FC2ブログ

【JAZZ】 2011.05.20 (Fri)

リアル・マッコイ・タイナー

リアル・マッコイ


のっけからチンチンに沸騰するドラムス!

洗練とは無縁のアフロイズムが、鍵盤の上を踏み荒らす。

魂の咆哮、That's エキサイティング!

ジャズ・ピアニスト、マッコイ・タイナーの代表作 『ザ・リアル・マッコイ』。1967年。


タイナーといえば、偉大なジョン・コルトレーンの黄金期を支えた 「次元大介」 のような名・相棒。

一方で評論家は、彼個人を 「目新しさはない」 とか 「時代を進んでいない」 とかケンもほろろだが、

コルトレーンの先進・創造性と比べられても困るというもの。


それに 「古い」 ったって、現代人からすればどちらも半世紀前の演奏。 いま言われても、だ。

『リアル・マッコイ』 のようなジャズ本来の魅力、プリミティブ(原始的)な興奮を等しく評価してほしい。


急速に 「芸術化」 していくジャズの潮流にあって、ファンキーなハード・バップしかできなかった男と、

そんな楽しいジャズを心から楽しんでいるメンバーの一体感。

ほほえましいじゃないか。 大好きな1枚です。


  マッコイ・タイナー (piano)
  ジョー・ヘンダーソン (tenor sax)
  ロン・カーター (bass)
  エルヴィン・ジョーンズ (drums)



・・・いいなあ! シブいなあ!

ルパンや次元というより、みんな銭形のとっつぁんだ。

1曲目 『パッション・ダンス』 なんか景気よくって最高!


『リアル・マッコイ』 Amazon試聴ページ

 
関連記事
22:52  |  JAZZ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop