【画像一覧】 2013.09.30 (Mon)

2013年9月の画像一覧

≪2013年9月の画像一覧≫


ロトの紋章(10)
『ドラクエⅡ』冒険記4~大海原へ


03 西部戦線異状なし
アカデミー作品賞3~『西部戦線異状なし(1930米)』


森やすじ『ハイジ』
ハイジ10のなぞ


02 ブロードウェイ・メロディ
アカデミー作品賞2~『ブロードウェイ・メロディ(1929米)』


ロトの紋章(10)
『ドラクエⅡ』冒険記5~ベラヌール&金のカギ


ディズニー『白雪姫』

ディズニーの『白雪姫』



01 つばさ(50)
アカデミー作品賞1~『つばさ(1927米)』


032(20).jpg

シリーズめだか⑧~道具


 
関連記事
00:24  |  画像一覧  |  EDIT  |  上へ↑

【  ドラクエ2】 2013.09.27 (Fri)

『ドラクエⅡ』 冒険記4~アレフガルド大陸

 
ロトの紋章

 スーパー・ファミコン(SFC)版 『ドラゴン・クエストⅡ』 の冒険記その4。船を入手して海の向こう、ラダトーム(アレフガルド大陸)についてです。
世界地図 (Google 「ドラクエ2 地図」 画像検索)
アイテム入手リスト (攻略サイト「D-navi」さん)
ダンジョン・マップ (攻略サイト「DQ-GH.COM」さん)



 【ルプガナ】
 冒険の拠点となる港町。「ゲームのセーブ、預かり所、福引き所」 の3つがそろう。

 武器装備を強化。
まどうしのつえ・・・全員/攻+27、2500G、敵1匹にギラ効果。ムーンブルク王女に。
みかわしのふく・・・全員/守+35、1250G、敵攻撃をかわしやすく。安上がりなので3つ購入。
まよけのすず・・・640G。「そうび」すればラリホーとマホトーンにかかりにくくなる。


 町の奥に魔物の姿。
 船を入手。
 海に沈んだ 「船の財宝」 は、町を船でまっすぐ北上。ちょっと分かりにくいけどキラキラ光っている。
 【ルプガナ北のほこら】 で 「金のカギ」 の情報。



 【ラダトーム】
 ドラクエのふるさとアレフガルド大陸。
 MPを全回復してくれる老人がありがたい。呪いを解くという老人は役立たず。
 ※ぼくの 「初ドラクエ」 はこの 『Ⅱ』。 初プレイ当時は、この地で語られる 『Ⅰ』 からの因縁や小ネタがさっぱり分からなかったものです。(「かつてメルキドと呼ばれた町」・・・って??)


 【聖なるほこら】
 アレフガルド大陸南東の島。
 のちのち 「金のカギ」⇒「ロトのまもり」⇒で 「ロトのかぶと」 をもらえる。
 付近には 「メタルスライム」 が多く出没。

 「旅の扉」 の渦巻きは 【炎のほこら】 に飛ぶ。
 ・・・さらに 【ベラヌール北のほこら】 経由でベラヌールの町に行けるが、道は険しく魔物は強敵。船で行ったほうが意外と早い。(旅の扉マップ=攻略サイト「DQⅡU」さん)



 【竜王の城】 (公式本・挑戦の目安Lv.17)
 ラダトームの対岸。 道行きはシンプルだが、強敵が多くなかなかの難路だった。
 本作は竜王とは対戦しない。質問に「はい、いいえ」どちらでも展開に変わりはない。
 ※「武器屋の隠居」 と言い張るラダトーム王といいこの竜王といい、『Ⅰ』 両王の権威が失墜したさまが情けない。初プレイ時、ゲームに行き詰まったとき、この「武器屋の隠居」が何かを隠していると思って足しげく通ったりもしたが、ほんとに玉座から逃げて隠れているだけだった。なんだコイツ、と思った。

 竜王の広間にあるバリアの宝箱は、「世界地図」 「はがねのよろい(ロ+25)」 ほか。(サ王子がトラマナを覚える 「Lv.17(経験値30000)」 になればかなり楽になるのだが。)
 別道の宝箱 「ロトのつるぎ」 (ロサ+40)は、スーファミ版からはサマルトリア王子も装備できるようになってうれしい! 道は長いので、これだけ先に取ってリレミト&再挑戦するとよい。



 【大灯台】 (公式本・挑戦の目安Lv.18)
 ア大陸の南の島。「やまびこのふえ」 を吹いてみよう。最後はグレムリン4匹が相手だがさほど苦はない。
 ※重要な宝物は 「紋章」 だけなので、今回は後まわしにしてしまった。挑戦した時には楽勝すぎて困りました。


 ・・・次回は、中盤の拠点ベラヌールへ。そして金のカギを得て、さらに世界が広がります。
 おお ふるきいいつたえの ゆうしゃの しそんたちに ひかりあれ!

 
関連記事
20:58  |    ドラクエ2  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【アカデミー賞全作品】 2013.09.23 (Mon)

『西部戦線異状なし (1930米)』

第3回アカデミー作品賞~~反戦映画の原点

03 西部戦線異状なし

 ≪感想≫
 ずいぶん前、10代の前半に観た時には、有名なラスト・シーンをのぞけばほとんど印象に残らなかった。愛国心をあおって教え子を戦地に送り出す教育の恐ろしさ、戦場で人間ひとりが死ぬことの軽さ・意味の無さなど、当時はそこらにあふれる当たり前のメッセージだったからだ。
 むしろ、その重みを実感せずにはいられない今日、「今こそ必見の作品」 と言わねばならないのは悲しいことだ。

 (※)本作には'79年リメイク版があり、そのラストは本作以上にうならされた(以下ネタバレ・・・有名な蝶々のシーンの次、主人公が死んでるのに「西部戦線異状なし」という報告)。ぼくは新旧両方観ていたので混同していたみたいだ。

 オスカー度/★★★
    満足度/★★☆



 『西部戦線異状なし (1930米)』

 監督/ルイス・マイルストン
 主演/リュー・エアーズ (ポール)
     ルイ・ウォルハイム (カチンスキー)
     ウォルター・ブラウン・ロジャーズ (ベーム)
     ベン・アレクサンダー (ケンメリヒ)

 ≪あらすじ≫
 第一次大戦下のドイツ。教師が説く愛国心に胸を熱くしたポールたち学生は、勇んで軍に志願する。しかし鬼教官のしごきを経て赴いた実際の戦場は、想像を絶する苛烈なものだった。親友は次々と命を落とし、生身の敵兵を殺したポールもまた、理想と現実のはざまで苦悩する。

 ≪解説≫
 人気作家レマルクの世界的ベストセラー小説を映画化、反戦映画の先がけになった名作。
 当時最新の技術を駆使した大掛かりで臨場感あふれる戦場のシーンは、世界恐慌を経てファシズム台頭へと向かう時代にあって、世界中でセンセーションを巻き起こした。
 比較的静かな語り口ながら、主人公に「戦場には嘘がない」と言わしめる皮肉・・・。そして皮肉といえば何より、痛烈極まりないラスト・シーン(※上記)にうならされる。



 ≪受賞≫
 アカデミー作品、監督賞の計2部門受賞。
 (他の作品賞候補 『結婚双紙』 『ラブ・パレード』 『ビッグ・ハウス』 『Disraeli』)

 トーキー導入や同賞の創設などハリウッドの変革・混乱期にあって、良識ある選考として語り継がれている。(後に『オーシャンと11人の仲間』なども手がけた)職人監督マイルストンは、第1回のコメディ監督賞(『美人国二人行脚』)に次ぐ受賞。



 『ALL QUIET ON THE WESTERN FRONT』

 製作/カール・レムリ Jr.
 監督/ルイス・マイルストン
 脚色/マックスウェル・アンダーソン、デル・アンドリュース、ジョージ・アボット
 原作/エーリッヒ・マリア・レマルク
 撮影/アーサー・エディソン
 音楽/デヴィッド・ブロークマン (音楽は再上映時に挿入)

 ユニヴァーサル/131分(完全版)

 
関連記事
23:19  |  アカデミー賞全作品  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【この本!】 2013.09.18 (Wed)

ハイジ10のなぞ

森やすじ『ハイジ』
森康二さんによるパイロット(試作)版ハイジ
(無断で載せてごめんなさい)

 BSで再放送中のアニメ 『アルプスの少女ハイジ』、いよいよクララが立ち上がります。
 前にアニメと原作の感想は記事にしたのですが、今回は書ききれなかった 「ハイジ」 のひみつ情報をまとめてみました。


 ≪1.おじいさんは人殺し!?≫
 アニメの第1話でも 「おんじは人を殺したことがあるらしい」 と触れられていますが、原作ではおじいさんの過去が詳細に語られます。

 おじいさんはとある町一番のお金持ちの息子だったが、遊びほうけて家をつぶし、くにを出てナポリの軍隊に入る。そこでケンカをして人を殴り殺した・・・というのです。
 その過程でどこかの女性と結ばれたのだろう、やがて幼い息子ひとりだけを連れて帰郷するも、悪い噂が立ってふるさとを追われ、このデルフリ村に流れ着いた・・・というのがおじいさんの知られざる過去。

 ちなみに、産業に乏しく貧しかった昔のスイスでは、周辺国への 「傭兵」 がごく一般的な出稼ぎの手段でした。現代でもバチカンの衛兵はスイス人から、と決められています。



 ≪2.ハイジ出生のひみつ≫
 ・・・こうしてデルフリ村に流れ着いたおじいさん。成長したひとり息子は大工になってアーデルハイトという娘と結婚、娘ハイジをもうける (母と同名)。しかしハイジが生まれてすぐに父は事故死、母もショックで急逝してしまう。これでおじいさんはキリスト教への信仰を捨て、山に引きこもってしまった・・・。
 その後ハイジは母の妹デーテ (おんじとデーテに直接の血縁はない) に引き取られていたが、このたび出稼ぎに出るデーテに代わって、祖父のアルムおんじが5歳のハイジを預かることになった・・・というのが物語のはじまり。

 親子3代にわたる壮大?なストーリー、なんだか 『スター・ウォーズ』 みたいです。おんじスカイウォーカー。アルプスの逆襲。



 ≪3.「デルフリ村・アルムおんじ」では手紙は届かない≫
 「アルムおんじ」 と呼ばれているおじいさん。しかし 「アルム」 はアルプスの 「アルプ」が変化した言葉で、「山」 という意味の普通名詞。 人の名前ではありません。
 おじいさんの姓名、ハイジの姓は不明です。

 また、山のふもとにある 「デルフリ」 村も、「村っこ」 という普通名詞で固有名詞ではない。

 だから 「デルフリ村・アルムおんじ」 は 「村っこの山じいさん」 という意味で、スイスだけでも何千何万人といることでしょう。ここに手紙を出したって何やら分からないことに。
 ただもしかしたら、現地の観光業界の粋な計らいで、ハイジ財団か人気観光スポット 「ハイジの山小屋」 に届けてくれるかもしれません。



 ≪4.「ハイジ」 と 「アリス」 は同一人物?≫
 「ハイジ(Heidi)」 という名前はドイツの女性名 「アーデルハイト(Adelheid)」 の愛称。これが英語では 「アデレード(Adelaide)」 になり、その通称が 「アリス(Alice)」。だから 『アルプスの少女アリス』 『不思議の国のハイジ』 と呼んでも正解と言えるかも??

 「アーデルハイト」 の意味するところは 「貴婦人」。日本名にするなら 「貴子ちゃん」 ?
 なお、アニメのロッテンマイヤーさんは 「アーデルハイド」 と発音しているが、語尾は 「ト」 と濁らないのが正しい。



 ≪5.ペーターの屈折≫
 原作のハイジはもともと、フランクフルト帰りのハイジと再会したおじいさんが、過去を悔いて再び信仰心を取り戻したところで終わっていました。しかし小説がヒットしたのでクララが立ち上がるまでを続編として追加し、今のかたちに。

 ただし物語のハイライトは 「クララが立った!」 の名シーンではありません。自分からハイジを奪っていったクララに嫉妬したペーターが、クララの車椅子を壊してしまう。(アニメではわざとではなくアクシデントという描写に。) しかし罪の意識にさいなまれたペーターが正直に謝って許されるという、「文部省推薦、神様はお見通し」 な内容。
 まだ幼いペーターの屈折と罪悪感、それを温かく見守る大人たちのまなざしが、とても丁寧に描かれていて巧かったです。



 ≪6.その後のハイジ≫
 ヨハンナ・シュピリの原作の後にも、他の作家が書いた続編があるそうです。多くは大人になったハイジをあつかうもの。ハイジとペーターが結婚しているとか(安直だなあ)、学校の先生になったとか・・・。テレビの雑学番組では、チャーリー・シーンが青年ペーターを演じた映画版なんかも紹介されていました。
 う~ん、でも見る気しないなあ。



 ≪7.伝説のアニメーター森やすじ≫
 アニメの 『ハイジ』 でぼくが一番好きな絵は、「はじめの歌」 の最初と最後、ハイジとユキちゃんのスキップと、ハイジとペーターが手を取り合って踊る2つのシーンです。
それぞれの表情と動きになんともいえない素朴な温かみがあって、それだけで幸せな気分になる。この2つのシーンを手がけたのは、森康二さんという日本アニメ創成期からの大ベテラン。あの日本初の長編カラーアニメ映画 『白蛇伝』 も手がけた人です。

 小田部羊一、大塚康生、高畑勲、宮崎駿、富野喜幸といったそうそうたるアニメーターが手がけたアニメ 『アルプスの少女ハイジ』。そういう現代の巨匠たちに、雲の上の人として尊敬されていたのが森さんでした。
 (ちなみにopでハイジのパンツが見えるのは、大塚さんの趣味嗜好…イヤ志向だろう。)

 画集 『もりやすじの世界』 に収録されたパイロット・フィルム版のハイジは、涙が出るほど優しさと温かさにみちています。もっと広く流通して、もっと身近に手に取れるようになってほしいなあ。



 ≪8.衝撃のアラビア語版ハイジ≫
 以前の記事でも採りあげましたが、アニメの 『ハイジ』 アラビア語版は、とんでもないことになっています。とにかく、まずはご覧あれ! (ともにリンクはYouTube)

   「はじめのうた」
   「おわりのうた」

 ・・・どこの国かは分かりませんが、ここまで我が道を貫き通すとかえってエライ。それに日本の西洋ものアニメにだって、演歌・歌謡曲調の音楽がついていたりする。実は人のことを言ってられないのかもしれません。



 ≪9.『ハイジ』 は盗作!?≫
 ヨハンナ・シュピリが1880年に発表した原作小説 『ハイジの修行と遍歴時代』。しかしその50年前に別の作家が書いた 『アルプスから来た少女アデレード』 という物語とそっくりであったことが近年報道され、地元スイスでは 「ハイジは盗作か?」 と大きく騒がれました。
 お話は、アルプスの山でおじいさんと暮らしていた少女アデレードが、町に出て教育を受けるが、ホームシックにかかって山のおじいさんの元へ帰る・・・という、『ハイジ』 そのまんまな内容。

 ただし古典文学は往々にして過去作品のアレンジがまかり通っていたこと、シュピリの宗教観や追加の物語(「クララが立った」)など、シュピリなりのオリジナリティがあることなどから、「それはそれ」 として一応の決着がついて騒動は終わりました。



 ≪10.本場スイスでは未放送≫
 ドイツ、フランス、イタリア、スペイン・・・ヨーロッパ各国で放送されて人気を博した日本のアニメ版 『ハイジ』 ですが、本国スイスではいまだ放送されていないんだとか。

 彼らが長く親しんできた原作から宗教・道徳色を抜いて、ただの天真爛漫な少女にしてしまったこと。 また原作にはない犬のヨーゼフの、「スイスといえばすぐセントバーナード」 という発想が気にくわないらしい。
 たしかに日本人だって、『一休さん』 から仏教色と とんち を抜いて、新右ェ門さんをニンジャにされたら怒るだろう。 そんなスイス人の気持ち、分かってあげたい。
 それでも少しずつは、アニメ版 『ハイジ』 への理解がすすんでいるそうです。やっぱり抜群に面白いもんね。


 ・・・有名な 「クララが立った!」 シーンもいいけど、やっぱり最終回、歩けるようになったクララが父や祖母と再会する場面が感動的。今回ばっちり永久保存して、末代までの宝にします。

 
関連記事
19:38  |  この本!  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【アカデミー賞全作品】 2013.09.15 (Sun)

『ブロードウェイ・メロディ (1929米)』

第2回アカデミー作品賞~~トーキー最初期のミュージカル

02 ブロードウェイ・メロディ

 ≪感想≫
 田舎姉妹のヘタクソな歌と踊り。姉の忠告にキレる妹・・・のさんざ繰り返し。そして信じられない結末。(脚本家は女性のようだが、エ~!?)
 サイレントからトーキーへの混乱期にあって、いくらかマシな作品だったそうだが、現代のレベルからすればまったく標準以下。演技、演出、脚本、カメラ、編集・・・、すべてが洗練されていないし上手くない。

オスカー度/★☆☆
   満足度/★☆☆



 『ブロードウェイ・メロディ (1929米)』

 監督/ハリー・ボーモンド
 主演/アニタ・ペイジ (ハンク・マホーニー)
     ベッシー・ラヴ (クィニー・マホーニー)
     チャールズ・キング (エディ)

 ≪あらすじ≫
 ブロードウェイの人気歌手に出世したエディを頼って、N.Y.に上京した踊り子ハンクとクィニーの姉妹。しかしエディは恋人の姉ハンクではなく、美しく成長した妹のクィニーに魅かれていく。

 ≪見どころ≫
 ブロードウェイの踊り子たちの恋模様を描いたミュージカル劇。
 1927年『ジャズ・シンガー』の登場により、サイレントからトーキーの時代に突入したハリウッド。当初は「ただ歌うだけ、しゃべるだけ」の作品も少なくなかった中、本作は比較的ドラマとして整ったほうだったとか。踊り子たちの健康的なお色気とあわせて注目を集めたという。
 歌詞のアーサー・フリードは、'50年代にMGMミュージカル黄金時代を築いた後の大プロデューサー。



 ≪受賞≫
 アカデミー作品賞の1部門受賞。
 (他の作品賞候補 『The Patriot』 『ハリウッド・レビュー』 『アリバイ』 『懐しのアリゾナ』)

 半年前に始まった世界大恐慌。不作の年に、最大手MGM社の政治力で戴冠しただけの作品。(初期のアカデミー賞は、業界内の慰労パーティーみたいなものでしかなかった。)



 『BROADWAY MELODY』

 製作/ハリー・ラプト
 監督/ハリー・ボーモント
 脚本/サラ・Y・メイソン
 原作/エドマンド・グールディング
 撮影/ジョー・アーノルド
 音楽/ネイシオ・ハーブ・ブラウン 作詞/アーサー・フリード

 MGM/110分

 
関連記事
15:50  |  アカデミー賞全作品  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【  ドラクエ2】 2013.09.12 (Thu)

『ドラクエⅡ』 冒険記5~ベラヌールと金のカギ

 
ロトの紋章(10)

 スーパー・ファミコン(SFC)版 『ドラゴン・クエストⅡ』 の冒険記。中盤の拠点ベラヌールの町から格闘王国デルコンダル、金のカギを探してザハンの孤島までです。
 
世界地図 (Google 「ドラクエ2 地図」 画像検索)
アイテム入手リスト (攻略サイト「D-navi」さん)



 【ベラヌール】
 西の島、湖に囲まれた町。後半戦の拠点。「ゲームのセーブ、預かり所、福引き所」 がそろう。
 狭い通路をさえぎる住人たちにイラッ。
 買い物。 「ちからのたて」(ロサ守+18、21500G)は、戦闘中に 「つかう」 と自身にベホイミ効果。装備できないム王女も使えるので、ぜひぜひ3つ買おう!

 はじめてここの宿屋に泊まると、サ王子が病気になるので注意。南の小島で得られる 「せかいじゅのは」 を 「つかう」 で治癒。 ちなみにそのまま2人だけでゲームクリアすると、サ王子がすねるらしい。

 ≪裏ワザ!「世界樹の葉」10枚!≫
 ベラヌールの宿屋、サ王子の病気離脱を利用して・・・。
 サ王子が離脱しても、向かい合えばアイテムの受け渡しはできる。「せかいじゅのは」 を拾ってきては使わずに渡す・・・を繰り返せば、最大10枚持つことができる! 最終決戦の前にするといい。スーファミ版のみの裏ワザ。


 奥の閉ざされた通路については後日。



 【デルコンダル】
 ローレシア南の島国。「やまびこのふえ」 を吹いてみよう。
 格闘好きの王様。ゲームのセーブは御前試合後にしてもらえる。
 武器屋の宝箱に 「ガイアのよろい」(ロ+47、非売品)。「金のカギ」 が必要。
 買い物・・・「まほうのよろい」(ロサ守+35、4300G、呪文軽減)・・・サマルトリア王子に。

 ※御前試合の相手はキラータイガー(攻撃力95、HP80)。通常戦闘の延長レベル。けっこう後々まで残しておいたら、楽勝すぎて困った。(ちなみに公式本の到達レベルはLv.21。それでも楽だろう。)
 あと、武器屋・預かり所の前にいるおっさんが邪魔! わざとなんだろうけど、ただムダないやがらせ。




 【ザハン】
 冒頭のローレシア「旅の扉」 から見えた、絶海の孤島。
 人なつこいワンちゃん。「金のカギ」 を入手。

 ≪金のカギ≫
ローレシア宝箱・・・「1201G」 ほか、たね類など。
           「ロトのしるし」 ⇒ラダトーム南のほこらで 「ロトのかぶと」 。(しるしはもう不要。)
サマルトリア宝箱・・・「ロトのたて」
デルコンダル武器屋の宝箱・・・「ガイアのよろい」(ロ・守+47)。
世界の南の町、ひとりぼっちの男・・・ペルポイの町への入口



 ・・・次回、ベルポイの町で 「牢屋のカギ」 を得てテパの村へ。最重要アイテムが続々登場。
 そちたちの かつやくを きたいしておるぞ!

 
関連記事
22:15  |    ドラクエ2  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【アメリカ映画】 2013.09.08 (Sun)

ディズニーの 『白雪姫』

ディズニー『白雪姫』


無料BSチャンネルの「Dlife」で、あのディズニーの名作 『白雪姫』 が放送されるそうです。今夜。


むかし満を持してセルビデオが発売されたとき、「これを逃すと今後ソフト化もテレビ放送もない」

・・・なんていう触れ込みだったので、無理してお小遣いをはたいて買いました。

もちろんそんなのウソっぱちで、ディズニー社の商魂たくましさを恨んだものです。


それはさておき、今回の放送は小鳩くるみさん以下なつかしの吹き替え版。(アタックNo.1「女の子だモン」が有名)

七人のこびと役に熊倉一雄・滝口順平・槐柳二さんら豪華実力派。

Dlifeの放送ということで心配したが、無個性で力のない現代声優じゃなくてよかった。


「フル・アニメーション」 と呼ばれる、1秒24コマを最大限に使った優雅でなめらかな動き。

国産アニメにどっぷり浸かって育った世代なのに、初めて観たときは文字どおり魔法にかかったよう。

どうやればこんな事できるのか不思議でたまらなかった。

人間の役者が演じたフィルムをそのまま絵に起こした、というのは有名な話です。


アニメの動きを限定する 「リミテッド」 には 「リミテッド」 の魅力があるのは重々承知ですが、

本物に触れた感動は今も忘れられません。


1937年。 その年の 「影のアカデミー作品賞」 と呼ばれたアニメーション映画の金字塔。

海の向こうでは、愚かな戦争の時代が始まっていました。

 
関連記事
18:13  |  アメリカ映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【アカデミー賞全作品】 2013.09.04 (Wed)

『つばさ (1927米)』

第1回アカデミー作品賞~~アカデミー賞の離陸

01 つばさ(50)

 ≪感想≫
 空を大きく使った空中戦や悠然と美しい離陸シーンなど、飛行機の魅力を余すところなく映していて、宮崎駿監督のアニメに通じるものがあった。実験的なアイディアが散りばめられた当時の撮影テクニックの高さにはまったく驚かされた。
 それ以外のロマンス部分などはやや退屈だったが、それも時代の好みだったのだろう。
 ヒロインのC・ボウは当時のセックス・シンボルだったとか。アニメの女の子をリアル実写化したような瞳の大きさ。

 オスカー度/★★☆
    満足度/★★☆



 『つばさ (1927米)』

 監督/ウィリアム・A・ウェルマン
 主演/チャールズ・バディ・ロジャース (ジャック)
      リチャード・アーレン (デヴィッド)
      クララ・ボウ (メリー)

 ≪あらすじ≫
 第1次大戦下、航空隊パイロットに志願したジャックとデヴィッド。ふたりは恋敵であったが、厳しい訓練と戦闘の中で友情を育んでいく。一方、ジャックに想いを寄せる娘メリーも看護兵として従軍、休暇中のパリでジャックと切ない再会を果たす・・・。

 ≪見どころ≫
 同1927年5月にリンドバーグが単独大西洋横断無着陸飛行に成功、折からの航空ブームが頂点に達した時代の大型活劇。軍やアクロバット飛行隊の全面協力のもと、戦闘機パイロット出身の監督とカメラマンが大空の戦いをみごとに活写。
 後の名優ゲイリー・クーパーが脇役で出演。
 アカデミー作品賞唯一のサイレント作品。(あえてサイレントで作った現代作品を除く。)



  ≪受賞≫
  アカデミー作品賞、技術効果賞の計2部門受賞。(候補2部門中)
  (他の作品賞候補 『最後の命令』 『裏切者』 『第七天国』 『肉体の道』)

 もともとアカデミー協会は、経営者たちが組合対策として始めた寄り合いがはじまり。映画賞はオマケとして設けられた。
 その記念すべき初の授賞式は、あの世界大恐慌「暗黒の木曜日」の5か月前、1929年5月16日。映画関係者だけのささやかな祝宴。当初はレースというより、内輪の慰労パーティーのような雰囲気だったという。 そのため芸術性より力関係、当時の最大手MGM社の作品に賞がかたよる弊害もあった。



  『WINGS』

 製作/アドルフ・ズーカー
 監督/ウィリアム・A・ウェルマン
 脚本/ジョン・モンク・ソーンダース、ホープ・ローリング、ルイス・D・ライトン
 撮影/ハリー・ペリー
 技術効果/ロイ・ポマロイ

 パラマウント/140分

 
関連記事
19:08  |  アカデミー賞全作品  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【  ベランダでメダカ】 2013.09.01 (Sun)

シリーズめだか⑧~道具

032(20).jpg


 わが家のメダカ飼育関連グッズは、あきれるほど安くあがりました。水槽や水草、土、エサ・・・、これらはほとんどあり物か、ご近所からのもらい物ですませています。
 わざわざ買った道具といえば、水換え用の灯油ポンプ100円くらい。自然に近い屋外飼育なので、ブクブクや照明とはいっさい無縁。気分は山頭火です。


 ≪8.道具≫
 水槽周辺の道具は、実際に飼ってみてから、必要と思ったものをゆっくり用意すればよい。清潔であれば、台所などの使い古しでもまず問題ない (うちは 「すくい網」 を台所から転用)。

灯油ポンプ・・・水底にたまった汚れを吸い取る。
予備の水槽・・・発泡スチロール箱。メダカや水草の一時避難用や、卵や稚魚の飼育用など。
         ほか、水のくみ置き用など必要に応じて。
網・ピンセット類・・・魚や卵、水草などを保護する時に。



 カルキ抜きやコケ予防などの薬品類、エアポンプ、フィルター、照明など器具は、メダカ飼育にはぜいたく。(ただし室内飼育の時は、日光不足になりがちなため、照明やエアポンプなどが必要になる場合もあります。)



 ≪室内飼育の注意≫
 室内飼育の経験がないので詳しいことは分かりませんが、ほんの基本的な注意点をいくつか・・・。

① 水槽は光が入る明るい場所に置く。
② エアコンをつける部屋や、夜も明るい部屋には置かない。人間の気配もできるだけ避けたい。
③ 透明な水槽の場合、臆病なメダカが隠れられる場所をつくる。
④ エアポンプは、小さなメダカの負担にならないよう細かい泡にすること。



 異論・補足などありましたらぜひ教えてください。次回は、手はかからないけど静かに見守りたい、冬のめだかについてです。

 
関連記事
15:51  |    ベランダでメダカ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑