FC2ブログ

【全世界音楽】 2014.04.11 (Fri)

バート・バカラック、Myベスト3!

バカラック&ワーウィック


 20世紀ポップス界の巨星バート・バカラック。
 作詞ハル・デヴィッドとの名コンビで、今も歌い継がれる名曲の数々を作曲。そのメロディ・ラインと美しい編曲は、のちの世界の、日本のポップスにどれだけ影響を与えたか。かならず名前が挙がる大ヒットメーカーです。

♪  ♪


 一番のお気に入りは、バカラック・ソングの名歌手ディオンヌ・ワーウィック、その出世作となった 『ウォーク・オン・バイ~Walk On By~』。1964年。
 「通りで私を見かけても 涙は見せたくないから そのまま通り過ぎて」 という歌。
  

 静かに淡々と、だけど少し早足に刻まれるリズムがせつない。 「Don't!Stop!」
 大人のジャズっぽくラテンっぽく・・・。
 そしてバカラックといえば 「♪パ、パ、パ」 と入るフリューゲルホルン! トランペットの大きいやつです。

 ぼくが子供のころは、ワーウィックさんは大人すぎてよく分からなかった。「清水アキラのセロテープものまね」 に似てるし(ゴメンナサイ)。でも今聴いたら絶対いいよね、子供には分からないよね。

 「バカラックのミューズ」 と呼ばれた彼女、ご自身のための曲はもちろん、他のバカラック作品もほとんどカバーしています。(記事上のCD 『バカラック・コレクション』 が一番いいベスト盤。)


♪  ♪


 ジャッキー・デシャノン 『世界は愛を求めてる~What The World Needs Now Is Love~』
 1965年。

 直訳するなら 「世界がいま求めているものは、愛だ」
 歌いだしは 『遥かなる影(Close To You)』 と似てる。
  

 大きな歌だから、朗々と余裕で歌い上げるワーウィックほか大御所のバージョンもいいけど、このJ・デシャノンは切々と訴えるところがいいんだ。「♪everyone~」 で音が弾むところが好き。
 この曲は名コンビ、ハル・デヴィッドの作詞の力が光ります。

 「私たちにはもうじゅうぶん畑はある、光も川もある
  だから誰かのため、ではなくみんなのための愛を」



♪  ♪


 でもバカラック作品でも一番親しまれているのはやっぱり、カーペンターズ 『遥かなる影~Close To You~』 でしょうね。1963=1970年
  

 今さら何をいわんや。 カーペンターズ作品でもやっぱり、一番好きなんだな。
 編曲はリチャード兄さんだそうですが、バカラック編曲とはまた違ったきらめきで聴かせてくれます。でも間奏にはちゃんと、フリューゲルホーンふうの「♪パ、パ、パ」が入ってる!

 鳥や星や女の子たちを魅きつける、素敵な 「あなたに寄り添って」 という歌。なのになぜこんな邦題なのか、名前を言われても一瞬ピンとこないのが不満なところです。


 (※下の【続き・・・】に、バカラック作品の「My王道ベスト」)
関連記事
22:41  |  全世界音楽  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑