FC2ブログ

【画像一覧】 2019.01.31 (Thu)

2019年1月の画像一覧

≪2019年1月の画像一覧≫

ブルース・リー『死亡遊戯』 ブルース・リー『死亡遊戯』2
『死亡遊戯』 にうっとり


サントリーローヤル・ランボオ編
ザ・王道、サントリーローヤル


SAスパーズ
【NBA2018-19】 スパーズ前半戦


ルーベンス展
ルーベンス、王の画家にして画家の王


2019亥 
謹賀新年2019亥

 
関連記事
00:19  |  画像一覧  |  EDIT  |  上へ↑

【全世界音楽】 2019.01.26 (Sat)

『死亡遊戯』 にうっとり

ブルース・リー『死亡遊戯』
(サントラ盤)

 ブルース・リーの 『死亡遊戯』。1978年、香港。
 リーの急逝(1973)により、代役を立てて無理やり完成させたいわく付きの映画。
 「ブルース・リーと言えば」 な、あの黄色と黒ラインのトラックスーツ! お話はどうでもよかったけどリー(本物)のカッコよさは永遠!


 音楽は巨匠ジョン・バリー。
 勇壮なブラスと流麗なストリングスのテーマ曲、これもカッコいい! へんなアジア趣味が入ってる 『燃えよドラゴン(ラロ・シフリン作曲)』 より好きかも。

 そしてエンディングの主題歌 『Will This Be The Song I'll Be Singing Tomorrow』(YouTubeへ)
 雰囲気がらっと変わって、ここだけ 『007』 の主題歌みたいにしっとりと。バリーさんは 『007』 歴代主題歌の作曲者*でもあるので、そのまんまのイメージで作ってもらったのでしょう。(*有名なopの♪デンデレレンレン…「銃口<ガンバレル>シークエンス」は別人の作曲。)
 歌うは、劇中のヒロイン役もつとめたコリーン・キャンプ。


   「明日もこの歌を歌っているかな
   それは喜びの歌? 熱く夢中にさせる歌?
   それとも沈黙に変わって、忘れられた過去だけが残るのかしら」



 作詞もバリーによるもの。わざと難しい言葉や言い回しを使っていて、とても歌いづらい。この人の詞はあまり上手くない。
 でもメロディの美しさは、美しいメロディで知られたジョン・バリー作品でも白眉。いや、東西の全バラードの中でもマイベストに認定します! 誰か歌い継いでほしいなあ。詞がよければなあ。
 うっとりも永遠・・・。
 
関連記事
20:43  |  全世界音楽  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2019.01.20 (Sun)

ザ・王道、サントリーローヤル

サントリーローヤル・ランボオ編
(「陶器 金継ぎ」で検索を)


ジャパニーズ・ウィスキーの王道、「サントリーローヤル」を頂戴しました。


今も昔も変わらない、どっしりと角ばったボトル・・・

漢字の「酒」のつくりで、創業者・鳥井信治郎にもちなんだ 「酉」 という字をかたどってるんだとか。

はじめて知った。


それから何年ぶりかに飲んで、思わず叫んでしまった懐かしい味!

頭抜けた個性があるわけではないけど、真ん中を行きながらも鮮烈な記憶を呼び覚ます味わいは、

王道が王道たるゆえんでしょう。 甘く燻んだチョコレートの香り。


あと、テレビCMも子供の頃あこがれたなあ。ランボオ、ガウディ、マーラーの3編。【YouTube検索】

怪異な大道芸人が砂漠を闊歩する「ランボオ」編は、自分史上1位のテレビCMです。

わけ分からんけどカッコいい!


何十回目かの成人式、少しは近づけたか、こんな男に。

(じつはランボーの詩にだけはハマらなかった・・・。)

 
関連記事
08:12  |  ぐるめ…?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【  NBA】 2019.01.14 (Mon)

【NBA2018-19】 スパーズ前半戦

SAスパーズ

 過密スケジュールが緩和されたおかげで、NBA2018-19シーズンは早くも公式戦全82試合の折り返し地点(オールスター戦は例年通り2月)。
 昨季の王者ウォーリアーズに往時の勢いがなく、レブロンなき後のキャブスが(予想通り)ダントツ最下位と栄枯盛衰きびしい中、今季も変わらないのがひいきのサンアントニオ・スパーズだ――。


 そんなスパーズだが事実上のチーム解体、残念なニュースが続いた。
 チームを出たがっていたエースのクワイ・レナードダマー・デローザン(ラプターズ)とついにトレード。デローザンは数字上は優秀だが、「チームを勝たせるエース」失格の烙印を押された男だ。いまスパーズは勝率5割前後、レナードが新天地トロントで堂々イースト首位を争っていることからも明暗は歴然。悔しかったら雪辱を。

 シュート絶不調のダニー・グリーンもレナードと一緒にラプターズへ。 そして旧「ビッグ3」のふたりトニー・パーカーは若いホーネッツへ最後のひと花移籍し、不惑のマヌ・ジノビリは引退。・・・この3人は力が落ちていたので仕方ないと思う。

 若き頭脳派カイル・アンダーソンと再契約しなかったのは残念。グリズリーズの10億円提示に勝てなかったからだそうだが、チーム危機の今こそ彼の出番だと思っていたのに (15億円の老雄パウ・ガソールを処分する方が先でしょうよ)。カイルは堅実なグリズリーズに合っているので、いま先発で活躍しているのが複雑なうれしさだ。


 一方、3ポイント砲手マルコ・ベリネリが出戻り。うれしいけどむしろ、なぜ脂の乗った最盛期に彼を放出していたのか。
 無名の若手ブライン・フォーブスが、新・長距離砲手として化けたのは一番の光明。先発として平均得点2ケタ、3p%4割台は立派立派。ラトビア代表ダヴィス・バータンズもリーグ上位の高確率。スパーズの裏番長?パティ・ミルズもスリーは得意。
 ただし撃てる人数が限られており、チーム3p%はリーグ首位の4割越えなのに投げる総数は最低(最多ロケッツの半分強)。3ポイント全盛の時代に乗り遅れているだけに、もっと撃って相手に脅威を与えたい。それができないならインサイドでしっかりボールを支配するか。

 ところがそのインサイドが今季も迫力不足。パウ・ガソールが老齢で故障がちなうえ、カイル・Aも移籍。まともな駒は今季もラマーカス・オルドリッジだけ。往年の点取り屋ルディ・ゲイが頑張ってくれて何とか体裁を保っているのだが。
 いま資金面に余裕はないだろうから、スパーズらしく地道に発掘し育てていくしかないだろう。


 年明け1月時点のウェスタン・カンファレンスは、サンズ以外14球団が勝率5割前後で10差内にひしめく超・混戦。上位に並ぶエースたちの顔ぶれを見ると新しい名前ばかり。急に世代交代が進んだ印象だ。
 群雄割拠は望むところ。優勝欲しさにスターがつるみ合うレブロン~デュラント時代が終わってくれるのなら大いに結構。

 スパーズ今季の目標は 「勝率5割」 「プレイオフ出場」 がやっとかな。名将グレッグ・ポポヴィッチHCの戦術・運営ならハズすことはないと思うが、まれに見る混戦だけに油断はなきよう。

 
関連記事
16:42  |    NBA  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【このアート!】 2019.01.07 (Mon)

≪このアート!≫書庫もくじ

  ≪美術≫書庫もくじ

  レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500年
  ルーベンス、王の画家にして画家の王
  かわいい『酒を飲むバッカス』(末恐ろしい)
  ルノワールの美少女『イレーヌ嬢』
  
  ぼくの「怖い絵」・・・ドレの神曲
  雨の『運慶』展
  圧巻!『赤ん坊1700人のコラージュ』
  ピカソの陶芸
  バロックの革命児カラヴァッジョ

  ブリューゲルのおしり星人
  光琳の「燕子花」と「紅白梅」
  ウフィツィといえばボッティチェリ
  アンリ・ルソーの 「子ども」 絵
  水墨画の秋

  ソール・バス×Google!!!!
  ウィリアム・モリスはお好き
  ジャクソン・ポロック展
  ジョジョ立ちロダン
  デ・ホーホ・・・明日のフェルメールはきみだ!

  琳派ビッグ・スリー
  酔っぱらいとカンディンスキー
  北斎250歳
  ロートレックと野口久光~仏ポスター展
  阿修羅vsルーヴル

  ジョアン・ミロ展
  ピカソ展とフェルメール展
  『対決-巨匠たちの日本美術』展
  東大寺の四天王
  東大寺法華堂オールスターズ

  新薬師寺の超サイヤ人
  向源寺・官能の菩薩像
  フェルメール『牛乳を注ぐ女』展
  たすけて!小松崎茂
  モネ『日傘の女』
 
関連記事
20:26  |  このアート!  |  EDIT  |  上へ↑

【このアート!】 2019.01.06 (Sun)

ルーベンス、王の画家にして画家の王

ルーベンス展

 肉が波打つ豊満な裸体、大画面いっぱいに躍動する人間と神々のドラマ・・・。バロック派絵画の頂点に立つオランダの画家ルーベンス。
 巨大工房をかまえてチームによる超大作と大量生産を実現。スケールの大きな作風はヨーロッパ各国の王に愛され、自身はその名声を活かして王室から王室へと股にかける外交官としても活躍した、人呼んで 「王の画家にして画家の王」 だ。

 弟子の手が加わるためもあって、筆の跡も荒々しいものもあれば、写真と見まがうほどの細かい質感描写まで、一枚の絵の中ですら驚くほど豊かなバラエティ。後世のゴッホのような厚塗りを勝手に想像していたのは、そんな二次元には収まりきらない画力と生命力ゆえなのだろう。

 (下の【続き・・・】に彼の人生背景をまとめました。)

 アニメ 『フランダースの犬』で有名なアントウェルペン聖母大聖堂の 『キリスト昇架』。その体を斜めによじる構図は、バチカン蔵のこれも有名なギリシャ彫刻 『ラオコーン』 像に影響されて取り入れたという話は、歴史も宗教も国境も飛び越える彼の柔軟なフットワークの最たる例だ。(リンク先はDuckDuckGo画像検索。なおどちらも来日はムリ。)
 かと思えば、長女 『クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像』 に込めた輝かんばかりの愛情や、兄の子だという 『眠る二人の子供』 (上野で常設)のはちきれそうなプクプクほっぺまで・・・。

 古今「芸術家」といえば、ゴッホやセザンヌのような破滅的・破天荒な人が目立ち、そこに共感が集まってしまうものだが、ルーベンスのあまりに幸福で完璧すぎる人柄と人生に、かえって興味が沸いてしまった次第。

 上野・国立西洋美術館の 『ルーベンス展』。贅をきわめた奇跡の大広間に身を置けるのはあと2週間。
 (同時期の上野の森美術館のフェルメール展がホントひどかった(とにかく大混雑、フェルメール以外の作品の質の低さ、画面をツブすひどい照明、客の動線に無神経すぎるレイアウト演出、職員の運営・理解力の低さ・・・)せいで、余計にありがたみを感じました。
 
関連記事
10:39  |  このアート!  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【★特別企画★】 2019.01.01 (Tue)

謹賀新年2019亥

2019亥

あけおめことよろ

 
関連記事
12:00  |  ★特別企画★  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑