FC2ブログ

【  ベランダでメダカ】 2020.09.19 (Sat)

メダカだより2020秋

P1090255.jpg


ベランダ水槽のメダカたち、今年もたくさん稚魚が生まれました。

その数10匹超。

でも親世代も同じくらい死んでしまったので、総人口は30匹前後。あまり変動なし。


水槽は、スーパーでもらえる一番大きな発泡スチロール箱なんですが、やっぱり窮屈なのかなあ。

長年、全10匹前後の光景に慣れているので、これでいいのかどうかまだ分かりません。

それでも、稚魚が育たなくて四苦八苦していた時代を思うとうれしい誤算です。


8月中には枯れてしまった水草ホテイアオイを除去したら、だいぶ開放的になりました。

メダカたちも、春先のように逃げたり隠れたりせず元気に泳ぎ回っています。


8月だけが極端に暑かった今年の関東地方、ぼくが開発した「メダカ天気予報」によると、

今のほどほどの秋のぐあいは10月中も続いてくれそうです。

信じるかはあなた次第。「メダカ天気予報」の研究成果は機会があれば・・・。

 
関連記事
20:42  |    ベランダでメダカ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【『ガラスの仮面』全巻】 2020.09.13 (Sun)

ガラスの仮面第28巻≪狼少女ジェーン≫

 美内すずえ 『ガラスの仮面』 第28巻 ≪紫の影(1)≫

ガラスの仮面~マヤ(白目・光)

 【『ふたりの王女』 千秋楽】

 亜弓 「おつかれさま アルディス」 マヤ 「おつかれさま オリゲルドお義姉(ねえ)さま」 ――

 ――舞台 『ふたりの王女』 は大盛況のうち千秋楽。マヤ、「亜弓さんのオリゲルドにはかなわなかった」 が、真澄と “紫のバラのひと” の両方から祝福され、出演依頼が山のように舞い込んでくる。

 無人の劇場で語り合うマヤと亜弓。 亜弓、努力の末に 「演技ではなく別の人間になりきった」 初めての感動にひたるが、「いつもそうだ」 というマヤの才能に衝撃を受ける。(亜弓 「甘かったわ 北島マヤ こわい子…!」


 マヤはやっぱりすごかった。こまかい理屈を並べられるより、このシーンだけでばっちり伝わった。
 亜弓 「あなたの前でわたしはいつも敗北感を覚える 勝利に酔っているようなときでさえ…!」 ←こういうセリフ回しも好き。



 【マヤと真澄のプラネタリウム】

 真澄、望まない縁談が進む中、マヤを無理に誘ってのささやかなデート。『アンナ・カレーニナ』 観劇、真澄の少年時代の思い出がつまったプラネタリウム、神社の縁日、高級レストランでディナー・・・。マヤ、冷血漢・真澄が見せるあたたかさに戸惑う。(「真実がみえない…」


 いよいよ 「白目」 のオンパレード! ほぼ2ページに1白目。(21ページ中10か所)

1.マヤ、おもちゃの笛を吹く真澄を見つめ、「速水さん…」「きょうあたしをさそったのはなぜですか…?」
2.真澄、「おれと一緒ではつまらないか?」「いいえ」 を受けての 「それならいい」
3.マヤの独白 「あなたの心をおしえてください…!」 に対する真澄の目。
4.・・・その隣のコマ。同じく真澄。
5.行方をくらました月影、置手紙の中の目。
6.マヤ、月影の失踪を悲しんで。
7.・・・その次ページ。マヤ、背後から真澄に語りかけられて。
8.真澄、マヤから亡母の二の舞だけは許さないと責められて。
9.・・・その隣のコマ。同じく真澄。
10.真澄、「おれは一生 影でいるしかない…」


 ≪今週の月影先生≫
 舞台での熱演がたたって体調を崩すが、半年間は絶対安静と言われて行方をくらます。実は 『紅天女』 の作者・尾崎一蓮との思い出がつまった 「紅天女のふるさと」 と呼ぶ場所に向かっていた。




 【狼少女ジェーン】

 仕事に厳しい「鬼才演出家」として恐れられる黒岩龍三登場。新作舞台劇 『忘れられた荒野』 の主演女優を探す彼は、アルディス姫を演じたマヤに目をつける。
 マヤに与えられた役は、野生の狼に育てられた「狼少女ジェーン」
 黒岩、ボロ雑巾を肉に見立ててマヤをしごく。・・・が、マヤは 「月影先生の稽古ではこんなの あたりまえでしたから」 と何食わぬ顔。
 マヤ、狼少女になりきって生活。

 真澄、ついにお見合いの席へ。相手の女性 (鷹宮紫織) が後ろ姿で初登場。真澄の縁談を知ったマヤ、はげしく動揺する (「あたしいったい」「どうしたのよー!」)。

 出演者の顔合わせの日。相手役のスチュワート博士に起用されたのは・・・桜小路優


 鬼才演出家・黒岩龍三初登場。なんでお姫様の演技を見て狼少女にピッタリと思ったかは・・・あ、あんまりツッコむまい・・・。

 黒岩のしごきにも笑顔のマヤには恐れ入りました・・・
 ・・・が、この頃になるとマヤの人並み外れた才能は常態化 (ふつうになり) し、周囲からの奇抜な仕掛け・働きかけで話を盛り上げるしかなくなっていく (「ニュータイプ」 編に突入した 『ガンダム』 や、超サイヤ人が 「バーゲンセール」 化した 『ドラゴンボール』 などなど)。そのぶん初期の高度成長の迫力や興奮は薄れていく。

 おぉ、桜小路くん久しぶり! キャラクターの再利用がうまいなあ、と (この時は) 感心した。(のちに冗長な三角関係になってがっかりした。)

 
関連記事
22:38  |  『ガラスの仮面』全巻  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【JAZZ】 2020.09.07 (Mon)

夏の終わりに、熱いジャズ・オルガンをどうぞ

ジャック・マクダフ『ソフィスティケイテッド・ファンク』
『ソフィスティケイテッド・ファンク (1976)』

夏の終わりに、ソウルフルなジャズ・オルガンをご紹介。

“ブラザー” ジャック・マグタフ

おもに1960年代以降、いわゆる「ジャズ」とだけ呼ばれていたものから、「ソウル」「ファンク」「ロック」

そして「フュージョン」へと多岐に広がっていった時代に活躍した人です。


  【YouTube】 Jack McDuff 検索ページ


ぼく自身、この時代のブラック・ミュージックは完全にソウル寄りになっているため、

彼のことはほとんど知りませんでした。ジャズ・オルガンの脂っこさも長く好きじゃなかった。

でももっと泥臭いソウルにも触れるようになると、だんだん分かるように。


 『スクリーミン (1962)』
 (前に記事にした、)ジャズ・オルガンの第一人者ジミー・スミスをもしのぐ、ゴリゴリのギトギト味。サイドメンたちもまぁ下品。 ここでも名手ケニー・バレルの上品なギターだけがお口を潤してくれます。
 でもクセになるとやめられないんだよなあ、この脂身! 最近はこのくらい高カロリーな方が好きです。


 『ソフィスティケイテッド・ファンク (1976)』
 貞操帯のレコ・ジャケが挑発的! (上の画像)
 音楽は、その名のとおりだいぶ「洗練<ソフィスティケイト>」されてきて、もはや「スムース・ジャズ」の部類に入るのだろうか。
 ぼくにとってマクダフの音楽といえばこのイメージ。ジャケットに釣られた「初マクダフ」がこれ。CD化はされてないみたいなのが残念。


 『ムーン・ラッピン (1969)』
 これはファンク全開でカッコいい! 盟友ジョー・デュークスの乾いたドラミングも個性が効いてる。
 一方で、今ひとつメジャーになりきれない、ローカルっぽい(正直言ってサイドメンは上手くない)ところがまたマニア心をくすぐります。

 しかしブルースからファンク、スムースまで、10年そこらで人をここまで変えた時代の流れよ。激動の'60年代を思う・・・。



・・・ほか、彼のバンド出身の名ギタリスト、ジョージ・ベンソンとの師弟共演作も有名らしい。

けど1964~65年の 『ジョージ・ベンソン&ジャック・マクダフ』 は、土臭すぎて好みじゃなかった。

(もはやジャズじゃなくなった)ベンソンは聴かずに育ったのでこれは初めて知りました。

 
関連記事
18:55  |  JAZZ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【  ドラクエ5】 2020.09.01 (Tue)

ドラクエ5冒険記⑦/テルパドール~チゾット山越え

(7.テルパドール~)
 スーパーファミコン(SFC)版 『ドラゴン・クエスト5/天空の花嫁』 の冒険記。 結婚後、海を渡りグランバニアに着くまで。
 ダンジョンマップなど詳細は外部『攻略大作戦』さんほか参照を。

ドラキー(20)

 【テルパドール】 (※ルーラ不可)
 南の大陸、砂漠の王国。 伝説の防具 「てんくうのかぶと」 をまつる。
 ――この国の始祖は 「かつて勇者のお供をしていて、この地に落ち着き国をつくった」 という。前作 『Ⅳ』 のことだろう。
 現女王アイシスには予知能力があるので、先祖はⅣサントハイム王女アリーナ? それとも占い師ミネアかな? 地形は砂漠があったサントハイム大陸に似てなくもないけど、地図上ではマ&ミ姉妹のモンバーバラ大陸に近い場所に位置している。本作ポートセルミの人気踊り子クラリスの実家もある(マーニャの子孫??)。 でも容貌はミネア有色系からアイシス白人系へとだいぶ違う。(攻略本より。なおリメイク版ではエジプト女神イシス(=アイシス)に近い有色人種に変えられたそう。「イシスだけど白人」ってところが謎をこじらせていてかえって上手いと当時思ったんだけどな。)
 ・・・まぁ事実はあえて濁してつくったのでしょう。あれこれ推理してみるのも楽しいものです。


 ≪テルパドールのおもな買い物&宝物≫
△シルバーメイル/主子F+40、4800G。
ちいさなメダル1/地下庭園の井戸前。
あくまのツボ/台所の右ツボ。確率1/8で「ちいさなメダル」を落とすので、避けずに倒そう。

※フローラと結婚した時のみ、ルドマンから2000Gの援助。



 【砂漠のほこら】
 砂漠東のオアシスの中に、老人が暮らす小屋がある。

ちいさなメダル1/ツボに。


 <仲間> キングスライム、ベホマスライム


☆  ★  ☆


 【メダル王の城】 (※ルーラ不可)
 南の大陸。「ちいさなメダル」 を貴重なアイテムに交換してくれる。 「預かり所」 もある。

 (※詳細は記事下の 【続き…】 に。)
 宝箱・・・てっかめん (さいごのカギ宝箱「黄金のティアラ」&メダルは後日)


 <仲間> スライム、ベホマスライム、キングスライム


☆  ★  ☆


 【ネッドの宿屋】 (※ルーラ
 東南の大陸。グランバニア山越えへの起点。入ってすぐに宿屋と教会があるので、今後のゲームの拠点にもなる。
 <仲間> ドラゴンマッド


 【チゾットへの山道】
 いよいよ本作最難関「グランバニアへの山脈越え」、その前半戦。心してかかろう。
 不気味なばあさん家で一泊すると・・・主人公のちからが5pアップ!
 山道を登りきった洞窟部1F、焚き火ガイコツをしらべるとデッドエンペラーが出現。

 ≪チゾット山道のおもな宝箱≫
ちいさなメダル3(+1*)/宝箱等で3つのほか、ばあさん家の右ツボ「あくまのつぼ*」から確率1/8で。


 <仲間> ドラゴンマッド



 【チゾット】 (※ルーラ不可)
 山脈越えの中継地。妻が倒れて自動的に一泊。

 ≪チゾットのおもな買い物・宝箱≫
まどろみのけん/主子ピFHJMOP+55、敵を眠らせる、6300G。主人公に。
ほのおのツメ/ADN+53、ギラ効果、4700G。ドラゴンマッドやキラーパンサーに。

ファイトいっぱつ/武器屋のツボ。味方ひとりにバイキルト効果。
ちいさなメダル1/民家のたる。
※フローラと結婚した時のみ、ルドマンから「水のはごろも(妻娘ABGIK+55)」の援助。



 【グランバニアへの洞窟】
 さらにしんどい山越え後半戦。
 途中でリレミトしたらチゾット村(またはグランバニア側入口)に出る。外壁部でルーラは使えない。

 ≪グランバニア洞窟のおもな宝箱≫
×さまようよろい/仲間モンスター専用のよろい。同名の魔物と同じ能力になる呪いアイテム。着脱は自由。
ちいさなメダル3+3(+2)/宝箱で3つ、必ず落とすミミック(※本作初登場)から3つ。
                さらに人食い箱から確率1/8で最大2つ。
・・・ほか「てんばつの杖」「せかいじゅのは」、Gや種など。


 <仲間> ドラゴンマッド、ミニデーモン、はぐれメタル、メッサーラ


 ・・・次回は、ついにたどり着いた主人公の故郷グランバニア。そこで待ち受ける運命とは!?
 「坊っちゃん!今までかくしていて すみませんでした!」
 
関連記事
23:36  |    ドラクエ5  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑