FC2ブログ

【画像一覧】 2018.03.31 (Sat)

2018年3月の画像一覧

≪2018年3月の画像一覧≫

H・ハンコック『マン・チャイルド』
これぞ'70年代ファンク! ハービーの『マン・チャイルド』


ルノワール『イレーヌ嬢』
ルノワールの美少女『イレーヌ嬢』


スライム(20)
ドラクエ6冒険記≪10-c.ガンディーノ~下ライフコッド≫


『ヴェルレーヌ詩集』堀口大學
巷に花粉の降るごとく、わが心にも鼻たれる

 
関連記事
22:39  |  画像一覧  |  EDIT  |  上へ↑

【JAZZ】 2018.03.28 (Wed)

≪JAZZ≫書庫もくじ

  ≪JAZZ≫もくじ (※クリックすると新しいウィンドウで開きます。)

  真夏の夜にJAZZ<ボビー・ハッチャーソン>

  これぞ'70年代ファンク! ハービーの『マン・チャイルド』
  キース・ジャレットのスタンダードなジャズをどうぞ
  遅れて来たコルトレーン青の時代~没後50年
  アート・ファーマー “アート”の秋
  シェルブールの雨傘、ジャズ。

  JAZZスパルタカス/愛のテーマ
  真夏の夜にJAZZ <ウェザー・リポート>
  永遠の親指、ウェス・モンゴメリー
  サッチモでメリクリ
  ハービーの『ウォーターメロン・マン』

  『ムーン・リバー』をジャズ・メッセンジャーズで
  ミルト・ジャクソンの、ルパン三世ふうジャズ
  【追悼】 デイヴ・ブルーベック 『テイク・ファイブ』
  ジミー・スミスのジャズ煮込み
  ○○ & ジョン・コルトレーン

  電子マイルスの『On the Corner』!
  リアル・マッコイ・タイナー
  円熟の『ハウ・ハイ・ザ・ムーン』
  リー・モーガン『クリフォードの想い出』
  マイルスの『いつか王子様が』のコルトレーンが

  ディジー・ガレスピー The Real
  ジャズの風雲児F・ハバード、逝く
  バド・パウエル『クレオパトラの夢』
  マイルスの『枯葉』
  おやすみデビー

  ステファン・グラッペリ~なんにもない休日のジャズ
  ジャズ界のグランマELLA
  かもめのチック・コリア
  ミルト・ジャクソン~ルパン三世ふうジャズ
  フレディ・ハバードの?『処女航海』

 
関連記事
23:12  |  JAZZ  |  EDIT  |  上へ↑

【JAZZ】 2018.03.27 (Tue)

これぞ'70年代ファンク! ハービーの『マン・チャイルド』

H・ハンコック『マン・チャイルド』


現代ジャズ界の総大将ハービー・ハンコックのCD 『マン・チャイルド』 を買いました。1975年。

'73年の 『ヘッド・ハンターズ』 以降、エレクトリック・ファンク路線にも進みはじめた時代の一作。


1曲目 『Hang Up Your Hang Ups』 がめちゃくちゃカッコいい!

1970年代ニューヨークの刑事ドラマみたい!


  【YouTube】herbie hancock - hang up your hang ups


・・・ちょうどそういう雰囲気の動画発見! (無断使用ごめんなさい)

この曲は、来日公演 『洪水 ('75)』 や 『V.S.O.P./ニューポートの追想('76)』 などライヴの名盤にも

収録されていますが、このオリジナルではじめてその真価を知りました。


「♪アッハ~ン、テケテケテケ・・・」 って聞こえるみたいな(聞こえない)ギターの “カッティング”(と言うらしい)

ファンキー!

ギターはワーワー・ワトソンWah Wah Watson)という方。

なんか面白い名前だけは存じ上げておりましたが、詳しくは知らなかった。お恥ずかしい。

本作では本名の「メルヴィン・レイジン」名義で、多くの作曲も手掛けているそうです。


洗練されたハービーのシンセと、ゴージャスなホーン・セクションの掛け合いにもシビれまくり。

多作なハービーは、アルバムの後ろの方がだんだんお座なりになっちゃうのが玉にキズなんですが、

本作はワーワーさんのおかげで緊張感を保ったまま全曲快演に仕上がっています。

あのスティーヴィー・ワンダーも、アルバム後ろの方の曲にハーモニカで参加。

隠れた傑作!

 
関連記事
19:11  |  JAZZ  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【このアート!】 2018.03.17 (Sat)

ルノワールの美少女『イレーヌ嬢』

ルノワール『イレーヌ嬢』

ずっと夢焦がれていた名画が来日しました。

ルノワール作の肖像画 『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢』。 東京・国立新美術館。


子供のころ、家にあった美術全集が初めての出会い。

あまりの美しさに、薄紙にトレースして色鉛筆で模写したものです。

似せるまで何度も描き直してみたものの、自分の画才のなさを思い知るだけ。

きびしい?現実に最後がっくりきたのを覚えています。


ルノワールにとっては、陽光のアルジェリア旅行によって 「脱・印象派」 を果たす、その直前の作品。

透き通った白い肌と一本一本まで輝く髪。 空気の色まで伝わってくる清潔感。

古い美術全集の色あせた記憶と印刷が、鮮やかに塗り替えられたような感動がありました。

脱・印象派後の、古典風にのっぺりと塗った後期ルノワールが好きじゃないぼくにとっては、

「最後のルノワール」とでもいえる心の傑作です。


同時に、イレーヌとその肖像画がたどった陰のドラマも今になって初めて知りました。


 パリの裕福なユダヤ系一家に生まれたイレーヌ。描かれたのは1880年、当時8歳。苗字の「Cahen d'Anvers」は「アントワープのカーン家」という意味だそうだ。(「アントワープ」は英語読みで、蘭語「アントウェルペン」や仏語「アンヴェール」のほうが実際のところ。)

 一方のルノワールは、人気の「印象派」の中心画家ではあったものの、世間一般の認知はあまたいる画家のひとりでしかなく、こういう金持ち相手の商売も余儀なくされていた。
 しかもカーン家は印象派のぼんやりとした画風を気に入らず、この絵は屋敷の隅にひっそりと掛けられただけだったという。

 長じてイレーヌは結婚し家庭を持つが、晩年期にナチスドイツがフランスを占領。ユダヤ人の一族の財産は収奪され、この絵もH・ゲーリングの手に渡る。イレーヌはカトリックのイタリア人伯爵と再婚していたため難を逃れたが、妹そして前夫との娘や孫たちはアウシュヴィッツの犠牲となってしまった。

 戦後この絵はイレーヌのもとに返還されるが、彼女はほどなく売りに出し、1963年に91歳で亡くなった。最晩年の生活はあまり伝わっていないが、イタリア貴族との再婚も大戦前には破綻していたというから、絵の売却は経済的に迫られたのか、単に愛着がなかったのか、それとも・・・。



いくつか残っている成年後の写真が、絵のイメージを崩さずにいてくれたのがせめてもの救い

でしょうか。


一方、肖像画のその後は明らか。

よりによって、ナチスとも結んで財を成した武器商人ビュールレに渡って現在に至っている――。

――子供の頃からの記憶にある、印象派の名品ばかりを集めた素晴らしいコレクションでしたが、

死の商人の名を冠した展覧会に立っている複雑な思いも残りました。

 
関連記事
23:30  |  このアート!  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【  ドラクエ6】 2018.03.12 (Mon)

ドラクエ6冒険記≪10-c.ガンディーノ~下ライフコッド≫

⑫c ガンディーノ~下ライフコッド
スライム(20)

 スーパーファミコン(SFC)版 『ドラゴンクエスト6/幻の大地』 の冒険記。
 お好みの順番で進める「伝説の武具」編、最後は「盾」と「かぶと」を手に入れるまで。4つすべて揃うことで、ロンガデセオの鍛冶屋に預けた伝説の剣も完成します。

 ≪外部攻略サイト≫
地図 (『D-navi』さん)
町・ダンジョン詳細 (『nJOY』さん)
入手アイテム (『D-navi』さん)
武器防具 および仲間モンスターの「ABC…」分類 (『D-navi』さん)
ちいさなメダル (『ドラクエ&パズル』さん)
キャラクターと職業 (『ドラゴンクエスト6を究める』さん)
熟練度upと地域 (『ドラクエ6極限攻略データベース』さん)



☆  ★  ☆


 【ガンディーノ】 (下の世界)
 暗黒政治から変わりつつある王国。
 謎解きや戦闘はなく、物語上の情報のみ(※伝説の盾の情報)。小メダルも計6枚あるので、海底「マーメイドハープ」を手に入れたら早めに来よう。

 (※ミレーユらの過去がほのめかされるが尻すぼみで中途半端な内容。上の世界に「過去編」があったのだろうけど、データ容量が足りなくて削られたっぽい。
 ヤクザ一家が幅をきかせて町娘を夜伽に捧げるという話は、子供も遊ぶゲームとしてはやり過ぎだと思った。皇太后は魔物の化身ではなく普通の人間なのね?
 いずれも変にぼかした描写がとにかく中途半端で、いっそこの町ぜんぶカットしてもいい。次作『Ⅶ』にももっと子供向けじゃないヘビーな話はあったけど、お話としてちゃんと完成されていた。)



 【ふしぎな洞窟】 (下)
 どこかの川をさかのぼり船で入る。「ガンディーノ王室」 「上クリアベール東の洞窟」 「海底ポセイドン城(※グラコス戦後に教えてくれる)」 の3ヒントを集めてから挑もう 。強敵が多くヒントも難解なので、「伝説の武具」編でも一番むずかしいだろう。
 伝説の 「スフィーダの盾」 を入手。

 ≪ガンディーノ~不思議な洞窟のおもな買い物・宝箱≫
炎の盾/主ハアテEF+40、氷系を30p軽減、武器屋17000G。ドランゴらF組も装備できる。
ちいさなメダル/ガンディーノに6枚。宝箱のほか「禁酒男:北の角」「王の浴室:南の草地」 地面に。

やいばのよろい/主ハアテBCDF+55、受けたダメージ1/4をはね返す。【ふしぎな洞窟】の宝箱。
★スフィーダの盾/主+65、氷系を30p軽減、つかうとマホターン(呪文を一度だけ反発)。伝説の盾。



☆  ★  ☆


 【下ライフコッド】 (※この地域は熟練度upレベルが低いので確認を。)
 もうひとりの主人公。「夢」と「現実」の微妙な違いがおもしろい。
 敵ボスには新呪文「ライデイン(80pダメージ)」があると苦はないが、合体しなくても勝てた(戦士8「ばくれつけん」が効く)。途中の手下たちもバーバラの「マダンテ」で一撃。
 このあとレイドック城で伝説の「セバスのかぶと」を入手。(※以後【マーズの館】でタダ宿できなくなる。)
 ・・・この「かぶと」編は、難易度だけなら「マーメイドハープ」入手直後でも攻略できる。ぼくは【マーズの館】タダ宿を活用しているので最後にしています。お好みで。

 ≪下ライフコッド周辺の宝物≫
★セバスのかぶと/主+45*、いやな呪文を1/8に軽減。伝説のかぶと。*【かじ屋】で守備力も+5p!
⇒伝説の武具4種をすべて揃えると、ロンガデセオの 「ラミアスの剣」 も完成!


 ※プレイヤー=主人公にセリフがある珍しい展開 (『Ⅲ』のパフパフ部屋での「こ…これは!?」などの例あり)。ただ、もうひとりの主人公の気弱な姿はやはり印象が悪すぎた。主人公の正体がただの「王子様」でしかないのも、「Ⅳ天空の勇者」や「Ⅴ魔物をも従わせる聖なる血」の後ではもう平凡に映った。
 本作以降、内向的で「大きなテーマ」が語れなくなっていくのは、冷戦やバブルの終焉という時代背景、あるいは制作会社の変更など何か影響しているのだろうか?



 ・・・次回は、この上下世界の集大成、最後の「大穴」を埋める大一番だ!
 「イ・・・イヤだーっ!」

 
関連記事
20:42  |    ドラクエ6  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【この本!】 2018.03.07 (Wed)

≪この本!≫書庫もくじ

  ≪文学≫書庫もくじ (クリックすると新しいページで開きます。)

  『星の王子さま』 が見つからない
  巷に花粉の降るごとく、わが心にも鼻たれる
  恐怖!短歌で怪談!!
  最後の名探偵ポワロ~『カーテン』

  ワインと月と漢詩と
  乱歩の白昼夢
  谷崎恐怖症 『春琴抄』 (没後50年)
  白居易~秋の漢詩をどうぞ
  シェイクスピアの女たち(生誕450年)

  ハイジ10のなぞ
  リチャード3世の骨
  はじめてのドストエフスキー
  いとしの新明解国語辞典
  陶淵明 『酒を止む』

  仮想・日本版『オリエント急行殺人事件』
  江戸川乱歩のエログロ・ベスト3!
  『砂の器』づくし
  『アルプスの少女ハイジ』 原作
  『源氏物語』 第2部がおもしろい

  『火の鳥・手塚編』が見たい!
  ミステリーの詩人ウールリッチ
  思春期のサロメ
  ボケっぱなしのカフカ
  ゲーテと『ロード・オブ・ザ・リング』

  I LOVE 李白
  李白 『将進酒』
  アガサ・クリスティにだまされて
  オー・ヘンリーのオチ
  少納言の清ちゃんスキスキ、すねないで

  我が青春の龍之介
  かこさとしの絵本
  ぜったい曹操派!
  ダンテと行く、GW地獄めぐりの旅
  手塚治虫全集~手塚後期を語らせて

 
関連記事
19:30  |  この本!  |  EDIT  |  上へ↑

【この本!】 2018.03.06 (Tue)

巷に花粉の降るごとく、わが心にも鼻たれる

ヴェルレーヌ『言葉なき恋歌』
『ヴェルレーヌ詩集』堀口大學
きょうの一冊/『ヴェルレーヌ詩集』 堀口大學訳


いつもよりひと月遅れで花粉症がはじまりました。

昨夏の長雨のおかげで今年の花粉は少ないらしいけど、暖かくなるとそうはいきません。

あわてて薬を飲んだものの、効きはじめるまでつらかった。

薬に慣れるまで眠気や渇きの副作用もあるし。(ちょうど土日だったので峠は越えた。)


 鼻炎薬(抗ヒスタミン薬)には 「効果は強いが副作用も大きい」 第1世代と、その逆の第2世代の薬がある。 「マレイン酸~」とついていたらたいがい第1世代。第2世代は「アレグラ」「アレジオン」「ザジテン」などが有名。
 なりふり構わぬ「第1世代」派としては、飲み始めの数日間はうまく副作用を管理してやりすごすほかない。



一部の市販薬は 「セルフメディケーション税制」とやらで控除の対象らしいけど、

薬代に年間12000円も使うわけないバカ健康体なのがうらめしい。

どっちつかずの寄る辺なき我が身の上を嘆きつ。


  春の日にびょろろんと鼻水の
   身にしみて干からびるにうら悲し ――(平成の)ヴェルレーヌ
 (上田敏訳)
  Les sanglots longs des violons de l'automne, blessent mon cœur d'une langueur monotone.

 
関連記事
19:11  |  この本!  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【クラシック音楽】 2018.03.01 (Thu)

≪クラシック音楽≫書庫もくじ

  ≪クラシック音楽≫書庫もくじ

  バーンスタインvs.グールド協奏曲(生誕100年記念)
  “愛の6度”~あなたの声に私の心は開く~

  夏の終わりのメンデルスゾーン
  ホロヴィッツ plays モーツァルト
  ドボルザークあるある
  ベートーヴェンの 『悲愴ソナタ』 聴き比べ
  カラヤンの『ツァラトゥストラ』聴き比べ

  シャンパン・バッハ
  世界一ヘタクソな『ツァラトゥストラはかく語りき』
  プーランクのピアノ曲集
  立ち上がれ!ブラームス弦楽六重奏曲
  洋食喫茶?ラフマニノフ

  オペラ映画 『リゴレット』 (ヴェルディ生誕200年)
  グルベローヴァの『夜の女王』
  水曜日はワグナーを聴いて♪(生誕200年)
  無限『トリスタンとイゾルデ』
  フィッシャー・ディースカウとわたし

  マリア・カラスの 『夢遊病の女』
  クレンペラー×ベートーヴェン 『荘厳ミサ曲』
  ハチャトゥリアン 『フルート協奏曲』
  衝撃の歌姫 !? フローレンス・フォスター・ジェンキンス!
  わが心のドボルザーク交響曲第8番

  フォーレのピアノ曲全集
  フルトヴェングラーのワーグナー
  レナード・バーンスタイン記念
  『だったん人の踊り』改め・・・?
  チャイコフスキー『交響曲第4番』って何だ!?

  ショパン生誕200周年の『プレリュード』
  マーラーの交響曲≪巨人≫聴きくらべ
  驚異のシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ!
  イ・ムジチの『四季』50周年聴きくらべ
  トスカニーニのワーグナー

  プッチーニの『誰も寝てはならぬ』
  『展覧会の絵』めぐり
  カラヤンのモーツァルト『戴冠式ミサ』
  カラヤン愛憎
  ヴェルディ、怒りのレクイエム

  無伴奏チェロくらべ
  バッハとドラクエ
  バッハを兄弟に例えてみた。
  フルトヴェングラーの『第九』
  とすかにーにカンタービレ

  ブラームス交響曲第1番聴きくらべ
  アマデウス、走る
  さわやかな『皇帝』
  アラウのショパン『前奏曲』
  ショーシャンクのモーツァルト

 
関連記事
20:01  |  クラシック音楽  |  EDIT  |  上へ↑