FC2ブログ

【ニュース&カルチャー】 2019.07.20 (Sat)

アポロ月面着陸50周年

ニール・アームストロング(加工)


1969年7月20日(UTC標準時)、アポロ11号が人類初の月面着陸に成功。

それからちょうど50年、あちこちのメディアで特集が組まれにわかに再注目されているが、

その船長ニール・アームストロングの人柄と人生に惹かれた。


飛行機にあこがれ、空軍を経てNASAにテストパイロットとして入ったこと。

大空を駆ける命知らずな猛者たちの中で、冷静沈着・技術者肌の異色な存在だったこと。

幼い娘を病で亡くし、失意の日々・・・。 宇宙飛行士の試験に応募しそこねるが、

NASAのほうが待ちかねて声を掛けてくるような逸材、

「最初の男<ファースト・マン>」 になるべくしてなった逸材だったこと。


――そして、月着陸の瞬間へ。

「アメリカの誇り」 を強調するニクソン大統領からの電話通信に対し、

「ただアメリカ一国だけではなく、平和を望むすべての人類を代表して」 と返した場面は、

米ソ冷戦やベトナム戦争の時代を超えて、普遍的な視野の高さを教えてくれる。

(ひるがえって、東京五輪開会式の晴れ舞台でこう明言できる日本国民はたったひとりでもいるか??)


後年は英雄視されることを嫌い、いち技術者として現場に立つことを望むも世の“人類”が許さず、

名声から逃れるかのように第一線を退き、静かな余生を送った。2012年、82歳で没。



歴史的偉業から50年のいま、自国の利益や民族の血だけにとらわれ破壊と分断を広げる人類は、

飛躍どころか停滞、後退すらしているように映る。

破壊され手遅れになるのはオゾン層だけではない。危機に瀕した人類の良心と自由も守られることを

望む。


(下の 【続き・・・】 に、有名な「宇宙計画もの映画」の感想いろいろ。)
関連記事
00:03  |  ニュース&カルチャー  |  コメント(2)  |  EDIT  |  上へ↑