FC2ブログ

【はじめてのパソコン】 2015.09.06 (Sun)

【ブラウザー】 Firefox と Pale Moon


PaleMoon (1)
(「PaleMoon」のデザイン。懐かしい、そして分かりやすいFirefox2時代のボタンを選んでいます。)


 このごろパソコンのブラウザー 【Firefox (ファイヤーフォックス)】 の調子が悪いです。
 1年前の「見た目・外観デザインの全面リニューアル」以来、表示や動作が不安定になった。(*1)

 動作の「重さ」対策には、【SpeedyFox】 という無料ソフトが劇的に効きました。FirefoxだけでなくGoogle Chromeにも使えるので、重くて重くて困っている人はぜひお試しを。(Pale MoonやSRware Ironなど、それぞれの姉妹ブラウザー にも使える。)

 そうやって何とかやりくりしてきましたが、このたび新ブラウザー 【Pale Moon (ペールムーン)】 を加えてみることにしました。


 PaleMoonはFirefoxをベースに作られた派生・姉妹版なので、見た目や機能はまんまそっくり。Firefoxの売りである豊富な追加機能<アドオン>もほぼ同じものが使える。(*2)
 そして何より、「動作が軽い」 と評判らしい。

 大きな流れは、「PaleMoonインストール ⇒ 日本語化 ⇒ Firefox設定を丸ごとコピー(*3)」 です。
 (※申し訳ないけど今回これらの手順は書きません。検索で調べたら分かりやすい説明サイトが多かったので参照を。ごめんなさい。)


 ≪Pale Moonの満足と不満点≫
☆「親」であるFirefoxとは見た目や機能がほぼ同じ。
☆動作が軽快。Firefoxの弱点である「重さ」の改良が売り。Firefoxと併用すれば重くなる負担を分散できる。
☆ひと昔前のデザイン「テーマ」が使える。あの頃の使い慣れたボタンに戻したい人にはうれしい。

★一部のアドオンは使えないことも。広告カットの「Adblock plus」など有名機能には、PaleMoon専用のアドオンが用意されているものもあるが。
★最初の「日本語化」するのに少し手間いり。また、いくつかの重要ではない項目は英語のまま。
★(右クリック時の「戻る・進む」ボタンなど、)細かい部分の表示や動作がFirefoxと違う。(*4)
★今後は、Firefoxとは互換性を保ちながらも独自開発の道を歩むらしい。持続・発展なるか。



 ページを2つ3つ開いた程度では、速さ(およびメモリ使用量)はFirefoxとたいして変わりなし。でもタブをたくさん開いた時はハッキリと速い! 今のFirefoxはフリーズしまくり、最悪クラッシュしてたから。 これから使い続けても、この軽さを維持できるか。

 なんにしろ、Firefoxひとつに集中していた負担を分散させられるだけでも大きい。「メモリ300万KB」というとんでもない事態はもうなくなりました。(今は、多くても2つあわせてその半分くらい。)
 これからはFirefoxと一緒に使い分けていきます。
 
関連記事
23:24  |  はじめてのパソコン  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑