FC2ブログ

【ヒッチコック米時代】 2012.02.05 (Sun)

『舞台恐怖症 (1950米)』

(ヒッチコック全作品) 
36.舞台恐怖症

 ≪感想 (※ネタバレあり)≫
 ヒッチ自身も認めているが、男の回想はウソだった、というのは映画のルールを破るアンフェアなやり方。
 そうでなくとも芝居がかったセリフが回りくどく、ストーリーは煩雑なくせにスリルや冒険は低調。ヒロインが素性を隠し通すことや、真相が明かされてからの展開などに驚きがない。年寄りくさいイギリス流の作劇。



 A・ヒッチコック監督第36作 『舞台恐怖症 (1950米)』

 出演/ジェーン・ワイマン (イヴ・ギル)
     マレーネ・ディートリッヒ (シャーロット・インウッド)  
     リチャード・トッド (ジョナサン・クーパー)
     マイケル・ワイルディング (スミス刑事)
     アラステア・シム (イヴの父)

 ≪あらすじ≫
 夫を殺したという舞台女優シャーロットが、愛人ジョナサンのもとに転がり込んでくる。ジョナサンは彼女のために偽装工作をするが、それがもとで警察に追われる身に。演劇学校に通うイヴは友人の汚名を晴らすため、シャーロットの家に単身乗り込んでいく。

 ≪解説≫
 芝居を生業とする者たちの、複雑な化かし合いが展開。 大女優ディートリッヒが貫禄の演技。
 ヒッチは前作 『山羊座のもとに』 に続いて故郷ロンドンで撮影。イギリス風のミステリー脚本に、イギリス人俳優のイギリス演劇風の芝居などイギリスづくしだが、同時に郷愁〈ノスタルジー〉からの卒業でもあった。以後ヒッチはアメリカ流の娯楽と冒険道にまい進し、その黄金時代を築き上げる。次にイギリスで撮影するのは晩年の 『フレンジー('72)』。

 ≪裏話≫
 妻アルマ・レヴィルの名がクレジットされるのは、本作が最後。イギリス映画界では監督進出も期待された俊才だったが、彼女にはあまり野心がなかったようだ。 渡米後はヒッチの給料を上乗せさせるための、ほとんど名前だけのクレジットもあったが、引き続き脚本の手直しなどでヒッチを公私に支えていく。
 脚本作りやラッシュ(試写)で、アルマの意見に全幅の信頼を寄せていたヒッチ。 ふたりは“夫婦”というより“同志”のような関係だったそうだ。

 ≪ヒッチはここだ!≫
 40分ごろ、ブツブツとセリフの練習をするヒロインとすれ違って振り向く。



 『STAGE FRIGHIT』

 監督・製作/アルフレッド・ヒッチコック
     脚本/ウィットフィールド・クック (構成/アルマ・レヴィル)
     原作/セルウィン・ジェブソン
     撮影/ウィルキー・クーパー
     音楽/レイトン・ルーカス (ディートリッヒの歌はコール・ポーターらの曲)
     製作/フレッド・アハーン

 ワーナー 110分
 
関連記事
12:50  |  ヒッチコック米時代  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑