FC2ブログ

【このアート!】 2017.10.21 (Sat)

雨の『運慶』展

「運慶」展
(円成寺・大日如来像)

 話題の 『運慶』 展に行きました。上野・東京国立博物館。雨ならいくらかすいているだろうと期待をしつつ、それでも熱気ある賑わい。

 それもそのはず、父の康慶や息子湛慶、康弁の作も含めた、教科書にも載ってるような仏像界のスーパースターがこれでもかの勢ぞろい。運慶といえばあまりにも有名な東大寺南大門の金剛力士像・・・の来展は無理ですが、これ以上ない代表作群。
 たとえば如来像ひとつとっても運慶の各年代のものが集められているので、彼の成熟が分かりやすく伝わってきてとても勉強になりました。


 中でも好きな、一番の目的がデビュー作の 『円成寺大日如来像』 です。(上のポスター)
 デビュー作にしてこの完成度! 見るからに若々しい肌。体内から止めどなくあふれる精気が、今にもパンパンに弾けんばかり。それでいて何ものにも動じない威厳と風格。

 運慶は通常2~3カ月でできる仕事を、11カ月もかけて製作。また新人なのに自分の銘もしっかり記されているなど、若き天才の並々ならぬ意気込みと自負が感じられます。仏師直筆のサインは現存する最古のものだそう。(フランス革命期のそれとはまったく別物にせよ、)芸人・職人から芸術家への「自我」に目覚めたベートーヴェンに先駆けて、と言えるかもしれません。

 ちょうど時代は源平の武家政権による変革期。武家好みの雄々しい作風で時代の波に乗った父・康慶率いる慶派は、鎌倉仏像の代名詞として世を席巻します。平安貴族時代のスタンダード「定朝(じょうちょう)様」の見下ろすようなまなざしではなく、等身大の、同じ現世を生きる者の目線を意識したダイナミズムとリアリズム。


 ほか、静かに射貫くような眼光の大傑作 『興福寺無著・世親像』。実際は運慶の子供たちの作であるように、今日に伝わる30超の作品数のうち、本当に運慶のその手によるものなのか、名前貸しの「総監督」名義でしかないのかは分かりませんが、なかなかこれだけの数が一堂に会するなんてことはないので、実にいいものを拝ませてもらいました。
 父や子、一門の名前ももっと知られてほしい。素晴らしいんだから、何でもかんでも「運慶」ブランドに飛びつかなくてもいいじゃん。周辺の作品すべてかっこよかった!

 
関連記事
23:17  |  このアート!  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑