FC2ブログ

【京都・奈良&和ふう】 2018.06.01 (Fri)

「大名茶人・松平不昧」 展

『松平不昧展』三井記念館


「大名茶人・松平不昧」 展に行きました。東京日本橋の三井記念美術館。


松平不昧(ふまい)は江戸中期の松江藩主。

茶道具など良質の文化産業を育て、その「付加価値」ビジネスで藩財政を立て直した松江中興の祖。

今2018年で没後200年だそうです。


ぼくにとって不昧といえば、長次郎の赤楽茶碗 「無一物」。

やっぱり後の光悦のスタイリッシュな赤楽とはひと味違う、元祖の武骨な重量感。 本物だー!

自分がルパン三世なら真っ先に、盗んででもほしいのが長次郎の楽茶碗です。

まあ今回は勘弁しといてやるが。


ほか、上のポスターにもある井戸茶碗 「喜左衛門」 や、(有名なこれも不昧ゆかりだったのか)

中国宋の画家・牧谿(もっけい)や梁楷(りょうかい)の水墨画が見られたのも眼福。


為政者としての評価は賛否両論あるようですが、

ベラスケスやエル・グレコを育てたスペイン・ハプスブルク家の歴代王みたいに、

自分の好きなことをビッグ・ビジネスにできた幸せな人だったのでしょう。お殿さまはいいなあ。


いい休日のいい滋養になりました。

 
関連記事
21:34  |  京都・奈良&和ふう  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑