FC2ブログ

【  ドラクエ2】 2013.11.13 (Wed)

『ドラクエⅡ』冒険記1~旅立ち

 
ロトの紋章

 なつかしのスーパー・ファミコン(SFC)版 『ドラゴン・クエストⅡ』 の冒険記です。
 くわしい攻略マニュアルにはせず、感想とお役立ちメモ程度にとどめています。リンクフリーの各サイトもご参照を。
 
世界地図 (Google 「ドラクエ2 地図」 画像検索)
アイテム入手リスト (攻略サイト「D-navi」さん)
ダンジョン・マップ (攻略サイト「DQ-GH.COM」さん)


  1.旅立ち
  2.サマルトリア王子 (リリザ~サマルトリア)
  3.ムーンブルク王女~福引き (ムーンペタ~ムーンブルク)
  4.アレフガルド大陸 (ルプガナ~ラダトーム)
  5.金のカギ (ベラヌール~デルコンダル~ザハン)
  6.牢屋のカギ (ペルポイ~テパ村)
  7.ロンダルキアへの洞窟 (ロンダルキアへの洞窟~ほこら)
  8.最終決戦 (ハーゴンの神殿)



 【オープニング~入力】
 なつかしのファンファーレ! ホルンの響きが神話ファンタジーのふるさと北・中欧ぽくていい。
 そして入力時のBGMは、大好きな 『Love Song 探して』。のびのびと明るく希望にあふれていて、エンドレスで聴いていたい・・・が! なぜこのSFC版は、モゴモゴと間の抜けたピチカート風にしたのか!?
 これに限らず、編曲の芸のなさが、名曲群の魅力をことごとく台無しにしてしまった。

 一方で、キーワードを一文字ずつ入力していく 「復活の呪文」 から、現行の 「冒険の書」 方式になったのはうれしい限り。これだけで買う価値はある。



 【ローレシア~旅立ち】
 ゲーム・スタート。
 バッハの 『G線上のアリア』 を模した 『王城』 のBGMが美しい。全シリーズでも白眉。このSFC新版もいい。
 「旅の扉」 うずまきの向こうに絶海の孤島。そうそう、初プレイ時のわくわくを思い出した。

 ※後作のなめらかな操作性に甘えきっていたので、キャラがすぐ壁に引っかかって困った。でもグラフィックの質といい、この程度でじゅうぶんじゅうぶん。面白ければ!(音楽もピコピコ音でいい。)

 まずはローレシア城の周りで武者修行。慎重にいけばいきなりリリザの町まで行けるかもしれないが、無理はしない。
 宿屋はひとり4G。 10Gの薬草は、来たる洞窟探険用に温存。
 ≪ローレシア南のほこら≫ で金銀のカギの情報。

 ※戦闘のBGMのイントロは、ストリングス(弦楽)ではなくオルガンなりブラス(管楽)なりで、メリハリをつけてほしかった。どの曲もストリングスばかりで単調すぎる! シリーズ屈指の名曲がそろう大好きな作品だけに、新しい編曲は大いに不満。これもすぎやまこういち翁の仕事だろうか。


 ≪初期装備≫
 ローレシア王子・・・どうのつるぎ*、かわのよろい  (*王様からもらう)
 サマルトリア王子・・・こんぼう、かわのよろい
 ムーンブルク王女・・・ひのきのぼう、ぬののふく



 ・・・次回は、サマルトリアの王子が仲間入り。
 ではまたあおう、わがむすこよ!
 
関連記事
22:15  |    ドラクエ2  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑