FC2ブログ

【エンタメ&テレビ】 2012.08.29 (Wed)

太陽にほえろ!第65話 『マカロニを殺したやつ』

 
タイトル(50)

  太陽にほえろ!第65話 『マカロニを殺したやつ』

 山さん(露口茂)に本庁栄転の話が持ち上がるが、彼にはひとつ心残りがあった。マカロニ刑事(萩原健一)を殺した犯人が、いまだ逮捕されていないことだ。一係の刑事たちの熱心な捜査も空回りするばかり。ところがマカロニの血がついたシャツが発見されたことから、事態は急展開を迎える。



 視聴者からも問い合わせが殺到したという、「マカロニ刺殺事件」 の決着編です。 ショーケンこと萩原健一さんは直接は出演していませんが、「殉職」 の瞬間など、思い出のシーンが随時挿入されます。
 立ち小便の最中にいきなり刺される 「カッコ悪い犬死に」 は、ショーケン自身が望んだ死に方だったそうですが、今回の結末も、ショーケンらしい 「やるせない皮肉」 にあふれています。
 それでも残された仲間たちの深い愛に見送られて、天国のマカロニ刑事も少しは浮かばれたのではないでしょうか。 同時に、ショーケンら学生運動世代の 「挫折感とその美学」 はそろそろ薄れつつあることも感じました。

 ところでその残された刑事さんたちですが、愛する仲間を殺した犯人を捕まえるためなら、何だってします。 理由も言わずいきなり街の不良を殴り倒し、人が行き交う往来でも平気で銃をぶっ放します。山さんは不良に向かって 「好き勝手なことを・・・」 と怒りの叫びを発しますが、あんたらに言われたかない。 途中、ボスが 「それじゃ暴力団と一緒だ!」 と叱ってくれたので、胸がスカッとしました。

 ただ、ラストはすばらしかった! シリーズ全話でも屈指ではないだろうか。(事実、『太陽』 名場面集で見た記憶がある。)
 署の屋上で、ボス(石原裕次郎)と山さんふたり・・・。栄転の話がご破算になり、お互い 「出世できない人」 と苦笑い。しかし山さんは言う、「私には仲間がいる」。
 そんなふたりの脳裏に浮かぶ、元気に走る在りし日のマカロニ刑事の追憶 (なつかしい旧opシーン)。 ふと街に目をやると、がむしゃらに駆けまわるジーパン(松田優作)の姿が。 今を生きる若い刑事のひたむきな情熱・・・、そうやって七曲署の刑事魂は受け継がれていくのだろう。ジーパンの力強い疾走で、完。

 監督:山本迪夫  脚本:長野洋、小川英  初放送:1973/10/12
 (参考・姉妹ブログ≪クラシック正倉院≫


 
関連記事
23:44  |  エンタメ&テレビ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑