FC2ブログ

【めざせ東大 !?】 2018.02.19 (Mon)

誰がペニシリンをつくったか

H・フローリー豪50ドル札(部分)
ハワード・フローリー/旧・豪50ドル札(部分)

 20世紀最大の発明のひとつとされる、世界初の抗生物質ペニシリン。
 けがや病気の恐ろしさはそれ自体の症状だけではなく、患部からばい菌に冒される 「感染症」もまた大きな脅威だった。抗生物質はこのばい菌を退治することで感染症を劇的に減らし、世界の医療衛生を飛躍的に向上させる。
 その一般的な伝記は――

 1928年、イギリスの医学者アレクサンダー・フレミングは、偶然シャーレについた青カビの周りだけは培養中の細菌が死んでいることを発見。「ペニシリン」と名付けられたこの青カビ由来の抗菌薬は「奇跡の特効薬」と呼ばれて多くの人命を救い、1945年にノーベル医学生理学賞が贈られた。


 ――しかし実際には、彼の 「発見」 に続いた多くの研究者によってはじめて薬として 「発明」 され、世界中に広まったことは知られていない。


 実は、フレミングは青カビのいきさつこそ論文で発表しておいたが、有効成分を安定して取り出す作業は非常にむずかしく、なんとそのまま10年以上も研究を放置してしまったのだ。医療薬になると考えていたかすら怪しいとする指摘もある。(彼が近しい人の治療にはじめてペニシリンを使ったのは、研究が広く注目されはじめた後。それまで近しい人を救えると考えなかったのか。身近な数人くらいの用量ならたとえ不完全でも作れただろうに、と。)

 名前だけつけられたペニシリンがようやく日の目を見るのは、それから12年もあと。1940年、ハワード・フローリー(豪)とエルンスト・ボリス・チェーン(亡命独ユダヤ系)率いるオックスフォード大学のチームが、埋もれていたフレミングの論文を発掘してから。
 新しい抗菌薬を探していたフローリーとチェーンは、フレミングの論文をもとに青カビから「ペニシリン」を取り出すことに成功。この時ようやく薬としての実用化、その第一歩がはじまる。ちなみにチェーンはフレミングから連絡を受けた時、古い論文の主がまだ生きていると知って驚いたそうだ。それくらい埋もれた研究だったのだ。
 (※長くなったので↓【続き…】にもっと詳しく)

 フローリーの故郷オーストラリアでは、日本でいう野口英世くらいの国民的偉人として広く尊敬されている。今2018年2月21日は没後50年。再び脚光を浴びていることだろう。
 
関連記事
21:45  |  めざせ東大 !?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑