【京都・奈良&和ふう】 2012.03.28 (Wed)

ふくさの色

 
 お茶の席などで使う 「ふくさ」 を新調しようとお店に行きました。

■■■■
萌黄色 (font color=#82ae46)


 第一印象は、春らしく若々しい 「萌黄(もえぎ)色」。
 控えめなやわらかさがあっていいなあ、と決めかけていたのですが、お店の人と話すうち、緑色は弔事用なのだと知りました。
 「そんなに気にしなくてもいい」 とのことですが、そう言われたら気にするものだ。
 仕方なく却下。

 そこで次に目が止まったのは、さびた風合いが渋くて大人っぽい・・・


■■■■
青鈍色 (font color=#2B3236)


 ・・・でも 「青鈍(あおにび)色」 と分かって、これもパス。
 かの 『源氏物語』 で、妻の葵上を亡くした光源氏と六条御息所の間でやり取りされた手紙の色―― 。明治以降に黒色が定着するまで長く 「喪」 の色とされたのが、この 「あおにび色」 です。
 ぼくが知る 「青鈍」 はもっと淡く緑がかっていたのに。 縁起の悪い名前を知ってしまったのが運のつき。 後ろ髪をひかれながら次の色へ・・・。

 これならどうだ、灰色がかった青みが上品な 「藍鉄(あいてつ)色」。

■■■■
藍鉄色 (font color=#393f4c)


 落ち着いた色の厚みを出すため、藍色に鉄を混ぜたことがそのまま名前になった、比較的新しい色らしい。
 これで決まりかな・・・?


 ・・・気がつけば、どんどん渋い方向に。もともと色彩のセンスがあるわけではないので、はっきり言って違いがよう分からん。同じ名前でも染め方によって濃淡があるので、突き詰めるにも限界があります。

 1分1秒の光が織りなす、奥ゆかしきいたずら。
 すっかり出口を見失った、めくるめく色の迷宮。

 色のない都会の風に八つ当たりしながら、この日はスゴスゴ手ぶらで退散しました。
 
関連記事
08:23  |  京都・奈良&和ふう  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ヒッチコック米時代】 2012.03.24 (Sat)

『汚名 (1946米)』

(ヒッチコック全作品) 
32.汚名

 ≪感想 (※ラストに言及)≫
 銃もナイフも出てこない。主人公が断崖に宙吊りされるわけでもない・・・。スパイ・サスペンスものの体裁を取っているが、敵味方に分かれて戦う恋人たちの武器は 「愛」。 ヒロインの汚名もヒーローの任務も晴らされることはなかったが、抱き合って屋敷を脱出するラスト、敵富豪の 「愛」 の敗北で物語が決まる。

 ぐっと面白くなるのは後半、妻の愛はいつわりで、陰謀もあばかれたと知った後の大富豪。ひとつだけ消えたカギや 「1934」 年のボトルの描写などは、ヒッチもノッていてスリル演出に血肉が通っているように思えた。翌朝、苦渋に満ちた息子とどこまでも冷徹な母が相談する場面も。 この母子の両優がいい。

 現代人からすれば、序盤のヒロインの自堕落なエロス感が物足りなかったが、当時はあの長いキス・シーンだけでじゅうぶんスキャンダラスだったということか。 ここに登場する恋人たちの、より抑制を強いられた愛の苦しみもどかしさは潮(うしお)のように伝わってきた。



 A・ヒッチコック監督第32作 『汚名 (1946米)』

 出演/イングリッド・バーグマン (アリシア・ヒューバーマン)
      ケイリー・グラント (T・R・デヴリン)
      クロード・レインズ (富豪アレックス・セバスチャン)
      レオボルティーネ・コンスタンチン (富豪の母)

 ≪あらすじ≫
 父がナチのスパイだと知ったアリシアは自暴自棄な生活を送っていたが、アメリカの諜報員デヴリンと出会い、その調査に協力することに。ふたりは南米リオの富豪セバスチャンに近づくが、アリシアははずみで富豪の求婚を受け入れてしまう。

 ≪解説≫
 人生に絶望するあまり、男を取っかえひっかえのすさんだ生活。ようやく運命の恋人を見つけた矢先に、その愛に報いるために愛してもいない他の男と結婚。 あの人はすぐそばにいるのに! ・・・スリリングな背徳の香りを漂わせたロマンティック・サスペンス。
 バーグマンとグラントの約4分にわたるキスシーンは、当時のハリウッドの道徳を破るセンセーショナルなものだった。(途切れ途切れのキスだから制限時間内だろう?というヒッチの理屈が、悪役レスラーの反則行為みたいで笑えた。)
 アカデミー脚本、助演男優賞(C・レインズ)ノミネート。

 ロマンチストの製作者セルズニックは、諜報活動やウラン鉱など政治・軍事的なプロットのわずらわしさを嫌い (事実FBIなどから目を付けられたそうだ)、作品の権利をRKO社に売り払ったが、ヒッチ自らプロデューサーになってヒットに導いた。
 当のヒッチも、「ウラン鉱」 というマクガフィン (物語のカギとなる設定) は何でも良かったと振り返っている(「ウラニウムがいやならダイヤモンドにしましょう」)。 もったいつけたテーマなんかより、スリリングな恋や冒険の中身で勝負、というわけだ。

 ≪裏話≫
 後の 『サイコ』 にもつながる大富豪のマザコンぶりは、ヒッチ自身の投影と言われている。
 ヒッチの母エマは、カトリックの厳格なしつけを施す一方で、3人兄妹の末っ子アルフレッドを溺愛した。さらにヒッチ15歳のとき夫を亡くした失意から、母子は互いに過干渉に傾き、ヒッチは成人してもしばらくの間、母に一日の報告を丁寧に聞かせていたという。母エマは渡米をうながすヒッチの誘いも聞かず、戦下のイギリスで'42年(『疑惑の影』の撮影前)に病没している。
 富と名声にあかせてヒロインをその手にしながら、もどかしく悩む大富豪の気迷いは、愛する女優バーグマンに対する監督ヒッチの感情そのままといってもよい。(ヒッチはこの頃、「バーグマンからベッドに誘われた」 との妄想を公言していたというのだからアブない人だ。)

 ≪ヒッチはここだ!≫
 64分、富豪邸のパーティでシャンパンを飲み干す。 初級編。



 『NOTORIOUS』

 監督・原案・製作/アルフレッド・ヒッチコック   
         脚本/ベン・ヘクト (アカデミー脚本賞ノミネート)
         撮影/テッド・テツラフ
         衣装/イーディス・ヘッド (後の『裏窓('54)』からはヒッチ作品の常連になる名匠)
         音楽/ロイ・ウェッブ
      共同制作/バーバラ・キオン
                     
 RKO 101分
 
関連記事
17:33  |  ヒッチコック米時代  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2012.03.21 (Wed)

りんごとさつまいもの春巻き

ラーメンマン(40黄色背景)
友情出演:ラーメンマン

 
リンゴを煮込んでジャムにしたところ、甘さひかえめ、思いのほか上品な味に仕上がりました。

そこで、レンジでチンしたサツマイモにからめて、春巻きの皮で包んで揚げて・・・

リンゴとサツマイモの 「揚げ春巻き」 を作りました。


パリパリのポリポリ。


グラニュー糖をまぶしてもいいけど、揚げたてならそのままでもうまい。

「万里の春巻」 にして、端っこからかじり続けていたいです。 目標、天竺。



ギョウザの皮には、あんこを包んで焼いて 「あんこ餃子」 に。

春巻きの皮は、ハムとチーズを乗っけてオーブンで焼いて、お子様ピザに・・・。


皮さえあれば、わたしのお腹は満たされるの。

見つめて、寄り添って、そして包まれて。 このまま中華の皮で眠りたいです。


春巻(40)

 
関連記事
08:23  |  ぐるめ…?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ニュース&カルチャー】 2012.03.17 (Sat)

世界とたたかう 『ザ・イエスメン』!

『ザ・イエスメン』

 関東ローカルの東京MXテレビでやっている 『松嶋×松山・未公開映画を観るTV』 は、毎回毎回、掘り出し物のドキュメンタリー映画で楽しませてくれます。

 今夜は、番組でも人気作となった 『ザ・イエスメン』 の第2弾。

 WTOにマクドナルド、ウォルマート・・・、巨大権力・資本の横暴に 「No!」 という社会活動家はたくさんいる。 が、彼らメンバーは当の権力者や大企業の人間になりすまして講演会やテレビに出演、「弱者を搾取して何が悪い」 と、とことん体制側の論理を展開。そうやって逆説的に巨悪の醜い本音を暴露していく、人呼んで 「お笑いテロリスト」・・・


 ・・・それが 「ザ・イエスメン」 なのだ!

 なりすまし計画の最後には、ちんちんをかたどった奴隷監視モニターや、排泄物を再利用する 「うんこバーガー」 を提唱するなど、あまりにバカバカしいオチが用意されているのだが、彼らがどこまでも大マジメに説明するものだから、納得する者あり、本気で怒る者あり・・・。それでも彼らがニセモノだとは誰ひとり疑わない。
 なりすますための計画がじつに周到なこともあるが、いかに人間が 「しかるべき肩書き」 に弱いか。 同時に、WTOや大企業の独善思考がどれだけ 「そういうもの」 とみなされているか、だ。

 そして何より驚かされるのは、おバカを装いながらも 「権力者のイエスマン」 な「ほめ殺し」の論理を貫き通す彼らザ・イエスメンの知性・教養の高さ!
 それは 「議論大好き国家」 アメリカの面目躍如であると同時に、こういう大掛かりな社会派イタズラを支援するスポンサー文化があり、迷惑をこうむった権力側が本気で告訴するのはヤボ、と考える社会の成熟があってこそ。

 ファシスト橋下なんかに熱を上げている日本人が何周遅れているか。 一市民の幸せを信じて闘う 「個のチカラ」 に、今夜もまた大笑いしながら心底ほれぼれさせられた。


 ・・・来週3月23日(金)深夜は、第2弾の後半部を放送。 戦争犯罪人G・W・ブッシュがついに逮捕される!?

 
関連記事
08:55  |  ニュース&カルチャー  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【  NBA】 2012.03.15 (Thu)

NBA2011-12、前半戦

NBA・んば(30)

 労使紛争のもつれで82⇒66試合に短縮された今季のNBA。 ロックアウト(練習施設封鎖)と過密日程で、選手たちには莫大な年俸と引き換えにハードな試練が課せられました。
 そんな変則2011-12シーズン、前半戦の注目チームを簡単にメモしておきます。


 ≪東西の首位:サンダー、ブルズ、そしてヒート≫


 D・ローズ率いるブルズとK・デュラント率いるサンダーが、それぞれ東西の首位。 そこへ 「新ビッグ3」 のヒートが割って入る。
 リーグの新しい顔、若いサンダーとブルズは脇役陣も充実し、じつに頼もしい戦いぶり。 あとはエースがもしもの時にどれだけできるか、経験が問われるプレイオフでどこまでできるか。今季の優勝はまだ早いだろうが、古巣を見捨てたヒートのレブロンが大キライだからガンバレ!


 ≪大躍進:クリッパーズ、ペイサーズ、76ers≫


 まさか?の大躍進がこの3チーム。いずれもプレイオフ上位シード(4位)圏内。
 クリッパーズはC・ポールとC・ビラップスの2大司令塔が加わり、昨季の新人王B・グリフィンをサポート、今季最大の台風の目に。アキレス腱断裂ビラップスの後半戦絶望が痛い。

 ペイサーズ(D・グレンジャー、R・ヒバート、D・ウェスト…)とシクサーズ(イグドラ、E・ブラント…)は、小粒ながら適材適所の駒をそろえた 「全員バスケ」 が魅力。メンバー不動なことも過酷な変則シーズンに上手く対応できた要因だ。 それでもまさか勝率6割台まで伸びるとは!

 ・・・ほかグリズリーズ(R・ゲイ、ガソール弟、ランドルフ…)やウルヴス(K・ラブ、新人ルビオ)、ナゲッツ(ガリナリ、T・ローソン…)なども、飛びぬけたスターに頼らない玄人好みのチーム作りだから好き。 いずれも激戦ウェストのプレイオフ最終枠争い。


 ≪元王者組:マーベリックス、スパーズ、レイカーズ、セルティックス≫


 前年王者マーベリックスは、いつものようにオフのメンバー変動が激しかったが、金にあかせた豪華編成なのでさすがに大崩れはしない。ただ 「漁夫の利」 優勝っぽかったイメージは変わらず、連覇なるかは他チーム次第だ。

 老雄スパーズは毎年恒例 「魔のロード(本拠地でロデオ大会が開かれるため)」 を連勝で乗り越え、貫禄の上位キープ。ベテランのダンカンや満身創痍のジノビリを温存しつつ、若く堅実な駒でやりくりするポポビッチ采配に抜かりはない。百戦錬磨の彼らのこと、いちいち順位に一喜一憂はしていないだろう。昨季のように肝心のプレイオフで故障者続出…だけを避けたい。

 レイカーズは大物獲りに備えて放出したL・オドム(⇒マヴス)の穴が大きく、中位に埋もれる。孤軍奮闘コービーが得点ランク首位につけるのは、むしろ悪い流れのパターンだ。敵地で大きく負け越し。バイナムが初オールスター初先発にふさわしい風格だが、ケガ持ちなのに酷使しすぎ。(・・・なお、コービーはオールスターで鼻骨を骨折ながらも、M・ジョーダンを抜いてオールスター得点新記録達成。)

 セルティックスは 「旧ビッグ3」 の契約が切れる最後のシーズン。なのに勝率5割前後と、プレイオフ進出ギリギリの線。

 

 ≪ルーキーたち≫


 今季は小粒なルーキー勢では、ドラフト1位PGカイリー・アーヴィングがどん底キャブスの救世主に (新人オールスターMVP)。ほかキングスの2巡目PGアイザイア・トーマス――”バッドボーイズ”ビストンズ初優勝の1989年に生まれた――など、往年の大選手みたいな名前が並ぶ。 縁はないらしい。
 スペインの神童リッキー・ルビオ(ウルブス)は、トリッキーなパスワークで会場を沸かせている。(その後、靱帯損傷で今季絶望。無念!)

 しかし何と言っても最大の話題は、下部リーグからチャンスをつかんだ初の台湾系ジェレミー・リン(ニックス)だ。荒削りながらも果敢なドライブで得点&アシストを量産、期待はずれのアマレ&カーメロに代わって一躍N.Y.のアイドルに。


 ・・・カネにあかせて露骨にスターをかき集めるヒート~マヴス~ニックスより、金の卵をじっくり育て、適材適所のチーム作りにいそしんだ球団が注目されるのはうれしい限り。 NHKもこれを見習って、少しはまともな実況アナウンサーを育ててほしいものです。上野に宮田・・・、ボキャブラリーが貧困すぎる。
 
関連記事
23:37  |    NBA  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ヒッチコック米時代】 2012.03.12 (Mon)

『パラダイン夫人の恋 (1947米)』

(ヒッチコック全作品) 
33.パラダイン夫人の恋

 ≪感想≫
 製作兼脚本セルズニックのワンマン作品で、愛のヘリクツとフンイキ優先。各人が唐突に(!)愛に狂ったり嫉妬したり。
 キャラクターはレールの上で 「駒」 として都合よく動いているだけ。「個」のうねりぶつかりはなく、みんな同じことを知り同じほうを向いている。そんな「えらい人」の言いなりが透けて見える映画など面白いはずがない。

 ヒッチの演出は上品で才能がよく出ている。 被告席の夫人が愛人の入廷を背中で感じ取るシーン、わざわざヒッチお得意の 「スクリーン・プロセス(背景合成)」 で撮ったという微妙な空間のゆがみが、愛の高揚感が湧きあふれるようでとても素晴らしかった。ここだけは何度でも繰り返し観たい。

 ヒッチは 「卑俗な下男」 役のジュールダンが二枚目すぎたことが不満だったようだが、ジュールダンはじゅうぶん健闘している。ほか判事役C・ロートンのスケベったらしさや、その妻役エセル・バリモアの妙なおびえなどもハマリ役で目を引いた。(この夫妻の描写はだいぶカットされたというのが残念。)
 一方、肝心のペックが愛に狂うほど演技派じゃないのが、一番のマイナス印象になったのかも。この勝手に横恋慕する弁護士、いっそとことん悪役にすれば面白かったのに。



 A・ヒッチコック監督第33作 『パラダイン夫人の恋 (1947米)』

 出演/グレゴリー・ペック (アンソニー・キーン弁護士)
      アリダ・ヴァリ (マグダレーナ・パラダイン夫人)
      アン・トッド (キーンの妻ゲイ)
      チャールズ・ロートン (ホーフィルド判事)
      ルイ・ジュールダン (下男アンドレイ・ラトゥール)

 ≪あらすじ≫
 ロンドンの弁護士キ-ンは、夫を殺害したというパラダイン夫人の弁護を引き受ける。彼はたちまち美しい夫人の虜になるが、彼女が卑俗な下男ラトゥールと関係があったことを知り、がく然とする。夫人への盲目的な愛と、ラトゥールへの軽蔑心から、キーンは次第に弁護士としての冷静さを失っていく。

 ≪解説≫
 脚本も担当した製作者セルズニック。いかにも彼好みの大時代的なメロドラマに仕上がった。セルズニックはシーンごとにシナリオを送ってよこすので、ヒッチは全体像をつかめず苦労したという。そこが失敗した最大の原因だ。
 これでセルズニックとの独占契約が切れたヒッチは、本作を最後に独立。 現場への口出しの多さで知られる辣腕プロデューサーと、完璧主義の気難し屋な監督・・・、渡米第1作『レベッカ』以来、かなりの火花を散らし続けた両者は、ついに袂を分かつ。

 ≪裏話≫
 当時のセルズニックは、ヒッチら大物と専属契約を結んでは他社に貸し出す商法で大もうけする一方で、いち製作者としては戦前ほどヒット作を出せずに焦っていた。本作も企画時から周囲の受けが悪く、最終的にはシナリオを自筆するハメに。 相変わらず独裁をふるって疎まれる一方で、ヒッチとアルマ夫妻の顔色をうかがうような弱気も見せていたという。 (この専属契約で縛るやり方と現場への口うるさい介入は、やがて彼が人心を失う原因になった。)
 そんな彼の起死回生となったのが、2年後の歴史的名作 『第三の男 ('49)』。その不滅のヒロインを演じたのがイタリア出身、本作でハリウッド・デビューさせた秘蔵っ子アリダ・ヴァリであった。

 ≪ヒッチはここだ!≫
 35分すぎ、駅を出るG・ペックの後ろ、チェロを抱えてタバコをぷかり。



 『THE PARADINE CASE』

     監督/アルフレッド・ヒッチコック
 製作・脚本/デヴィッド・O・セルズニック
     原作/ロバート・ヒチェンス
     撮影/リー・ガームス
     音楽/フランツ・ワックスマン

 セルズニック=ユナイト 114分
 
関連記事
20:16  |  ヒッチコック米時代  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【禁煙】 2012.03.05 (Mon)

禁煙まる7年

 
2005年3月1日に禁煙を始めて、丸7年がたちました。

この1年もいつもの平穏な1年。


それでも、昔の映画やドラマの中でうまそうに吸われると、いまだにうらやましくなります。

・・・が、その程度。 たまの誘惑は 「一生もの」 と割り切っています。


一度タバコの味を知った 「タバコ脳」 は、そういう受容体ができて一生治らないそうで、

「1本くらい・・・」 でズルズル失敗するのはそのせいなんだとか。

まさに禁煙は一生もの。



そんなぼくに当てつけるように、JTから試供品のタバコが届きました。

むかし懸賞に応募して、個人情報そのままだった。

せっかくだがら、喫煙者のふりをして新しい懸賞にも応募しました。

卒煙の 「年金」 がわりに何かくれよ。


届いたタバコは、誰か仲良くなりたい人にあげることにします。

禁煙アドバイスに乗っかってくれれば儲けもんです。


 ≪DATA≫
 1箱20本×365日×7年間=51100本、
 1箱300円×365日×7年間=766500円…に2010秋の値上げ分をプラスして… =843150円の節約

 禁煙5年で、ガン発病のリスクが50%低下 (非喫煙者レベルになるには何10年もかかるとか!)
 禁煙10年で、タバコで傷ついた細胞(前がん細胞)がほぼ修復される。


 
関連記事
08:25  |  禁煙  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ヒッチコック米時代】 2012.03.02 (Fri)

『ロープ (1948米)』

(ヒッチコック全作品) 
34.ロープ

 ≪感想 (ラストに言及あり)≫
 ノーカット撮影のように見せるのは、ドラマ演出の上ではむしろマイナス。映像に起伏やハイライトがないし、つなぎ目ばかりが気になってしまう。 ただそんなヒッチのあくなき実験精神が、映画史上でも特筆すべき個性と売りになった。 そういうことでいいと思う。 実際にやってみたことがえらい。

 開きそうで開かないチェストの蓋のスリル。 ただし最後まで一度も開けないでほしかった! 開けて死体を見てしまったことで、J・スチュワートの謎解きが説教じみてしまったのが惜しまれる。彼が静かに手を置くラストも、よりいっそう映えていたと思う。
 一方、J・ドールのふてぶてしい冷血漢ぶりは出色。 ヒッチ作品はこの1本だけなのがもったいない。



 A・ヒッチコック監督第34作 『ロープ (1948米)』

 出演/ジェームズ・スチュワート (カデル教授)
     ジョン・ドール (ブランンドン)
     ファーリー・グレンジャー (フィリップ)
     ジョアン・チャンドラー (デヴィッドの恋人ジャネット)

 ≪あらすじ≫
 「優れた者は殺人の特権も許される」という妄想のもと、インテリ青年ブランドンとフィリップは、友人デヴィッドをロープで絞殺する。ふたりはさらにスリルを求め、死体を隠した部屋でパーティを催すのだが・・・。

 ≪解説≫
 全編ノーカットで撮影されたかのような切れ目のない映像。事件の発端から解決まで、80分余の経緯をそっくり上映時間の中に収めた実験的作品。 ドラマとしては必ずしも成功しているとは言えないものの、その実験精神を讃えてヒッチコック第一の傑作に挙げる人も多い。

 実際は(フィルム1巻ぶんの)約10分ごとに、人物の背中や静物でカット編集している。 カメラの動きに合わせて壁や家具をどかしたり戻したりと、現場はとにかく大変だったそうだ。 (無粋ながら…)カットの位置は11分、19分、26分、32分、42分、49分、57分、66分、71分のところ。うちいくつかはノーカット風にせず、通常の画面切り替えになっている。

 ≪裏話≫
 らつ腕プロデューサーのD・O・セルズニックから独立して、イギリス時代の友人バーンスタインとT.A.P社を設立。ヒッチ自身が本格的にプロデュースを担当。門出の一作を初のカラーで飾った。(・・・が、興行はイマイチだったうえ、次作 『山羊座のもとに』 の大失敗で早くも倒産。)

 ≪ヒッチはここだ!≫
 ①冒頭、女性と連れだって通りを歩いている。・・・とされているが確信は持てない。
 ②53分、客たちが帰るシーンで、窓の外で赤く点滅する広告ネオンがヒッチのシルエットになっている。商品名は 「Reduco」 という、以前 『救命艇 (’43)』 に出てきた架空のやせ薬。ヒッチが 「使用前、使用後」 のモデルとしてチョイ役出演したあの有名なネタだ。 芸が細かい! (注:スチール写真で確認。実際の劇中では分かりにくい。)



  『ROPE』

 監督・製作/アルフレッド・ヒッチコック
     製作/シドニー・バーンスタイン
     脚本/アーサー・ロレンツ
     原作/パトリック・ハミルトン
     撮影/ジョセフ・ヴァレンタイン
     音楽/レオ・F・フォーブスタイン

 トランスアトランティック・ピクチャーズ社 80分
 
関連記事
23:15  |  ヒッチコック米時代  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑