FC2ブログ

【日本映画】 2011.04.03 (Sun)

日米競演 『Shall we ダンス?』

『Shall we ダンス?』


 BS日テレで、大ヒット映画 『Shall we ダンス?』 をやっていました。
 日本版だと思っていたら、'04年にリメイクされたアメリカ版。今回はじめて観ました。

主演/リチャード・ギア (はじめからカッコよすぎ。凡々な感じがほしい)
    ジェニファー・ロペス (せくしー)
    スーザン・サランドン (アメリカ版は、妻の存在をより前面に)
監督/ピーター・チェルソム (知らない人)



 リメイクはずいぶん日本版に忠実なつくりでした。
 ただし 「社交ダンス」 というテーマに、自分から型にはめてしまった感じ。 キャラクターが小ギレイ過ぎ。 笑いの要素も薄く、年寄り向けで退屈だった。
 保守的な日本人にはいいかもしれません。
 新たに加えられた、バラを手にしたR・ギアが妻を迎えに行くシーンのように、どうせならとことんアメリカナイズすれば良かったのに。 日本人に合わせて酷評されないよう気を使っている、ハリウッドの力の低下が透けて見えた。
 毒気のない、まじめな作りではあります。

♪  ♪  ♪


 続けざまに、昔録画した日本版を観ました。1996年。

監督・脚本/周防正行
主演/役所広司 (この人は何やらせてもハマる。上手いなあ。)
     草刈民代 (デビュー作なのでヘタを責める気はないが、最優秀女優賞はないだろうと当時思った)
     竹中直人 (「ガッ!・・・ガッ!」 )
     渡辺えり (ポケモンにいそう)



 登場人物の動機や成長が、無理なく織り込まれた脚本。とても丹念に計算深く作られていて巧い。 セリフ回しが芝居くさくはあるが、周防監督の職人的なセンスは経験のなせる業。
 「年寄りのイヤらしい趣味」 とすら思われていた日本の社交ダンスに光を当て、そのイメージをまるまる180度変えてしまった功績は計り知れない。

 公開当時は 「まあ面白い、よくできた娯楽映画」 程度の印象だったのですが、映画もテレビもつまらなくなった今日では、思いのほか輝いて見えました。
 物語のベースである 「仕事も家庭も順調、マイホームという未来も手に入れた男が抱く、どこか満たされない想い」、・・・今となってはそれすらおとぎの話に聞こえるからかもしれません。

 脇を固める竹中直人&渡辺えり子らが、今も昔も最高! あのキモハゲ感、あの手足の短さは求めてマネできるものではない!(おふた方ゴメンなさい・・・)

 来2012年お正月にNHK-BSでやってくれるそうなので、これはぜひ録画し直します。

 
関連記事
00:18  |  日本映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop