーンや、名勝ラシュモア山での攻防など数々の名場面を生み、ヒッチが理想とした娯楽冒険サスペンスが見事に実を結ぶ。
 またJ・メイスンが演じた 「上品で紳士的な悪役」 もヒッチ作品の特徴のひとつ。正義と悪の対決だけでなく、ひとりの美女をめぐる 「恋の対決」 を並行させるストーリーもまた、ヒッチコック話法の集大成といえるだろう。

 アカデミー脚本、カラー美術装置、編集賞ノミネート。(無冠。ちなみに同年はあの『ベン・ハー』イヤーだった。)

 ≪ヒッチはここだ!≫
 冒頭、バスに乗り遅れる。名前つきだからすぐわかるぞ。



 『NORTH BY NORTHWEST』

 製作・監督/アルフレッド・ヒッチコック
     脚本/アーネスト・レーマン
     撮影/ロバート・バークス
     音楽/バーナード・ハーマン
タイトル・デザイン/ソウル・バス (*オープニング映像のこと)
  共同制作/ハーバード・コールマン

 MGM 136分
 
関連記事
23:22  |  ヒッチコック米時代  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop