【ヒッチコック米時代】 2011.10.27 (Thu)

『北北西に進路を取れ (1959米)』

(ヒッチコック全作品) 
46.『北北西に進路を取れ』

 ≪感想≫
 『裏窓('54)』 の次または同等に好きな作品。
 空港でのロジャーと教授の会話が印象的。すでに観客が知っている物語の情報は、飛行機の爆音で消して二度手間を省く。そもそも教授やヴァンダムが奪い合うフィルムの中身って何? そういう余計な物語設定(マクガフィン)の説明を排して、主人公の冒険につぐ冒険をたたみかけます。
 「観客に何を見せるか。観客は何を面白がるか」 にとことん徹したプロフェッショナルのカガミ。 ヒッチのキャリアにおいても集大成、ベートーヴェンでいう 『第九』 のような記念碑的作品になりました。

 K・グラントのひげ剃りシ-ンがかわいい。 オークション会場からの脱出法も、さすが喜劇出身のおかしさ。
 相手役のE・M・セイントも、とくべつ美人で売ってた人じゃないんだけど、ヒッチにかかれば 「ヒッチコック・ク-ルビューティー」 を代表するひとりに。謎めいたオトナの女っぷりがいいんだよなぁ。



 A・ヒッチコック監督第46作 『北北西に進路を取れ (1959米)』

 出演/ケイリー・グラント (ロジャー・ソーンヒル)        
     エヴァ・マリー・セイント (イヴ・ケンドール)    
     ジェームズ・メイスン (ヴァンダム)
     レオ・G・キャロル (教授)       

 ≪あらすじ≫
 キャプランという男に間違えられた会社重役ロジャーは、謎の組織に命を狙われたうえ、殺人犯に仕立てられて警察からも追われる身に。事件のカギを握る本物のキャプランを捜して、アメリカ各地を転々とするロジャー。そこで彼は謎の美女イヴと出会う。果たして彼女は敵か味方か・・・?

 ≪解説≫
 平凡な市民が犯罪者と間違われ、警察に追われながらも真犯人を探して冒険する・・・という、ヒッチ作品の重要なスタイル 「巻き込まれ型」 サスペンスの集大成となった傑作。
 従来の密室サスペンスを逆手に取った大平原での襲撃シーンや、名勝ラシュモア山での攻防など数々の名場面を生み、ヒッチが理想とした娯楽冒険サスペンスが見事に実を結ぶ。
 またJ・メイスンが演じた 「上品で紳士的な悪役」 もヒッチ作品の特徴のひとつ。正義と悪の対決だけでなく、ひとりの美女をめぐる 「恋の対決」 を並行させるストーリーもまた、ヒッチコック話法の集大成といえるだろう。

 アカデミー脚本、カラー美術装置、編集賞ノミネート。(無冠。ちなみに同年はあの『ベン・ハー』イヤーだった。)

 ≪ヒッチはここだ!≫
 冒頭、バスに乗り遅れる。名前つきだからすぐわかるぞ。



 『NORTH BY NORTHWEST』

 製作・監督/アルフレッド・ヒッチコック
     脚本/アーネスト・レーマン
     撮影/ロバート・バークス
     音楽/バーナード・ハーマン
タイトル・デザイン/ソウル・バス (*オープニング映像のこと)
  共同制作/ハーバード・コールマン

 MGM 136分
 
関連記事
22:31  |  ヒッチコック米時代  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【エンタメ&テレビ】 2011.10.24 (Mon)

峰不二子ちゃ~ん

 
 今2011年10月24日は、『ルパン三世』アニメ化40周年だそうだ。

 わが永遠のマドンナ峰不二子ちゃ~ん。
 ぼくにとって 『ルパン』 の歴史は不二子ちゃんの歴史。子供のころは、ゴージャスで女王様然とした 「2代目 (TV第2期、作画:北原健雄)」 だと思っていたが、大人になった今ではキュートで小悪魔的な 「初代 (作画:大塚康生、声:二階堂有希子)」 が好き。イケイケだった1980年代と、社会が小さく縮こまった'70年代&現代との空気の違いもあるかもしれない。

 それからモンキーパンチ原作(1967~)の、とんでもなく魔性な不二子ちゃんもたまらない。テレビではさすがにできないお色気の極み。 女の吐息やからだの立体感・・・絵の魅力なら圧倒的にアニメをしのぐ。 連載初期はキャラクターが固まっていないのが惜しかった。

 一方、去勢されて色気もくそもない 「宮崎」不二子は論外。『ルパン三世』 はハウス名作劇場ではない。大人の女が描けない作り手のロリコン趣味が生理的にイヤ。
 また 『PartⅢ』 の不二子ちゃんはただの絵。すっぽんぽんでも、ただの線で書いた絵。

 ・・・そしてそれ以降は知らない。不二子ちゃんがぼくから離れていくのと比例して、ぼくの心も 『ルパン』 作品から離れてしまった。

 今2011年で峰不二子役の増山江威子さんが降板されるそうだが、ぼくはもうかまわない。 声優陣を一新してまで、いまだに 『ルパン三世』 を作り続けなければいけない芸術的な理由が分からないから。
 ぼくには、最高の時代につくられた100話以上の 「増山不二子ちゃん」 がいる。「納谷のとっつぁん」 もいる。だからもういいのだ。

 
関連記事
00:37  |  エンタメ&テレビ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【きょうのごあいさつ】 2011.10.18 (Tue)

私はタコになりたい

にんじん(40)

 
ぼくは鉛筆や包丁は右利きですが、もともとは左利きだったそうです。

だからおはしやマウスは両方。野球も左で投げられる。


ところが先日、手の中でにんじんを切っていたら、左手の人差し指をざっくり切ってしまいました。


やっと血を止めて、ご近所さんでもらったアロエでもぬって、ラップを巻いて(湿潤療法)・・・と

どうにかこうにか2日がたちましたが、事あるごとに左手が出てしまって痛い。


ケータイ打つのも痛い。 お風呂も痛い。 小さく投げキッスする時も痛い。

あげくの果てに、ついクセで指ポキポキをやってしまいました。

悶絶するあほの子。


おさるに生まれてたら足も使えるのに。

タコに生まれてたらあと7本使えるのに。

かしこいタコなら、指ポキポキなんてアホはやらないでしょう。

もし生まれ変われるなら、私はタコになりたい。

 
関連記事
00:37  |  きょうのごあいさつ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【JAZZ】 2011.10.14 (Fri)

電子マイルスの 『On The Corner』!

マイルス『オン・ザ・コーナー』

 
今2011年は、ジャズの帝王マイルス・デイヴィス没後20年だそうです。命日は9月28日。


歴史を刻んだ傑作は十指に余りますが、一番好きなのは、エレクトリック・フュージョン路線に傾いて

当時のジャズファンを置いてけぼりにした 「電化マイルス」 時代の問題作・・・

『オン・ザ・コーナー』 ! 1972年!

ぼくは同時期の 『パンゲア (1975)』 も 『ビチェス・ブリュー (1969)』 もよく分からなかったが、

これだけは理屈抜きにカッコよかった!


リズム、リズム、リズム、リリリズム、リズム、リリズム。


主役はあくまでファンクのリズム。 複雑で感覚的なリズムを刻むベースとドラムスであって、

マイルスのトランペットも豪華サイドメンのプレイも、風に浮遊するフリルのような装飾品。


マイルスは人の手柄を自分のモノにするのが実にうまかった (褒めてます) が、

ここでもファンクの洗練度は、本家本元スライ・ストーンを超えてるんじゃなかろうか。


時代を先取りしすぎて今カッコいいんだから、好き勝手やっただけに見えてもやっぱりマイルスはえらい。

そしてどなたかは存じませんが、マイルスに手柄を取られた本当の作曲者もえらい。


・・・賛否両論のリアルタイムを知らないぼくにとって、「電子マイルス」 は自然でした。

もはやジャズじゃなくてもいいのだ。


 amazon試聴ページへ
 ブルーレイ技術でリマスタリングしたという最新盤は、めちゃくちゃ音がいい。


 
関連記事
20:36  |  JAZZ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ヒッチコック米時代】 2011.10.10 (Mon)

『サイコ (1960米)』

(ヒッチコック全作品) 
47.『サイコ』
(白黒映画)

 ≪感想≫
 例のシーンが有名になりすぎて、公開当時の衝撃を体験できないのが残念です。
 ヒッチ本来の狙いは・・・
 ・・・スター女優演じるヒロインが逃げる。しつこく付きまとう警官のスリル。彼女は逃げ切れるのか?・・・たどり着いたモーテルでシャワー。「あぁ、明日自首してサッパリやり直そう」。一件落着・・・で、あれ。 そりゃ予備知識なく見た人はびっくりだ。
 だから、ベイツ荘の不気味さに最初から注目しすぎるのは、あらすじ解説としてよろしくないと思う。(・・・本人出演の「予告編」では堂々と解説しているけど。)

 「事件」後、ベイツが部屋に駆けつけるシーンなどなど――。カメラを長回しして行動や心理をじっくり丁寧に描写しつつ、「床に落ちる額ぶち」の短いカットを挿入してメリハリやスピード感も出す。こういう熟達した職人センスが随所に散りばめられていて上手い。

 あと、ガラスを引っかいたようなB・ハーマンの音楽が最高に怖い! コワイ、コワイ、コワイ。淀川長治さんになった気分。それくらい、コワイネー。



 A・ヒッチコック監督第47作 『サイコ (1960米)』

 出演/ジャネット・リー (マリオン・クレイン)
     アンソニー・パーキンス (ノーマン・ベイツ)
     ヴェラ・マイルズ (マリオンの妹ライラ)
     ジョン・ギャビン (サム)
     マーティン・バルサム( 私立探偵アーボガスト)

 ≪あらすじ≫
 出来心から会社の金を着服したマリオンは、罪悪感に駆られながら逃走、片田舎のモーテルにたどり着く。そこの主人ノーマン・ベイツは陰気だが親切な青年。部屋を借り、ようやく我に返ったマリオンは自首を決意する・・・。

 ≪解説≫
 戦慄のサイコ・スリラー。ヒッチの代表作のように目されているが、むしろ前作の 『北北西…』 でひと段落つけたヒッチが、文字通りサイコ・スリラーに転じた異色作といえよう。
 今日ではこの分野に先鞭をつけた作品として名高いが、当時はあまりにも猟奇的なストーリーにスポンサーが尻込みしたという。それでも 『ヒッチコック劇場』 で培ったTVスタッフとの縁で、80万ドルの低予算で3600万ドルの大ヒットを記録した。
 劇場予告編にはヒッチ自身が登場、「決してストーリーは話さないでください」「必ず最初から観てください」と観客に念を押し、以後アメリカの映画館では途中入場が禁じられるルールが定着した。
 アカデミー監督、助演女優(J・リー)、モノクロ撮影、モノクロ美術装置賞にノミネートされるも無冠。(主要受賞作は、ビリー・ワイルダー監督『アパートの鍵貸します』)

 ≪ヒッチの発明≫
 逃走中のマリオンの脳裏によぎる人々の会話や、ラストの役者が口を動かさず別録りの音声をかぶせて内心を語る 「独白(モノローグ)」 の手法。これらの「声」の使い方は、ヒッチコックその人が発明した映画技法である。(それぞれ『ジュノーと孔雀(1929英)』、『殺人!(1930)』)

 ≪ヒッチはここだ!≫
 6分ごろ、マリオンが勤めるオフィスの窓の外に立っている。ツバ広のウェスタン帽。



 『PSYCO』

 製作・監督/アルフレッド・ヒッチコック
     脚本/ジョセフ・ステファーノ
     原作/ロバート・ブラック
     撮影/ジョン・L・ラッセル
タイトルデザイン/ソウル・バス (オープニング映像のこと)
     音楽/バーナード・ハーマン

 パラマウント 109分
 
関連記事
09:41  |  ヒッチコック米時代  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【  ベランダでメダカ】 2011.10.07 (Fri)

メダカ元服

028(20).jpg


7月に生まれたメダカの赤ちゃん2匹、すっかり大きくなりました。(⇒7月の記事へ

体長2cmほど (ピッタリ1円玉)。 親メダカが3~4cmなので、いま中学生くらいでしょうか。

姿かたちはもう立派なメダカそのものです。


はじめは子メダカだけで突っつき合っていたのが、

今ではいっちょ前に、親メダカからも追いかけられるくらいになりました。


親たちの激しい縄張り争いだってものともせず、エサ場に割り込んでいくたくましさ。

容赦ないヒレ攻撃にさらされて、見ているこっちがヒヤヒヤでしたが、

魚って、うまく水流を逃したり乗っかったりできるものなんですね。

行雲流水、達人の極意なり。


今年はとくに卵や稚魚を保護しなかったので、新入りはこの2匹だけです。

稚魚の避難用浅瀬を設けただけにしてはまずまず。


次は無事に越冬できるよう、ボウフラでも捕まえてきてスタミナつけてもらおうかな。


025(20).jpg

 
関連記事
20:17  |    ベランダでメダカ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【クラシック音楽】 2011.10.04 (Tue)

ハチャトゥリアン 『フルート協奏曲』

ハチャトゥリアン(30)


このごろ近現代のクラシック音楽をよく聴いています。

シェーンベルクにはじまり、アルバン・ベルク、プーランク、武満徹・・・


バルトークの 『ルーマニア民族舞曲』 は、TV 『ビフォーアフター』 の引越しシーンでおなじみ。

コダーイのオペラ 『ハーリ・ヤーノシュ』 は、BS日テレでやってる 『ぶらぶら美術館』 のop曲。


中でもお気に入りは、バレエ 『剣の舞』 で有名なハチャトゥリアン(ソ連)の 『フルート協奏曲』 です。

フルートの巨匠ジャン=ピエール・ランパルのために編まれた曲だそうで、

そのランパルがさすがの名演を残しています。 (amazon試聴


現代音楽にしては分かりやすい、いかにもソビエト的で質朴なオーケストラ。

かたや、躍動するフルートの超絶技巧はじつにエキサイティング。


「フルート協奏曲」 という形式はモーツァルト以降あまり残されていないので、

はるか東方で生まれた突然変異的な味わいが なおのこと楽しかった。

音楽室に飾られていたハチャトゥリアン先生の脂っこ~い顔も、久しぶりに思い出しました。


「20世紀の2大フルート協奏曲」 とされている、イベール(仏)作品も聴いてみたいな。


 ハチャトゥリアン 『フルート協奏曲』 (もとはヴァイオリン協奏曲をランパル自身が編曲。)
 ジャン=ピエール・ランパル (fl)
 ジャン・マルティノン指揮、フランス国立放送管弦楽団  1970年エラート=ワーナー


 
関連記事
22:33  |  クラシック音楽  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ヒッチコック米時代】 2011.10.01 (Sat)

『鳥 (1963米)』

(ヒッチコック全作品) 
48.『鳥』

 ≪感想≫
 すべてのヒッチコック・ヒロインの中で、本作のティッピ・ヘドレンは 『裏窓』 グレース・ケリーの次に好き。

 「銀幕の中の美女」の域を出なかったイングリッド・バーグマン、より活発に冒険を楽しみながらも、お決まりの結婚観に縛られていたグレース・ケリー(が演じたヒロイン)。 ・・・男性主人公に華を添える存在でしかなかったヒッチ作品のヒロインが、この 『鳥』 では初めて単独主人公なみの活躍を見せる。(ティッピは新人だったので、クレジットは男優R・テイラーの次だが。)

 本作のヒロイン・メラニーは、狙った男に自分から飛びつく一方で、子供や老母は身を挺して守る「責任」も背負っている。当時の価値観ではアバズレ呼ばわりされてはいるが、恋も危機も自分の判断で行動する、りっぱな自立した女だ。(かたや相手役の男性主人公はあくまでチカラ仕事専門で、キャラクターがそこまで肉付けされているわけではない。)
 本作が 「ヒッチコック・タッチ」 の完成型になったように、ティッピ・ヘドレン演じるメラニーも 「ヒッチコック・ヒロイン」 の完成型ではなかっただろうか。

 ・・・そんなヒロインのT・ヘドレンに負けず劣らず、母親役のJ・タンディが美しい。彼女が悲鳴も出ないほど腰砕けに逃げ出す演技は、リアルで怖ろしかった。



 A・ヒッチコック監督第48作 『鳥 (1963米)』

 出演/ティッピ・ヘドレン (メラニー)
     ロッド・テイラー (ミッチ)
     ジェシカ・タンディ (ミッチの母)
     スザンヌ・プレシェット (アニー)
     ヴェロニカ・カートライト (ミッチの妹キャシー)

 ≪あらすじ≫
 西海岸の小さな港町にやってきたメラニーは、新しい恋人ミッチとの再会もそこそこに、一羽のカモメに襲われる。小さな異変は次第に町中に広がり、無垢な鳥たちは人々を恐怖に陥れていく。

 ≪解説≫
 パニック映画の先駆けとなった傑作。 ストーリーは異色ながら、「最小から最大へ」というサスペンス・スリラーの方程式を完成させた円熟の逸品だ。 有名な“ジャングルジム”の演出は、増幅する恐怖とそのプロセスを見せる名人芸の一例。

 “鳥”というテーマは、“列車”“高所恐怖症”と並ぶヒッチの3大キーワードのひとつ。恐怖や冒険の象徴としてしばしば採り上げられている。 (ちなみに青果商だったヒッチの父は養鶏業にも携わっていた。鳥がシメられる様子を日常的に見ていたせいなのかな。)
 音楽はまったくなく、シンセサイザー技術で作られた鳥の鳴き声だけが“終末論”的な恐怖で静かに迫ってくる。――もちろん本作が「この世の終末」を暗示している訳ではない。劇中そういうおばちゃんがいただけ――
 ――なぜ鳥が人を襲うかを明らかにしないが、そこが説教くさくなくてヒッチらしい。 基本設定(マクガフィン)は極力単純にし、訳知り顔の裏設定や裏読みを排するのがヒッチの娯楽哲学だ。

 脚本のE・ハンターは人気作家エド・マクベインの別名。

 ≪ヒッチ近況≫
 前’62年にパラマウントからユニヴァーサル社へ移籍。

 ≪ヒッチはここだ!≫
 冒頭、ペット・ショップから2匹のテリア犬を連れて出てくる。実際にヒッチ家の愛犬らしい。



 『THE BIRD』
                         
 製作・監督/アルフレッド・ヒッチコック
     脚本/エヴァン・ハンター (エド・マクベインの別名義)
     原作/ダフネ・デュ=モーリア
     撮影/ロバート・バークス
 鳥の電子音/レミ・ガスマン、オスカー・サラ
   音楽監督/バーナード・ハーマン

 ユニヴァーサル 120分
 
関連記事
00:22  |  ヒッチコック米時代  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑