【ヒッチコック米時代】 2012.06.27 (Wed)

『レベッカ (1940米)』

(ヒッチコック全作品) 
24.レベッカ

 ≪感想≫
 現代人からすれば、もとが浮世離れしているマンダレーの住人より、終始オドオド・ペコペコしているヒロインのほうに問題を感じてしまう。日本娘ならともかく、アメリカ娘がここまでオドオド・ペコペコはないだろう。(実際、当時新進のフォンテーンは、ヒッチやオリヴィエら母国イギリスの大物に厳しくされて怯えていたのだそうだ。そう望んだヒッチの責任ではあるが、アルマ夫人や脚本J・ハリソンは 「びくびくしすぎ」 と起用に消極的だったという。)
 ヒッチ自身、「英米映画の違いは、女性にも受けるよう作らなければならないかどうかだ」 と言及しているが、これでは当時から古臭かったことだろう。 まだ 「イギリス・コンプレックス」 が (辛うじて!) 生きていた時代の、高貴な身分に嫁ぐことが無条件の幸福とされた時代だからこそのおとぎ話だ。21世紀にはもう通じない。



 A・ヒッチコック監督第24作 『レベッカ (1940米)』

 出演/ローレンス・オリヴィエ (マキシム・ド・ウィンター公)
     ジョーン・フォンテーン (公爵夫人)
     ジュディス・アンダーソン (ダンヴァース夫人)
     ジョージ・サンダース (ファヴェル)

 ≪あらすじ≫
 イギリスの貴族ド・ウィンター公と結婚したアメリカ娘が、謎の死を遂げた公の前妻レベッカの影に脅かされる。何かにつけレベッカの名を口にする家政婦ダンヴァース夫人。レベッカの死の真相をめぐってマンダレーの森に戦慄が走る…!

 ≪解説≫
 ヒッチが記念すべき渡米第1作に選んだ、ロマンティック・ミステリーの名作。端麗なモノクロ映像が織りなす美しくも恐ろしき世界。
 足音なくすぅーっと現れるダンヴァース夫人の冷たさ生気のなさ。 名前もなく肩書きだけで呼ばれる自己の否定と喪失感。そして死せるレベッカがすぐそばに生きて(--レベッカ目線のカメラワーク!--)、自分を飲み込んでいくような錯覚・・・。そんな 「まぼろしの存在感」 が怖い。
 モンスターや鮮血など視覚で怖がらせることは簡単だが、恐怖の対象を最後まで 「見せない」 ことの怖さを知り、それで実際に物語をもたせてしまうヒッチの確かな手腕。遺品や署名など、亡きレベッカの 「存在感」 が次第に増していく小道具使いも巧い。

 ヒッチコック作品を代表する悪役で、陰湿な 「嫁イジメ」 を見せるダンヴァース夫人は、「米映画協会AFIが選ぶ歴代悪役」 の第31位にもランクされている。(ちなみに同2位が 『サイコ』 のノーマン・ベイツ。)
 製作のセルズニックは、前年の 『風と共に去りぬ』 の歴史的成功で絶頂を極めた大物プロデューサー。 ヒッチのアメリカ進出を画策した (当時ヒッチ41歳、セルズニック38歳)
 アカデミー作品賞、モノクロ撮影賞受賞。(下の追記にセルズニックとオスカー裏話)

 ≪ヒッチはここだ!≫
 終盤、電話ボックスを出たファヴェル氏が警官とからんでいる後ろを通り過ぎる。
 ・・・とされているが後ろ姿なので確信は持てない。 スチール写真は残っているが、実際の登場場面はカットされたという話もある。



  『REBECCA』

 監督/アルフレッド・ヒッチコック
 脚本/ロバート・E・シャーウッド  (最終的な仕上げ。実際はマイケル・ホーガンが主筆。)
     ジョーン・ハリソン (ヒッチの個人ブレイン。ここではヒッチの代理クレジットと思われる。)
 原作/ダフネ・デュ=モーリア
 撮影/ジョージ・バーンズ (アカデミー白黒撮影賞)
 音楽/フランツ・ワックスマン
 製作/デヴィッド・O・セルズニック

 セルズニック・インターナショナル・ピクチャーズ 130分
 
関連記事

タグ : ヒッチコック  テーマ : サスペンス映画  ジャンル : 映画

21:31  |  ヒッチコック米時代  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【  ベランダでメダカ】 2012.06.23 (Sat)

メダカの菜園?

キャベツの花 (4)PNG20

 
メダカ水槽に野菜の切れ端をつけておいたら、みるみる芽が出てきました。

右上は大根の首、左上はミツバ、そして手前に向かってキャベツの花です。

豊作豊作、今夜は大宴会ワーイ・・・ってだれが食うか。


おかげさまで、水中には根っこもワシャワシャ。

このワシャワシャのマングローブ状態がいい隠れ家になって、メダカの稚魚が育ってくれれば。


当のメダカたちは、エサを食べない半冬眠の間はご主人様を忘れやがりますが、

今こうしてエサをやる季節になると、手をかざすだけで目の色を変えて飛んできます。

かわいいものです。

5年6年と飼ってると、キミたちの現金さにはもう慣れました。

ハイ、今日のご飯ですよ。


・・・発泡スチロールの水槽は、「ビフォーアフター」 してから1年。

すだれで直射日光を9割方カットしたので、水槽の汚れは大幅に減りました。

緑色のにごりも、糸のようなアオミドロもほとんどありません。

壁面のコケは、多少はついているほうがメダカたちのエサになる。


今年は水槽換えせず、もう1年これでいきます。

 
関連記事

タグ : メダカ  テーマ : メダカ  ジャンル : ペット

10:11  |    ベランダでメダカ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【 このスポーツ!】 2012.06.19 (Tue)

サッカー、EUROとジャパン

キャプ翼2(50)
『キャプテン翼・ワールドユース編』

 ヨーロッパ・サッカーの最強国を決める 「EURO2012」 欧州選手権がまっさかりです。
 現王者スペインやC・ロナウド率いるポルトガルが人気のようですが、ぼくは先のW杯でも大活躍した新生ドイツを応援しています。いまだ 「退屈サッカー」 からの脱皮に悩んでいる古豪イタリアフランスは当分いいや。
 北欧勢やクロアチア、地元開催ウクライナなど中堅国の 「大物食い」 にも期待しています。

 緒戦から、ワールドカップ決勝を競うような超豪華カードの連続に大興奮。
 このあいだ、8年ぶりに日本代表を見て 「強くなったなあ」 と感心したばかりなのですが、TV解説の松井大輔選手が 「もとの筋肉が違う」 と舌を巻いていたとおり、スピードや球ぎわの強さ・判断力、ガチのぶつかり合いの迫力がまるっきり違いました。
 あと審判の質も。
 でも、組織力や小技は日本のほうが丁寧。(「上」とは言わない。「丁寧」)。いや、そうやって比べられるだけでも強くなった証拠、ということでしょうか。また2年後くらいに期待しています。

 「EURO」 はいよいよ決勝トーナメント。何ともぜいたくに間引きされて、ようやく全試合を追える数になりました。あまりのめりこまず、最高峰の試合をのんびり堪能するのも結構いいものです。
 
関連記事

タグ : サッカー 欧州選手権  テーマ : EURO2012  ジャンル : スポーツ

00:26  |  このスポーツ!  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ヒッチコック米時代】 2012.06.16 (Sat)

『海外特派員 (1940米)』

(ヒッチコック全作品) 
25.海外特派員

 ≪感想≫
 オランダ風車の怪や洋上の飛行機撃墜など、大掛かりな冒険の連続はもちろんですが、ひょうひょうとしたヴァン・メアや先祖が首を切られた「ff」フォリオット記者、カーチェイスのせいで道を渡れない老人など、合間合間のユーモアも乗っていて本当に飽きさせない。
 どこまでも明るく軽快・痛快な娯楽作、これが日米開戦前夜のきな臭い時局に作られたとはあらためて驚かされた。 しかも同時に、格調高い 『レベッカ』 も作ってしまうヒッチの懐の深さ。 最高のハリウッド・デビュー。

 英ウェストミンスター大聖堂での殺し屋おやじ (おなじみエドマンド・グゥエン) のカメラ目線に思わずドキッ。 『裏窓』 のソーウォール氏、『知りすぎていた男』 の教会のおばちゃんと並ぶ、ヒッチの 「三大カメラ目線」 だ。



 A・ヒッチコック監督第25作 『海外特派員 (1940米)』

 出演/ジョエル・マックリー (ジョニー・ジョーンズ)
      ラレイン・デイ (キャロル・フィッシャー)
      ジョージ・サンダース (フォリオット記者)
      ハーバート・マーシャル (キャロルの父フィッシャー)
      アルバート・バッサーマン (ヴァン・メア)

 ≪あらすじ≫
 第二次大戦前夜。アメリカの新聞記者ジョニーは、海外特派員として緊迫するヨーロッパに飛ぶ。彼は開戦のカギを握る政治家ヴァン・メアを取材するが、メアは公衆の面前で暗殺されてしまう。ヴァン・メアが残した秘密条約をめぐって、ジョニーと悪の組織との対決が繰り広げられる。

 ≪解説≫
 渡米第1作の 『レベッカ』 と並行して作られた娯楽冒険サスペンス (アカデミー作品賞にWノミネート。『レベッカ』 が受賞)。 大がかりなスペクタクル活劇の中、傘の花が乱舞する暗殺シーンが秀逸。
 時代は日米開戦前夜、刻々と変化する現実の世界情勢を追うように製作。「戦火のイギリスを見捨てた」 という負い目のあるヒッチにとって、戦意高揚をあおる作品づくりは祖国への罪滅ぼしの意味もあった。(ラストの主人公の演説は、たまたま立ち寄ったジョン・フォード監督 --ヒッチと同じアイルランド系の縁-- が演技指導したのだとか。)

 ヒッチたっての依頼で巨大セット群をプロデュースしたのは、ウィリアム・キャメロン=メンジーズという名匠。美術装置部門に総合プロデュースの概念を確立した人で、前'39年の『風と共に去りぬ』でアカデミー美術賞を受けているほか、ヒッチの 『白い恐怖('45)』では有名な悪夢のシーンの演出(失敗作だと思った本人の希望でノンクレジット)もしている。

 ≪「マクガフィン」について≫
 物語のカギは“秘密条約”であるが、最後までこの条約の実体は明らかにされない。ヒッチはこれらカギとなる設定を 「マクガフィン」 と呼んでいるが、本作に限らず余計な意味づけは一切なされていない (後の 『北北西…』 でのマイクロ・フィルムが好例)。
 つまり秘密文書の内容が何であろうが、悪の組織がどういう人たちで構成されていようが、どうでもいいことなのだ。むやみに 「マクガフィン」 に意味づけして観客を煩わすより、単純な設定のもとで主人公の波乱万丈の冒険を描くことこそ、ストーリーテラーとしての身上だとしている。
 反面、「娯楽映画の職人監督」 として芸術面では長く軽視される原因にもなった。

 ≪ヒッチはここだ!≫
 13分、主人公が振り返った瞬間にすれ違う、新聞を読んでいる男。



 『FOREIGN CORRESPONDENT』

 監督/アルフレッド・ヒッチコック
 脚本/チャールズ・ベネット、ジョーン・ハリソン
 撮影/ルドルフ・マテ
 音楽/アルフレッド・ニューマン
 美術/アレクサンダー・ゴリツェン、ウィリアム・キャメロン・メンジーズ(総監督)
 製作/ウォルター・ウェンジャー

 ウェンジャー・プロ=ユナイト 120分
 
関連記事

タグ : ヒッチコック  テーマ : サスペンス映画  ジャンル : 映画

12:30  |  ヒッチコック米時代  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【東京ずまい】 2012.06.13 (Wed)

ネコと夏目家之墓

 
東京の都心4大墓地のひとつ、池袋の雑司ヶ谷霊園。 (and青山、谷中そしてソメイヨシノ由来の染井)

小泉八雲、竹久夢二、ジョン万次郎、辞書の金田一先生…、そうそうたる偉人がここに眠っていますが、

「雑司ヶ谷」 最大のスターといえば、やっぱりこの人かな?  「夏目漱石」


夏目家之墓 (7)20

夏目家之墓


 本当の 「夏目家之墓」 はこの横。 このデカいのは漱石さんのための碑みたいです。

 堂々たる御影石。 これで歯を漱 (すす) ぐとなると5万年はもちそう。


 ごそごそとカメラを用意していると、都合のいいことにネコちゃんが寄ってきました。

 吾輩キャンペーン? 専属マスコット?

 何かもらえると思ったのか、バッグの中をのぞきこむ人なつこさ。

 缶コーヒーしかないぞ。

 ずいぶんおとなしいので、お墓の前でポーズをとってもらいました。



夏目家之墓 (8)20

モデル役に飽きた


 犬でも河童でもない、夏目には 「猫」 だって自分でも分かってるんだろうね。

 病気か何かで、片目が見えなくなっていたのが気の毒だった。



夏目家之墓 (12)20

名前はたぶん無い。


 静かな霊園は隠れた都会のオアシス。

 見上げれば緑の波。 心地よい初夏の風に時間も忘れて、国民的大文豪に思いを馳せました。

 
関連記事

タグ : 夏目漱石 吾輩は猫である  テーマ : 読書  ジャンル : 小説・文学

08:29  |  東京ずまい  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【JAZZ】 2012.06.09 (Sat)

ジミー・スミスのジャズ煮込み

J・スミス『ザ・サーモン』


 いま、ジャズ・オルガンの第一人者ジミー・スミス(1925-2005)にどっぷりハマっています。
 「ブルージー」「ファンキー」「ソウルフル」「アフロティック」・・・・ゴリゴリのギトギトの、黒人ならではの体臭あふれたつジャズ肉食獣。 一番知られているとすれば、マイケル・ジャクソンの 『BAD』。間奏部のオルガンを弾いているのが彼です。

 問答無用の大ヒット作 『ザ・キャット』 も大好きだけど、もうひとつの代表作 『ザ・サーモン』!! (1957-58)

 アート・ブレイキー(ds)、ケニー・バレル(g)、リー・モーガン(tp)、ルー・ドナルドソン(as) らが豪華競演。 各人が好き勝手にやらかす、これぞジャズのホルモンごった煮込み。

 ブレイキー親父が刻む、下品な !? ドラムのリズムなんか、ジュージュー焼ける肉の音さながら。
 座長J・スミスのハモンド・オルガンは、鍋底でコッテリ煮詰めた肉汁グレービー。
 アルト&テナーの両サックスはハリキリすぎ。(※2曲目 『J.O.S.』 に入る 「Beee--p!」 とつんざくオルガン音は、「いい加減やめろ!」 という座長からの警笛??)

 ・・・こんなの食ってたら、60歳まで体がもつまい。でもクセになっちゃう脂身の魔力。K・バレルとL・モーガンの洗練で、何とか栄養のバランスを保っています。

 ちなみに 「サーモン」 は 「鮭(salmon)」 ではなく 「お説教(sermon)」 という意味。1曲10分も20分もクドクドやって、3曲しか収録していないこのアルバムにぴったりで笑える。そのくらい、しっつこい大傑作です。

 ぜったい好き嫌いが出そう。

 
関連記事

タグ : ジミー・スミス ジャズ  テーマ : JAZZ  ジャンル : 音楽

10:49  |  JAZZ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ヒッチコック米時代】 2012.06.05 (Tue)

『スミス夫妻 (1941米)』

(ヒッチコック全作品) 
26.スミス夫妻

 ≪感想≫
 イギリス時代の夫婦コメディ 『リッチ・アンド・ストレンジ('32)』 からそうでしたが、奇人ヒッチが描くキャラクターは奇抜すぎ。ハイテンションな雰囲気は楽しいが、それぞれの言動が極端すぎて共感できませんでした。
 妻のキャラクターは「自分を一番大事にしてほしい」一辺倒で、女心の機微や自立した人格にまで踏み込んでいるわけではない。「女は可愛いけどめんどくさいもの」という、しょせん男の発想、男の願望どまり。そういう古い軽い作品。 



 A・ヒッチコック監督第26作 『スミス夫妻 (1941米)』

 出演/キャロル・ロンバード (アン・スミス)
      ロバート・モンゴメリー (デヴィッド・スミス)
      ジーン・レイモンド (ジェフ・カスター)

 ≪あらすじ≫
 アンとデイヴィッド、周りもあきれるほどアツアツのスミス夫妻。ところがある日、役所の手違いでその結婚は無効だったと分かる。ふたりは晴れて「二度目の結婚」に至るのだが、もう一度新婚当初のドキドキを味わいたかったアンと、単に事務的な手続きに過ぎないと思っていたデイヴィッド・・・。ふたりの感情はややこしくこじれていく。

 ≪解説≫
 ヒッチにはめずらしい(アメリカでは唯一の)純コメディ作品。俳優クラーク・ゲーブルと新婚ホヤホヤだったC・ロンバードに頼まれるまま、脚本どおりにさっさと撮りあげた・・・とはヒッチ本人の弁だが、実際はかなりノリノリで作っていたとか。
 ちなみにデイヴィッド役のモンゴメリーは、あの名作TVドラマ 『奥様は魔女』 サマンサ役で有名なエリザベス・モンゴメリーの父。

 ≪裏話≫
 この頃、感情的な「俳優は家畜だ」発言で物議をかもす。(後に「厳しく接するべき」という意味だと弁明。)
 ただでさえ根暗なイギリス人ヒッチには、アメリカ流の気安くくだけた態度が軽薄に映ったのだろう。もっとも当のハリウッド俳優たちは、「人格より才能」を重んじる実力社会ならではの鷹揚さで、ヒッチの演出力と現場運営力に敬意を払い続けた。とはいえ、アカデミー賞など人徳がものをいう舞台では、圧倒的に不利だったことは想像に難くない。

 ≪ヒッチはここだ!≫
 45分ごろ、デヴィッドと友人がにらみ合いながらアン宅を後にするシーンで、アパートメントの前を横切る。



 『MR. AND MRS. SMITH』

 監督・製作/アルフレッド・ヒッチコック
 原案・脚本/ノーマン・クラスナ
     撮影/ハリー・ストラドリング
     音楽/ロイ・ウェッブ
     製作/ハリー・E・エディントン

 RKO 95分
 
関連記事

タグ : ヒッチコック  テーマ : サスペンス映画  ジャンル : 映画

21:25  |  ヒッチコック米時代  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ナチュラル・ライフ】 2012.06.01 (Fri)

豆苗は豆の苗

豆苗(15)

 
今年のプランター栽培・・・、

マメ類は根からチッ素を出して土壌を回復してくれるそうなので、これに決定。


植えるのは・・・スーパーで買った 「豆苗」 の根っこ部分!

なんたって 「豆の苗」 だからね、やがては花が咲いてマメが採れるはず。


ちなみに、水栽培でも2~3回は 「豆苗」 が採れるそうです。


あと、一緒に植えると相性のいい 「コンパニオン・プランツ」 として、

害虫よけのローズマリーの鉢を隣りに置きました。

(土の病原菌を撃退してくれるというネギ類も植えようかと思ったが、

豆類とは相性が悪いらしい。)


・・・かくして、適当に水をやること幾日夜。

無事に根づいたようで、切り口からワサワサと新しい芽が生えてきました。

もとの豆苗より柔らかくておいしそう。

間引きがてら、お味噌汁に入れて食べました。


でもこれって、まんま牧草じゃん。

食後ダラダラと放牧したので、いい霜降りになるとは思います。

 
関連記事

タグ : 豆苗 家庭菜園  テーマ : 家庭菜園  ジャンル : 趣味・実用

23:03  |  ナチュラル・ライフ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑