FC2ブログ

【JAZZ】 2009.09.23 (Wed)

ディジー・ガレスピー the real

 
ジャズの秋です。

「ビ・バップ」 を生み、モダン・ジャズ時代を切り拓いた両巨頭・・・

ディジー・ガレスピー (tp) とチャーリ-・パーカー (sax)。


天才にして芸術家肌、早くに亡くなり神格化されたチャーリー・“バード” にくらべ、

派手なパフォーマンスで大衆的な人気面を受け持ったガレスピーは、

今では過小評価されているジャズマンのひとり。


黒縁メガネにベレー帽、ヤギひげ、カエルのように膨らむ巨大ほっぺた、そして上に曲ったトランペット。

ジャズマンが 「芸人」 だった時代の人なので、そういう 「ウケ」 に走ったのだろうが、

今となってはどうしても 「けれん」 に映ってしまう。


しかし、NHK-BS 『タモリのジャズ・スタジオ』 という、10年ほど前のスペシャル番組で紹介された映像・・・

 【YouTube】 Dizzy Gillespie Quintet - Tin Tin Deo

・・・ベース1本だけを従えて、クールなミュート(消音器)・トランペットを聴かせる!


この番組では名だたるジャズ・ジャイアントたちの貴重な映像を紹介していたが、

このガレスピーが意外?な一面を見せた演奏に一番しびれた。

クールならカッコいい、というのは偏見かもしれない・・・でも、やっぱりかっこいい!

この番組はビデオに永久保存版にして大事にとってある、ぼくの宝物です。

 
関連記事
23:44  |  JAZZ  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nacchann0904.blog115.fc2.com/tb.php/108-908a939d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop