FC2ブログ

【クラシック音楽】 2020.08.05 (Wed)

ベームとウィーンフィルのベートーヴェン


カール・ベーム
 久々に大指揮者カール・ベームの演奏を聴きました。
 1977年、最高の伴侶ウィーン・フィルとの来日公演。こんなぜいたくなカップリングがあっていいものなのか!
 曲はベートーヴェン『レオノーレ序曲第3番』


  
  【YouTube】Beethoven "Leonore" Overture No. 3/Böhm Wiener Philharmoniker


 あぁ、これこれ! これぞウィーン・フィルの音!
 老ベームはほとんど棒を振っていないのに、オケは見事に機動し、鳴ってくれます。『レオノーレ』といえば派手な盛り付けでサービスしてくれる演奏が多い中、名人のそば屋のような無駄のない所作。

 いちいち細かい指示やアクションを見せなくとも、長年の蓄積と準備があって呼吸と思想を完全に共有し、最上の能力を発揮してみせる――。音楽に限らず、組織を 「指揮」 するってこういうことなんだなあ、と図らずも教えられました。

 戦後ドイツ・オーストリア音楽界の重鎮として確たる地位を築いたベームさん、YouTube関連動画にあるインタビューではウィーンpo.とベルリンpo.の違いに触れ、ベルリン・フィルを 「プロシア的」 と評していたのがなるほど腑に落ちた。厳しく訓練・組織され、誰が振っても一定の結果を出すのがベルリン気質。ヘタが振ると途端に見くびって鳴らなくなるのがウィーン気質、というわけだ。


 あと、このたび 「動くカール・ベーム」 を見て、譜面台を置かない「暗譜」でやっているのも驚いた。この短い曲だけでなく他の交響曲クラスでも。 ドイツもののものさし・お手本にされるくらいドイツ音楽を体現した者の「自家薬籠中」ってやつなんだろう。

 この日の演奏会の本番は別の交響曲で、こっちは刺身のツマみたいなものなんでしょうが、むしろこの 『レオノーレ』 のほうに感動しました。

 
関連記事
22:22  |  クラシック音楽  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑