FC2ブログ

【このアート!】 2019.11.12 (Tue)

美人画の巨匠・鏑木清方

鏑木清方
(東京国立近代美術館HPより拝借)

東京国立近代美術館の美人にひと目惚れしました。

鏑木清方(かぶらききよかた)作、『築地明石町』。1927年。(画像中央)


見返り美人のやわらかい曲線。その品と色気。

お召しものもすてき。

柵にからみつく朝顔。後方には帆船のマストがうっすらと見える。

楚々としていても深窓の山の手マダムとは違う、朝夕にぎわう商人の街の活きた身のこなしと、

磨きあげた趣味の良さ、センスの新しさを感じます。


近代美人画の第一人者・清方の代表作でありながらしばらく行方不明だったが、

このたび発見されての晴れてお披露目あいなったとか。


上の画像、「三部作」と呼ばれる 『新富町』 の傘を開く芸者、『浜町河岸』 のあどけない少女も、

無理にトリオを組ませるのはもったいない、ソロで売り出せるだろうにの別嬪ぞろい。

(コーディネートが粋でおしゃれ!)


ほか、季節のひとこまを12幅につづった 『明治風俗十二ヶ月』 も、

懐かしさとハイカラ両方の風情にあふれていて、いつまでも見飽きることはなかった。

近代日本画に疎かったぼくには、掛け軸に合わせたタテの構図も新鮮でした。


今までポスターや小説の挿絵など、大衆芸術のイメージくらいしかなかった清方ですが、

大きな感動とともにその真髄を知らしめてくれました。 ルノワールの 『イレーヌ嬢』 以来の恋。

 
関連記事
18:51  |  このアート!  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑