FC2ブログ

【めざせ東大 !?】 2011.05.30 (Mon)

「ラップ治療法」で傷を治す

 
 腕にお湯を引っかけて、軽いやけどをしてしまいました。腕の内側の柔らかい部分。
 大したことはないのですが、郵便切手ほどの水ぶくれを潰してしまったので、「ラップ療法」「湿潤療法」 などと呼ばれる話題の治療法をためしてみました。


 傷口を水でよ~く洗ったら、食品用のラップで傷をおおってテープで止めるだけ。 ワセリンを塗って摩擦をやわらげるとなお良し。(…ワセリンは薬効成分のないただの軟膏剤。そのぶん毒にもならず幅広く使える。)


 従来の 「消毒する」「ガーゼ類でジュクジュク液を吸って傷を乾かす」「ぬらさない」「かさぶたになれば治る」 療法とは正反対の・・・

  「善玉の細胞まで殺してしまうので消毒はしない」
  「ジュクジュク液は自然治癒のための有効成分なので、無理に取り除かない」
  「しっかり水で洗う」
  「重いヨロイのようなかさぶたを作らない」


 ・・・というもの。傷にやさしい水分でうるおった状態を保ち、自然治癒力を最大限に引き出す。こうすると直りも早く、跡もキレイになるんだそうです。


 結果は・・・

 1日目、傷口が空気に触れないので、痛みはすぐに引いた。ラップ一面にジュクジュク液が出まくり。ムレが気になるので毎日数回取り替える。水で洗うとしみる。

 2日目、ジュクジュク液はさほど出ない。傷はぷっくり真っ赤に腫れ、見るからに痛々しい。大丈夫かいな。ただ 石鹸の泡で撫でてもまぁ平気 (・・・よくない?)。

 3日目、皮膚が再生され始めている感じ。傷口は透明感を増し、コラーゲンのCMみたいなトゥルントゥルン状になり始める。

 4日目、傷の周辺から回復し始める。傷面も、血肉の色に肌色がさすように(新しい皮膚?)

 5日目、新しい皮膚。ジュクジュクはほぼ無くなり落ち着きつつあるが、潤いが減ったので少しヒリヒリする。 ※この日、就寝時など1日の多くでラップがはがれてしまい、治りが停滞したよう。

 6日目、ふくらんでいた傷面はほぼ真っ平らに。まだまだ赤いが、薄皮に覆われて落ち着いた様子。ラップ部分がかぶれてかゆい。

 7日目、傷はまだまだ赤いが、表面は周囲と同じような質感に。 今後は傷跡をキレイに直す後半戦へ、という感じ。 かぶれがかゆい。

 8日目、常備しているステロイド湿疹薬 「フルコートF」 がやけどにも効くらしいので、前夜に少しだけ塗る。 朝、赤みはグンと和らぎ、かゆみなし! 5日目くらいから使っておけばよかった。 新しい皮膚は8割がた強くなり、一度ツメでかいてしまったが無事だった。

 9日目~、跡こそまだまだ目立つが皮膚はすっかり強くなり、男子ならもう 「ほっとく」 レベル。 傷跡が残るかどうかのレポートのため、もう少しだけラップを続ける。(ばんそうこうでもいいか?)

 11日目、ラップをやめる。 かさぶたがはげた跡のようなアザはまだ残っているが、傷口は叩いてもツネっても平気。

 20日目ごろ、肌色のアザが残った。消えるのは年単位?・・・若い人ならもっと早くキレイに治るだろう。



 ↓下の 「追記」 にまとめ&感想です。
 

【続き・・・】

 
 感想・・・
 従来のガーゼ治療と違って何日もジュクジュク状態なので、ほんの軽傷だと思っていたのが、どえらい傷に見えてくる。
 また、よけいな水分は吸ってかさぶたを作る従来式のほうが、日常行動しやすいのではないか。ラップ式は、あまり体を動かさなくてすむ現代生活ならではの療法と言えるかも。

 ただし潤いで保護するので痛みはすぐ引くし、ガーゼのように傷がひっつくこともない (でもかゆい)。 そして傷が落ち着きだしてからは、かさぶたがないぶん早くキレイに治った (傷痕が盛り上がるケロイド状になりにくいと聞く)。 治療の後半時には効果を実感。

 ※ぼくは医療の専門家ではないので、軽々しくおすすめはできません。やり方も正しくなかったかもしれない。こういう一例もありました、という紹介程度に思ってください。
 もっと詳しい各種情報やお医者さんなどで確認してね。

 
関連記事
20:51  |  めざせ東大 !?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop