FC2ブログ

【このアート!】 2019.11.12 (Tue)

美人画の巨匠・鏑木清方

鏑木清方
(東京国立近代美術館HPより拝借)

東京国立近代美術館の美人にひと目惚れしました。

鏑木清方(かぶらききよかた)作、『築地明石町』。1927年。(画像中央)


見返り美人のやわらかい曲線。その品と色気。

お召しものもすてき。

柵にからみつく朝顔。後方には帆船のマストがうっすらと見える。

楚々としていても深窓の山の手マダムとは違う、朝夕にぎわう商人の街の活きた身のこなしと、

磨きあげた趣味の良さ、センスの新しさを感じます。


近代美人画の第一人者・清方の代表作でありながらしばらく行方不明だったが、

このたび発見されての晴れてお披露目あいなったとか。


上の画像、「三部作」と呼ばれる 『新富町』 の傘を開く芸者、『浜町河岸』 のあどけない少女も、

無理にトリオを組ませるのはもったいない、ソロで売り出せるだろうにの別嬪ぞろい。

(コーディネートが粋でおしゃれ!)


ほか、季節のひとこまを12幅につづった 『明治風俗十二ヶ月』 も、

懐かしさとハイカラ両方の風情にあふれていて、いつまでも見飽きることはなかった。

近代日本画に疎かったぼくには、掛け軸に合わせたタテの構図も新鮮でした。


今までポスターや小説の挿絵など、大衆芸術のイメージくらいしかなかった清方ですが、

大きな感動とともにその真髄を知らしめてくれました。 ルノワールの 『イレーヌ嬢』 以来の恋。

 
関連記事
18:51  |  このアート!  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【『ガラスの仮面』全巻】 2019.11.06 (Wed)

ガラスの仮面第14巻≪「鬼千匹」の芸能界≫

 美内すずえ 『ガラスの仮面』 第14巻 ≪華やかな迷路(2)≫
 本巻から1980年代へ(コミックス発売日)。

ガラスの仮面~マヤ(白目・光)

 【スターへの階段】

 共演の里美茂に恋をしたマヤと、恋をしたことがないと見抜かれた亜弓…。
 亜弓は 「間 進(はざますすむ)」 という無名役者に接近して恋の表現を盗んでいくが、マヤはまるっきり演技ができなくなってしまう。


 もてあそばれた間進くんの立場、他人事には思えません。あぁ罪な亜弓さま…。(次15巻ではベテラン俳優・田口剣に接近。あぁ亜弓さま…。)
 ちなみに 「間進」 という名前は、当時絶頂を極めた吉本新喜劇の二枚看板 「間寛平」 と 「木村進」 からきてるんだろう。美内先生は大阪の人だから。


 大都芸能社による怒涛のマヤ売り出し計画。水城がマヤの正マネージャーに (「あなたはスターになるのよ!」)。マヤと里美の恋を知った真澄の 「白目」。
 真澄、北島母娘の 「感動の再会」 を演出するため、地方で療養中のマヤ母を軟禁状態に置く。
 こうしてマヤ、たちまちお茶の間の人気者になり、里美ともさらに親密に。天性の明るさと向上心で、恋わずらいもうまく乗り越えるのだが…。

 野暮ったい女優の卵・乙部のりえ登場。甲斐甲斐しくマヤの世話を焼いたり、意地悪なライバルにマヤのすごさを教えたりする。


 ぼくは2割くらい、「乙部のりえ」 の正体は亜弓だと思っていました。あとの4割は絶体絶命のマヤを救ってくれる正義の実力者か。…甘かった、はずかしいわ!



 【いじめの日々】
 以下、マヤを恨む人リスト。傍若無人な大都芸能のやり方だと、恨まれて当然? それでも元気と笑顔を貫こうとするマヤがけなげでけなげで…。話はハードだが、マヤの不屈の明るさでかなり救われた。

 ≪里美茂親衛隊
 里美と交際するマヤへの嫉妬。
 (次15巻) マヤに集団で暴行を加えるが・・・
 ・・・真澄に撃退される。(やっつける真澄のポーズがカッコよすぎて笑える。)

 ≪吉川みどり (下積み女優)≫
 マヤ売り出しのあおりを受け、大河ドラマ 『天の輝き』 の出番を削られる。
 マヤの衣装のエリにカミソリを入れるが・・・
 ・・・マヤの気高い演技力と、素の無邪気な笑顔に感服 (「不思議な子…負けたわ…」)。

 ≪巴万里 (アイドル歌手) とそのファンクラブ≫
 映画 『白いジャングル』 の初主役をマヤに奪われる。
 ファンが大都芸能の車を破壊し、マヤに抗議文。お手玉の糸を抜く。(バケツは違う)
 ・・・万里、マヤの素直さ (「あたし、お芝居が好き…」) と、お手玉が破れてもミカンでやり抜く舞台度胸に感服 (「あの子なら許せる」)。万里に叱られてファンクラブも謝罪。

 ≪山崎竜子 (大女優)≫
 長年つとめた 「日向電機」 のCMをマヤに奪われる。
 (次15巻) マヤの演技を酷評しようとするが・・・
 ・・・真澄から別の大きなCM出演に誘われてコロッと機嫌を直す。


 しかしまだまだ、「マヤのポスターを破損」 「パイにガラス片(文庫版8巻ラスト)」 「船のマストのネジが抜かれ、あわや転落」 「人力車の踏み板が外れる」 「くしに接着剤」 「タオルにコショウ」 「バケツが落ちて水びたし」・・・
 ・・・「いったい誰のしわざなの…?」

 
関連記事
22:54  |  『ガラスの仮面』全巻  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑